栄養と日常生活#004 (仲井DC)

前回ご紹介した筋力検査の注意事項は非常に大切です。
筋力検査はやり方次第で強くすることも、弱くもすることもできます。
基本を忠実に守りながら、しっかりと正しい検査方法を習得して下さい(Oリング検査法も同じです)。

今回ご紹介する検査方法はセラピーローカリゼーション(以後TLに省略)と呼ばれています。
TLはAKの開発者であるDr.ジョージ グットハートが見付け出した素晴らしい検査方法で、この方法でAKは大きく躍進しました。
これは特定な反射点に患者自身に接触(TL)させることで、正常または弱化していた筋が、弱化または正常に反応するという発見です。
正常な筋力を示していた筋が弱化する場合だけでなく、弱化を示していた筋が正常に回復しても構いません。
変化を示すことが重要なポイントになります。

今回は、なるべく正常な筋力を示すインディケーター筋(指標筋)を使うことをお勧めします。
なぜなら、筋肉が最初から弱化を示す場合は、他の数多くの原因をクリアーにする必要があるからです。
例えば前回ご紹介した大腿直筋の弱化には、小腸との関連が考えられます。
他に筋そのものの問題など、様々な問題を考慮する必要があります。
もし最初から弱化を示す場合は、反対側の正常な大腿直筋を試して下さい。

Dr.グットハートは身体の特定の部位を指の指腹部(主に2~3本)で接触すると、正常を示していた筋力(インディケーター筋)が弱化することを見い出しました。
強く接触する必要はありません。
軽く接触するだけで反応します。
もちろんハンドクリームなどを手につけている人は、最初に洗浄してから検査を行います。

肌に直接に接触する方法が最も適していますが、特別な化学繊維でなければ、服の上から接触しても正確に反応します。
肝臓の1つのポイントは胸部に近いため、服の上からTLがよいでしょう。

チャップマン反射点では肝臓の検査ポイントをご紹介します。
基本的な検査部位は2カ所あります。
第一の肝臓のTLポイントは、右側の第5肋間の肋軟骨部(右図)に、患者さんの左右どちらかの手の指腹部でコンタクトさせた状態で、インディケーター筋(大腿直筋)を再検査します。
この部位はAKで用いる神経リンパ反射点の1つです。神経リンパ反射点は、1930年代にオステオパスであるフランク チャップマンDOが開発したチャップマン反射点と呼ばれる反射点で、それぞれの臓器や腺、その他の状態と反応するポイントの1つです。
この反射点を利用した方法を、Dr.グットハートがAKに取り入れたものです。

第5肋間の探し方は、肋骨前部の下端部が第10肋骨ですから、その上部の肋間が第9肋間です。
胸骨から外側に7~8cmを目安に数えながら探します。
患者さんが女性の場合は、患者さんの指を借りて、その指の上から接触して数えます。
決して胸に接触しないように注意して下さい。
また強く圧を加えてはいけません。
肋間は敏感な部位ですから、軽く接触するだけで、強い圧を加えないように注意します。

探し当てたら、その部位に患者さんの指2~3本の指腹部でコンタクトさせた状態で、正常な筋力を示した大腿直筋を再検査します。
もし正常な筋が弱化する場合は、肝機能が低下している可能性を疑います。

前回お伝えしたように、筋力検査した後は、必ず元の自然体に戻してから再検査を行います。
面倒ですが、些細なことが検査結果に影響します。

次に確認の為に、もう1つの反射点をTLして検査します。
左手の茎状突起の上に右手の示指または中指の指腹部でTLした状態で、筋力検査を行います。
左手の茎状突起の上に右手の示指または中指の指腹部でTLした状態で、筋力検査を行います。この部位は神経リンパ反射点ではなく、鍼灸で用いる脈診に使われる肝臓と胆嚢の反射点(右図)です。
鍼灸では検者が脈に触って検査を行いますが、AKでは患者さんに触らせて、筋力検査を行います。

胆嚢との鑑別検査も必要ですが、神経リンパ反射点で反応を示し、脈診でも反応を示せば、おそらく肝臓との繋がりが深いと考えられます。

最後の検査は、患者さんの左手にマリアアザミを持たせた状態で、同じ脈診部位を右手でTLしながら、弱化を示した筋力が回復するかを調べます。
この時に、患者さんに何を持たせたかを伝えてはいけません。
患者さんの脳が先に反応してしまうからです。

