奄美世のごはん#025:おつまみ

“おやつ”に“おべんとう”と来たら、次は“おつまみ”ですよね。

面倒くさがりの私はもちろん、おつまみも手抜きです。

アルコールを飲むということは、肝臓に超過業務をお願いすることになりますから、添加物が入らないように、加工したものは避けて、なるべく肝臓に負担をかけないように、素材から手作りです。

手作りといっても、「洗って切るだけ」をメインに、「焼くだけ」とか「茹でるだけ」とか「蒸すだけ」とか。
「袋から出すだけ」っていうのもありますが、これは「素材をそのまま味わう」と言うとかっこいいかな。

複雑なことはできませんし、続きませんから。

枝豆:ビタミンB群・たんぱく質|DoctorsSuggestion.com(古田朋子 奄美世のごはん)なんにせよ、本当のお酒飲みというものは、お酒を美味しく飲むために、日々コンディションを整えるものなんです。
お酒で体調を崩すなんて、お酒に失礼千万。

アルコールを分解する時、需要が増える栄養素はたくさんありますが、特に不足しやすいのがビタミンB群。
なかでもB1は重要です。

アルコールは、ビタミンB1の吸収の邪魔をして、さらにアルコール代謝のためにB1の必要性を増やします。

ビタミンB1は、糖質の代謝に重要な働きをするビタミンです。
これが不足するとエネルギー代謝が低下します。
症状は、足がだるい、肩凝りや頭重、疲れやすい、階段で息切れする、食欲がない、食後の胃もたれ・・・。
重症になると急性心不全に至ることもあります。
神経機能を正常に維持する働きもありますから、不足すると神経炎や、記憶力・集中力の低下も起こります。

 

生のクルミ:ビタミンB1・不飽和脂肪酸|DoctorsSuggestion.com(古田朋子 奄美世のごはん)スナック菓子や菓子パン、インスタントラーメン、インスタント食品、冷凍食品などは、ビタミンB1の不足が加速します。

このような加工品を食べたうえにさらにアルコールでは、必要なビタミンBを食品から摂取することは無理です。

玄米を食べているから大丈夫という方も、B群を多量に消費するものを食べていては、確実に不足します。

 

小あじのから揚げ:ミネラル・たんぱく質|DoctorsSuggestion.com(古田朋子 奄美世のごはん)気温が高くなると、ビールの量が増えますね。
アイスもジュース類も増えますね。
食事はさっぱりしたものに偏りがちで、めん類だけで済ませることも増えますね。
野菜といったら、きゅうりとトマトとレタスだけ。
不足するのはビタミンB群だけではなく、ビタミンAも、ビタミンCも、ビタミンEも、ミネラルも不足します。
良質のたんぱく質も不足します。

この時期は「疲れがとれない」「身体が重い」という症状を訴える患者さんが増えます。
歳のせいにしていませんか?
暑さのせいにしていませんか?

 

蒸しかぼちゃ:カロチン・ビタミンE|DoctorsSuggestion.com(古田朋子 奄美世のごはん)食べたもの、飲んだもの、よ~く振り返ってみてください。

ビタミンB1は、お米や小麦の胚芽や糠、豆類、豆腐や納豆、芋類、ごま、緑黄色野菜に多いので、毎食ごとに食べるよう気をつけてください。

基本は、精製度の低いお米を炊いて、旬の野菜たっぷりのおみそ汁。

ビタミンB群は水に溶ける性質を持ちますから、一度にたくさん摂取しても吸収率が低下したり、吸収したものが排泄されてしまいます。

 

にんにくしょう油漬け:アリシン|DoctorsSuggestion.com(古田朋子 奄美世のごはん)“にんにく”に含まれるアリシンは、B1の吸収率を促し、体内で利用しやすくするので、オリーブ油に“にんにく”入れた“にんにく油”を調理や調味料に使ったり、しょう油さしに“にんにく”を放りこんでおくといいですよ。

 

 

 

もう、だいぶ前の話ですが、私が「雨とうもろこし:カロチノイド(ルチン)|DoctorsSuggestion.com(古田朋子 奄美世のごはん)のにおいがしてきたね」と言ったら、ベネズエラで育った友人が「そろそろ来るね」と応えました。

間もなく夕立がやって来たら、居合わせた東京育ちの友人たちがびっくりして「おまえら動物!?」と。

驚いたのは私のほうです。
どうして、あんなに強い雨のにおいを感じないのかと。

 

