奄美世のごはん#040:運動性無月経と貧血

 

女性アスリートの無月経に関する報道をご覧になった方も多いと思います。

運動性無月経とは、運動が原因と考えられる無月経のことです。
報道では、とくに第二次性徴のころ、思春期の過剰な運動が取り上げられていました。

無月経とは、月経が3ヵ月以上停止した状態をいいます。

フィギュアスケートや新体操などの種目では、身体の細さ美しさが求められるため、過激な減量を強いることによる栄養素欠損やエネルギー不足がおこります。
陸上やトライアスロンなど持久力系の競技では、消耗する栄養素やエネルギーを補いきれないこと、などが原因と考えられます。

定期的に起こるはずの月経が無かったり、その周期が安定しないということは、とても不健康な状態です。
しかしパフォーマンスの評価、点数、タイムのみが重要視され、運動をする本人が健康であるかどうかはなおざりにされがちです。

周囲の大人もそうですが、残念ながら本人にもその傾向が強くあります。

とくに学校や地域のスポーツ団など、組織の代表になっている場合や、複数の選手の評価の合計で争われる競技などは、個人は二の次です。

外傷、出血、発赤に腫脹、他人が目で見てわかるものや、痛みなどで本人がプレーできないと納得できる状態では、運動量を減らしたり、止めることもできます。ですが、そうでない場合、本人が「大丈夫」と言う場合、もしくは「大丈夫」と言わざるを得ない場合には、不調をおしてプレーを続けます。

一般に、そのような自己犠牲は高く評価されますが、ほとんどの場合、その子の健康、またはその子の将来の健康は、忘れ去られています。

見た目に認識しがたい無月経や貧血は、運動量の軽減やプレーの中断の理由にはなりにくいのですが、貧血も無月経も、一時的な問題ではなく、長期にわたって全身性に影響を及ぼす可能性があります。

思春期とは、生殖不能の子どもが生殖可能の大人へと変わっていく時期ですから、この時期の身体の状態が正常な完成に影響し、女性の生涯の健康を左右します。

身体が完成に向けて変化するのは、この時期だけです。やり直しはありません。

貧血は、血液の組成が充分ではない状態ですから、無月経と同様に栄養素欠損や栄養素の補給が間に合っていない状態です。とくに、鉄分は激しい運動をすると消耗します。
その時に血清鉄の値は下がりますが、通常は貯蔵鉄から補てんされて、その値はまた安定します。

 

 

 

血液データ

某大学で一月ごとに血液を検査している方にデータをいただきました。
観ると、他のミネラルと比較して鉄の値の上下幅が大きいことがわかります。
血清鉄は激しい運動をすると消耗し、数値が下がります。
基準値の上限を越えてしまったのが5月16日の273。
この方は、普段レバーを食べないのですが、検査値にどのくらい影響するかを試すために、検査の前日にレバーを食べてみたのだそうです。

血清鉄は運動による消耗も激しいのですが、貯蔵鉄がすぐにまかなってくれます。
ですが、ヘモグロビン値や血清鉄が正常範囲であっても、貯蔵鉄が減少していたり、激しいトレーニングが続くときは、鉄分をふくむミネラル全般の補給がとても大事です。

 

基本になるのは毎日の食事

ごはんは、白米を胚芽米や分づき米や玄米に

具だくさんのおみそ汁

旬の野菜

ごま と 豆

そして身体をしっかり休めること

寝顔13.3.7