AKでは口の中に入れて検査を行いますが、手にも浸透性があることが1980年代に証明されているので、私は手に持たせて検査をする方法をとっています。
つまりAKの正確な検査方法とは少し異なり、自己流になりますが、同じ反応を示すので、この方法を用いています。
ただ口の中に入れる時よりも、脳が身体に必要なものかを判断するまでに時間が要りますので、手に持たせてから15~20秒待ってから再検査を行って下さい(反応が遅い人は30秒ほど待ちます)。

もし弱化していた筋力が回復するようであれば、マリアアザミが肝臓の解毒剤として有用であることを示しています。
先程の神経リンパ反射点にTLした状態で、反対の手に持たせて検査することも可能です。

多くの人が肝臓の反応を示し、またその殆どの人がマリアアザミの有用性を示すことに驚くと思います。
そうです、肝臓は「沈黙の臓器」なのです。
そして多くの人に、肝機能の低下があることを実感して下さい。

栄養と日常生活#003 (仲井DC)

解毒の検査を始める前に、まず最初に筋力検査をご紹介したいと思います。
簡単にできそうな筋力検査ですが、実は色々な注意事項があります。

アプライド キネシオロジー(以後AKに省略)は、基本的に筋力検査を元に数多くの検査を進めて行きます。
全部で70種類近くの筋力検査がありますが、栄養療法では、それを全て覚える必要はありません。
上肢と下肢で、それぞれ2種類程度を覚えておけば、栄養療法で行う多くの検査が可能になります。ケンデル&ケンデル「筋力テスト」(社会福祉法人 日本肢体不自由児協会)

AKが用いる筋力検査は、ケンデル&ケンデルの「筋力テスト」(社会福祉法人 日本肢体不自由児協会)が基本になっています。

今回は大腿直筋(大腿四頭筋の一つ)をご紹介します。その他に必要な筋力検査は別の機会にご紹介しようと思います。

 

 

大腿直筋まずは大腿直筋の解剖学的な部分から説明します。

 

起始:前下腸骨棘(AI I S)
停止:膝蓋骨の上端に停止して、腱は続いて膝蓋骨を介
して脛骨粗面に付着
神経:大腿神経(L2~4)
作用:骨盤上で大腿骨を屈曲 大腿骨上で下腿を伸展

 

 

 

筋力検査で大切になるのは、まずその筋がどこから起始して、どこを走行して停止し、どのような動きを司るかを正しく理解することです。それを常に覚えていれば、検査を間違えることはありません。

大腿直筋の検査大腿直筋の検査は、患者さんに仰向けに寝てもらい、股関節を90度近く屈曲して、下腿が床と水平になるように膝を曲げてもらいます。
股関節を90度以上に屈曲すると、大腰筋が関与し易いので、7~80度程度にします。
術者は片手を大腿前部に、反対手を足首近くの前部にコンタクトして、下肢が自然体(最初に仰向けで寝た体勢)に戻る方向に両手で圧を加えます。

 

それでは筋力検査での注意点を説明します;