 

陽が沈むと暗くなる。

そんな、極々、自然なことも忘れてしまっている。

誰でも、食の偏りを感じる力をちゃんと持って生まれてきた。

 

奄美世の海|DoctorsSuggestion.com(古田朋子 奄美世のごはん)

奄美世のごはん#018:肝臓の働き

奄美の木々も、冬支度を始めました。

クリスマス、忘年会、お正月と、肝臓も大忙しの季節です。

小さかった頃、ケーキというものは、クリスマスとお誕生日にしか食べられない、特別なごちそうでした。
今は日本中がクリスマスカラーに染まって、一度ならず、2度も3度もクリスマスパーティーという方も。
日常的にケーキを食べているのに、なぜか、やっぱり、クリスマスにはクリスマスケーキ。
しかも、アルコールやカフェインと一緒にです。

お砂糖がたっぷりのケーキやお菓子は、あっという間にぶどう糖に分解されて吸収されるココアケーキサンタ(奄美世のごはん)|DoctorsSuggestion.comと、血糖値を急激に上げてしまいます。
それに対応して、膵臓から一気に、過剰に、インスリンが分泌されます。
インスリンは身体の細胞にぶどう糖を投げ込みます。
細胞は余分なぶどう糖を脂肪にして蓄えます。

インスリンの作用に反応して、肝臓も血液中のぶどう糖を汲み上げて血糖値を下げ、汲み上げたぶどう糖は貯蔵用のグリコーゲンにして蓄えます。

必要以上に分泌されたインスリンは、急激に、必要以上に、血糖値を下げてしまいます。
低血糖です。
さまざまな身体症状が出やすい時です。
筋肉の痛みや、眠気、ひどい疲れを感じたり、落ち込んだり、不安になったり。

このとき最も影響を受けるのが脳や神経細胞です。
インスリンは血液中のぶどう糖を脳ではなく、身体の細胞に運び込みます。
ですから、通常ぶどう糖だけをエネルギー源にしている脳は、エネルギーが足りなくなりますから、大あわてで血液中のぶどう糖を増やすように命令を発信します。

リュウキュアサギマダラの越冬(奄美世のごはん)|DoctorsSuggestion.comですが、身体の細胞に蓄えられた脂肪は、残念ながらぶどう糖には変換できません。
血液中のぶどう糖を増やすには、肝臓が蓄えたグリコーゲンを分解してぶどう糖を放出するしかありませんが、このとき肝臓は、アルコールやカフェインの分解と処理でとても忙しいのです。
なかなか、低血糖を改善するにいたりません。

しかも血液中にはまだ、過剰に分泌されたインスリンが残っています。
血糖値を下げる作用を持つインスリンを分解してしまわないと、血糖値はいつまでも上がりません。
インスリンの分解も、肝臓の担当です。

低血糖は血液中のぶどう糖が足りない状態です。
中枢神経系のエネルギー欠乏は、生命活動の危機です。
脳はさらに血液中のぶどう糖を増やすように命令を発信します。
興奮状態です。
イライラしたり、攻撃的になったり、活動亢進、集中力の低下、抑えられない食欲。

やっかいなのは、てっとり早く血糖値を上げる手段を、脳と身体が記憶していることです。
それは甘いお菓子やケーキ、アルコール、カフェインを再び摂取すること。
そして血糖値の急上昇と急降下を繰り返してしまうのです。
お酒を飲んだ後、お茶漬けやラーメンでホッとするのも、このパターン。

やっと脳や神経系が安心できるレベルに血糖値が安定した頃には、肝臓は疲れ果ててしまいます。
肝臓で働く酵素も大量に消費されてしまい、産生がなかなか追いつきません。
肝臓の残業を減らしてあげること。
必要な栄養素を摂取すること。

ヨーロッパでは、クリスマスのお菓子に香おからケーキ(奄美世のごはん)|DoctorsSuggestion.com辛料をたっぷり使うのだそうです。
高価な香辛料をたっぷり使って、ハレの日を祝うのだそうです。

いつも焼いているおからのケーキに、特別に有機栽培のシナモンとキャロブの粉をたっぷりいれて焼きました。

白砂糖は使いません。

貴重な奄美の黒砂糖と、リンゴと干しブドウで、ほんのり甘く、血糖値はなだらかに。




仲井先生『栄養療法セミナー』開催のお知らせ