奄美世のごはん#041:歯茎の出血と貧血

冬至が近づき、空気が冷たく、きりっとしてくると遮るものが減って、星の光がきれいに届きます。

そろそろ貧血のおはなしを終わります。
最後に、二次的に引き起こされた貧血が、悪循環を起こしていた症例をお伝えしましょう。

 

歯肉からの出血は、多くの方が抱えている問題ですが、さしあたって食べることに支障がなければ、気にしつつも放置していることが多いようです。
貧血に結び付けることもほとんどありません。
歯医者さんで食事の指導をしてもらったという方にも、まだお逢いしたことがありません。

ベランダ農園(ミント)|奄美世のごはん by 古田朋子(ドクターズ・サジェスチョン)歯茎からの出血だけを取り上げると、歯肉のコラーゲン生成のためのたんぱく質不足や、ビタミンCの不足などが考えられます。
しかし、歯肉の組織の崩壊を予防または食い止めるには、食の全般を考えなければいけません。

 

肩凝りと頭痛の症状を訴えて、セサミにいらっしゃった患者さんの朝食をご紹介します。

彼女の歯茎は数年前から腫れていて、むずむずじくじくしていました。
フレンチトースト・カフェオレ・ヨーグルト・果物(オレンジやグレープフルーツ)。

食事の改善を始める前は、ほとんど一年を通してほぼ毎朝このようなメニューでした。
もちろん、ご本人なりに食べ物には気をつかっていらっしゃったのです。

例えば・・・

    • ベランダ農園(はんだま)|奄美世のごはん by 古田朋子(ドクターズ・サジェスチョン)トーストもカフェオレも甘くするのですが、いわゆる白砂糖ではなく有機栽培のてんさい糖(含蜜糖ではない)を使用。
    • 卵は平飼いの、抗生物質を使っていないもの。
    • ヨーグルトに入れるはちみつは国産。
    • オレンジやグレープフルーツは輸入したものですが、防カビ剤や抗菌剤などのポストハーベスト不使用のもの。
どれも素晴らしいこだわりなのですが、このメニューは食事というのには栄養価が低すぎます。
どの食品も嗜好品のグループに入れて欲しいものです。決して毎日の食事に位置付けられるものではありません。

少なめに見積もっても、甘味を出す調味料(砂糖・はちみつ)がティースプーン3杯。
これを代謝するだけのビタミンBはほとんど摂取できていません。
ベランダ農園(ゆきのした)|奄美世のごはん by 古田朋子(ドクターズ・サジェスチョン)せっかくの柑橘類のビタミンCも、甘いものが一緒だと細胞に入り込みにくくなります。

他のビタミン類は殆ど摂取できず、カルシウム以外のミネラルも十分ではありません。
また、ビタミンミネラルが不足していると、卵や乳製品のたんぱく質を分解し吸収したあと、体内で組み換えて利用する工程がスムーズにいきません。

歯茎の修復どころか、生命維持に手いっぱいといったところでしょう。

 

そして、どの食材も軟らかく、噛む必要のないものばかりです。
噛むという行為を行わないと、消化管における消化吸収能が低下することが判っています。

 

お聞きすると、もともと野菜は調理の手間がかかるのであまり食べていなかったそうです。
さらに、硬い物を食べると歯茎から出血するので、だんだんと硬い物といっしょに野菜を避けるようになったのだそうです。

 

ベランダ農園(小松菜)|奄美世のごはん by 古田朋子(ドクターズ・サジェスチョン)セサミでは、副腎と消化管の反応に対する治療をさせていただき、食の改善をお願いしました。

まず、がんばって頂いたのは、甘いものを摂らないこと。特に、食事には組み込まないこと。

そして粉食を避けること。
つまり主食になる穀類を粉にせず、粒状のまま食べること。
できるだけご飯を炊いてもらい、小麦やトウモロコシなどの穀物を粉にした食品を避けてもらいました。

そして、少しづつでも旬の野菜を食べること。

 

初めのうちは、思うようにいかなかったり、がまんできずに甘いものを食べてしまったりと、四苦八苦なさっていました。

ベランダ農園(大根葉)|奄美世のごはん by 古田朋子(ドクターズ・サジェスチョン)それでも、改善が歯茎の状態にすぐに反映されて不快感が減り、なにより睡眠の邪魔をしていた皮膚のところどころにあった発赤を伴ったかゆみが、あまり出なくなったので、ぐっすり眠れるようになり、翌朝の目覚めや日中の疲労感が減ったとのこと。
次第に出血もしづらくなりました。

 

歯茎からの出血が減ることで、血液の損失が減ります。

よく噛むことができるようになると、ビタミンミネラルが豊富な食材を、しっかりと噛んで食べることができるようになります。
十分な栄養の吸収がなされると、赤血球の生成が正常になり、不足していた赤血球の数と質を補います。

この方は、血液検査に大きな変化はまだ観られていませんが、身体症状が変わっていくことを感じ、自分の体を創り動かす食べ物を、とても大切なものだと実感できたと、話してくださいました。

 

甘いものが欲しくなったら、

かぼちゃやさつま芋を蒸しています。

りんごや柿をかじります。

ごはんとみそ汁

旬の野菜を毎日しっかり