  1. 患者さんは仰向けで、なるべく楽な自然体で寝てもらいます。
    両手は身体の脇に置き、手が身体に接しないようにします。
    枕を高くすると、脊柱が屈曲した体勢になりますから、なるべく自然体に近い位置になるように調整して下さい。
    仰向けやうつ伏せで行う検査は、重力や体重による負荷を最小限に抑えるためです。
  2. 患者さんは目を開いて正面を向き、普通に呼吸を続けてもらいます。
    眩しい場合は、照明を調整してください。
    目を閉じると、異なる情報を検出する可能性がありますので、必ず目を開いた状態で検査をします。
    また検査中に息を止めないように指示して下さい。
  3. 患者さんに、この検査は力比べではなく、反射検査であることを事前に説明して下さい。
    これは脊髄神経の反射検査ですので、力を入れる前に掛け声をかけたり、一、ニ、の三などと声をかけないように注意します。
    声をかけると、耳からの情報が脳に情報が伝わるので、正しい検査結果が得られなくなります。
  4. 術者が加える力は、車のアクセルを踏むように徐々に力を増やします。
    1~2秒程度を目安に加速して下さい。最初から急に強い圧を加えないように注意します。
  5. 術者は関節に直接コンタクトしないようにします。
    またコンタクト手で強く握ってもいけません。
    強いコンタクトや、関節へのコンタクトは、検査に不必要な刺激が脳に伝わり、正しい情報が得られません。
  6. 術者が用いる力(圧)は主に自分の体重を使い、手や腕の力をなるべく使わないようにします。
    体重を利用することで、コンタクトしている手は感じ取ることに集中できます。
  7. 検査中は患者さんの全体の動きや表情を見て、何か変化していないか観察します。
    無理に抵抗しようと身体を捻ったり、上半身や他の筋で補正しようとする場合があります。
    また顔を歪めたり、真っ赤にして抵抗しようとする人もいます。
    その場合はすでに弱化していることを意味しますから、無理に抵抗する必要がないように指示して下さい。
    下肢の多くの筋は体重を支える筋なので、正常であれば患者さんの全体重の力(圧)を加えても、十分に抵抗できるはずです。
  8. 再確認や、身体の反射点に触れた状態で再検査する場合は、必ず一度検査側の下肢を自然体に戻した状態にして、再び股関節と膝関節を曲げて検査を繰り返します。
    一度検査を行うと、その刺激が脳に伝わりますので、自然体に戻さずに再検査を続けると、正しい情報が得られなくなる場合があります。
    面倒ですが、必ず一回毎に自然体に戻してから再検査をして下さい。
    AKでは大腿直筋(大腿四頭筋)は小腸と関連があると考えています。つまり食べ物の消化と大きな関連を持つ筋ですので、解毒作用とも深く関係します。
    また大腿直筋は股関節を屈曲させ、膝関節を伸展させますから、身体の屈曲/伸展の動きとの関係も同時に検査することが可能になります。
筋力検査は色々な情報を得ることができる非常に便利な検査方法です。
ですが、ちょっとしたミスや思い込みが入ると、正確な情報を得ることができなくなります。
何人もの人と練習をして、確実に違いが把握できるまで、何回も繰り返し練習して下さい。

栄養と日常生活#002 (仲井DC)

巷には数え切れないほどのサプリメントや健康食品が溢れています。
お昼のテレビを観ていると、次から次へと健康食品が紹介され、「これさえ摂れば、若さを取り戻せます!」「これさえ飲めば、長年の痛みから解き放されます!」などと放送過剰気ではないかと思ってしまうほどです。

自分も栄養学の勉強をしていなかったら、真っ先に購入していた一人だったと確信できるので、今考えると背筋がゾッとします。
実際、当オフィスでは以前、タンパク質のことを詳しく知らずに、コラーゲン複合体を販売していた頃がありました。

恥ずかしい限りです。

今年から改題した自分のテーマは「己の無知を知る」ですが、まさしく知らないことは恥ずかしいことですし、自分の無知を棚に上げ、患者さんまで巻き込んでいたのですから、今になっては、穴を掘って隠れたい気持になります。

………

では健康を取り戻すために、治療家の自分達は何から始めるべきなのでしょうか?
これには自分も悩みました。
もちろん特定なビタミンやミネラルが不足している人もいますし、食事の偏りで、タンパク質、炭水化物、脂質のバランスが崩れている人も数多く見られます。
しかし、それ以前に何か基本となるもの、または何か土台作りが必要なのではと考えながら、多くの栄養に関する本を読み漁りました。

また多くの食事を基本にした健康法に関する本も読んでみました。
マクロビオティック、ゲルソン療法、ナチュラルハイジーン、エドガ-ケーシー、シュタイナ-、そして“粗食のすすめ”まで読んでみました。
どれもそれぞれに理にかなったものです。
どれも長年続けていれば、素晴らしい結果が得られる方法だと、充分に納得の行く内容でしたし、多くのことを学ぶこともできました。

しかし臨床家としての自分としては、「何かもっと基本となる土台があるのでは」と考え続けました。
そこで浮かび上がったのが今回からご紹介する“解毒(デトックス)”です。
まずは体内に蓄積されている毒素を、体外に排泄してしまうことが重要であろうと気付いたのです。

