奄美世のごはん#045:基本の4

わかってるけど、止められないんですよね、甘いもの。

私たちは、美味しいものを食べると、とても幸せな気分になります。
なんだか、とても優しくなります。

どうしてでしょう?

私たちが、美味しいものを食べることで得る満足感は、2つの作用により作られるそうです。

1つめは味覚です。美味しいものを食べると、舌にある細胞が味を感じます。その味覚の情報が神経を通って、「美味しい食べ物が身体に入ってきた」と脳に伝えます。

もう1つは、食べた後に身体の中で、血糖や食べ物に含まれていた様々な栄養素が増えたことを、脳が感知します。

この2つの作用が統合されて、脳の中の報酬系という部位に伝達されると、神経伝達物質のドーパミンやエンドルフィンが分泌され、心地いい感情や、多幸感をもたらすと考えられています。

そんなわけで、私たちは、甘い物の誘惑にまどわされるのです。

 

さんのかぼちゃ|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion) 黒砂糖ラスク|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion) お芋焼き|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)

 

2つの作用はまた、満腹中枢を活性化し、摂食中枢を抑制します。
お腹が満足して、食べるのを止めようとします。

fMRIの実験で、カロリーのある砂糖液と、カロリーのない合成甘味料液を摂取したときの、脳の反応を観察したら、こんな結果が出たそうです。

夏みかんピールの寒天|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)砂糖やぶどう糖を摂取した時には、舌で甘味を感じ、さらに吸収した後に血糖値が上昇するので、脳内で摂食の信号が抑制され、食べる欲求が抑えられます。

しかし、アスパルテームやマルトデキストリンなどの、合成甘味料の摂取では、舌の細胞は味を感じますが、血糖値を上昇させないので、摂食の信号の抑制が観察されません。

血糖が増えないので2つめの作用が起こらず、報酬系の活性もなされませんから、ドーパミンやエンドルフィンは分泌されず、食後の満足感が低下します。
これはさらに食べものを欲するきっかけともなります。

合成甘味料はまた、砂糖(蔗糖)より強い甘味を持つため、自然な甘味では満足できなくなります。
甘味への依存が高まったり、血糖値を上げないから、低エネルギーだからと、過剰な摂取につながる危険性もあります。

しかし、血糖値のコントロールが必要な人には、便利な甘味料です。
ていねいに、過剰摂取にならないよう、上手に利用しましょう。

 

何を食べますか
誰と食べますか
どこで食べますか

食べるものに感謝して
食べる楽しみをじっくりと味わう

 

小豆ごはん|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion) フライパンクッキーよもぎ|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion) 梅ジャム|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)