………

DSCF25192勉強を続けて行く内に、体内に侵入した毒素を解毒する働きの3/4は肝臓で、残りの1/4は腸で行われていることが分かりました。
つまり、まずは肝機能と大腸の機能を改善することが、健康への第一歩であることが判明したのです。

では肝臓で解毒のために必要となる栄養素は何か、または腸に必要なものは、と常に意識しながら勉強を続けました。
AK(アプライド キネシオロジー)では、肝臓に対してはビタミンAとFを提唱しています(腸に関しては次回以降にご紹介します)。
しかしビタミンAは脂溶性で、大量の摂取は反対に肝臓にダメージを与えると報告されていますし、大量のビタミンAはガンになる率を高める研究も報告されています。
もちろんビタミンAの前駆体であるβカロチンやαカロチンを摂取する方法もありますが、10年以上の疫学調査では、摂取しない人とのガンの発生率を比べると、反対に高いという報告も出されています。
またビタミンFは必須脂肪酸のことですが、これも大量に摂取するのは危険です。

では何が良いのだろう?と悩みました。

………

資料を集めて行くうちに肝臓内の抗酸化物質としてグルタチオンが非常に大きな役割を果たしていることが分かりました。
しかしグルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸が繋がったペプチドで、コラーゲンと同様に小腸からはグルタチオンとしてではなく、アミノ酸にまで分解されてから吸収されるので、体内でグルタチオンとして再形成するかは期待薄なのです(コラーゲンも同じ)。

血液が体内を循環する前に、細菌や毒素の99%をクッパ-細胞(マクロファージ由来)が肝臓で解毒します(なんと0.01秒の速さです)。
この過程で大量の炎症性の活性酸素が発生するのですが、そこでグルタチオンが強力な抗酸化物質として働き、活性酸素を除去するのです。

そこで更に情報を集めてみると、そのグルタチオンの濃度を50%も高め、肝臓ではビタミンEよりも活発に、抗酸化作用を発揮するキク科の草花があることが分かりました。

日本ではオオアザミ、アメリカではミルクシスルと呼ばれ、英国ではマリアアザミと呼ばれています。(当院では、聞こえが優しいマリアアザミを用いています。)

マリアアザミマリアアザミは肝臓を保護するだけでなく、機能も再生する貴重なハーブで、B型肝炎、C型肝炎にも高い効果が認められており、肝硬変、肝ガンに対する効果を認めた報告も発表されています。
これはマリアアザミに含まれるシリマリンという成分が、致死的毒素から肝臓を守り、毒素の攻撃を受けやすい肝臓のレセプターに結びつき、肝臓を守るといわれています。

また、マリアアザミは炎症を押さえる効果にも優れ、ヘルペス(帯状胞疹)にも効果を示すと報告されています。
しかも副作用は一切ありません。

「これだ!」と直感しました。
直ちにサンプルを取り寄せ、自分で体験することにしました。

 

もともと肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれています。
ですから症状が現われた時は手後れの場合が多いと言われています。
事実、強力な免疫力を持つクッパ-細胞やグルタチオンが存在するのにもかかわらず、肝ガンが発生するのですから、かなり我慢強い(鈍感?)臓器と言えます。
しかし肝腎要(かんじんかなめ)の“肝臓”ですから、知らない振りをして見捨てることはできません。

今までに幾つもの朗報が届いています。
B型肝炎やC型肝炎による発熱、疲労感、黄疸に対する効果は目をみはるものがあります。

肝臓に対する“解毒”は、間違いなく大当たりでした。

次回は肝臓やマリアアザミに対する検査方法などをご紹介します。

栄養と日常生活#001 by 仲井DC

今回から、今まで10年以上かけて学んできた「栄養学」や「免疫学」、またはその他の情報を顧みて、自分が得てきた栄養や日常生活に対する考えを皆さんとご一緒に考えて行きたいと思います。

 

そもそも「栄養学」などを学ぼうと決心したのは、治療家として多くの人達と接する内に、ある疑問が浮かび上がってきたからです。同じように治療(カイロプラクティック)を施しているのに、直ぐに反応して回復してくれる患者さんも多勢いらっしゃるのに、中々反応を示さない患者さんに出会うことがあるからでした。
もちろん技量(知識)の未熟さが大きな原因の一つであったことは間違いありません。
しかし、当時は10年以上臨床を重ね、それなりにカイロプラクティックの知識も増え、自惚れではありますが、技術もそれなりに上達したと考えていたのです。

 

自分なりに納得の行く治療を施したつもりでも、直ぐに元の症状が再発してしまう人達や、治療に反応しない人達がいるのです。
どうしてだろう?とその頃から悩み始めました。

 

アメリカで修行を積んでいる時にアプライドキネシオロジー(以後AKに省略)と呼ばれるテクニックを学んでいました。AKはカイロプラクティックの中ではマニアックなテクニックで、筋力検査を始め多くの検査方法を用いながら、神経反射、血管反射、第一次呼吸システム、経絡(鍼灸)、そして栄養学を取り入れながら行うテクニックです。
しかし当時のAKの栄養学は、例えば肝臓に反応を示す患者さんにはビタミンAやビタミンF(必須脂肪酸:いつか詳しく説明します)を試して、反応したら摂取させるという方法で、どうしてビタミンAやFなのかの説明はありませんでした。

しかもアメリカで処方していたビタミン剤やミネラルは、それぞれの臓器や症状に併せて各種のビタミンやミネラルがミックスされたものを用いていました。
しかし日本では医者の資格がないと、そのサプリメントは処方できないことを知り、帰国からは栄養学に対する興味が次第に薄れてしまい、検査でビタミンやミネラルが必要だと判明しても「帰りに薬屋さんがありますから、○○を買って飲んで下さい」と指導するようになっていました。

 



 

DSCF2519しかしある時に、ひょっとしたら栄養バランスや、生活の乱れが原因で、多くの人達の症状が緩和しないのでは?と真剣に考えるようになりました。

そこで患者さんに食生活や日常の過ごし方を色々と尋ねてみるように心掛けました。すると多くの人は食生活が乱れ、食事の回数や時間帯の乱れ、睡眠時間の問題、職場での姿勢の問題、自宅での寝具や家具の問題、運動不足など、多くの問題を抱えていることが判明したのです。

 

当時の自分も体調が万全であるとは言えませんでした。寝不足、運動不足、食事のバランスも良かったとは言えません。結果として、突然襲われる腹痛や下痢、原因不明の膝や足首の腫脹、倦怠感、疲労感などに悩まされていました。

そこで基本的なカイロプラクティック学から離れて、栄養学を始めとする多くの学問を学ぶことで、外側からカイロプラクティックを見つめ直してみようと決心したのです。

 

まず最初に理解できたのは、自分達が生活する世界が、たった100年前と比べても、何もかも満ち溢れた生活に変貌し、食生活も飢餓から飽食の時代になっていることでした。
電気、ガス、原子力、ガソリンなどが私達の生活を一新させました。
車、電車、飛行機の発達で、私達は歩かなくても、座ったまま移動することが可能になりました。
またコンピューターの発達で、立ったり歩いたりしなくても情報交換もでき、仕事も出来るようになりました。
食品も季節に関係なく、どんなものでも一年中手軽に手に入るようになり、食事を作らなくても、外食すれば何も不自由しない生活が送れます。
携帯電話や、携帯コンピューターの普及のお陰で、どこでも仕事が出来るようになり、外に出かけず、自宅で仕事をするような人達も大勢います。

 

しかし私達は、その楽な環境に慣れて生活するようになりましたが、実は知らない内に多くの危険に晒されていることに気付いていなかったのです。

電磁波、放射線、添加物、農薬、環境ホルモンなどに晒され、増して運動不足や食生活の問題で発生する三大疾患(ガン、脳疾患、心疾患)に悩まされるようになり、決して健康な状態であるとは言えないと思います。
高血圧、高脂血症、糖尿病になり、一生薬を摂り続けなければならない人達も後を絶ちません。

 

DSCF2536私達が改良して作り上げてきた世の中は、本当に豊かな環境といえるでしょうか?
今一度、自分達の周りを正しい目で見つめ直し、本当の意味での環境作りをしなければならない時代に突入していると思います。

 

カイロプラクティックの世界から表に出てみると、それまで気付かなかった多くの事実(現実)を知ることができました。
そこから本当の意味での治療を再考してきました。

これからは皆さんのご意見を伺いながら、本来自分達の体が備え持つ、本当の意味での健康を再検討して行きたいと考えています。

 

※次回は8月1日に掲載予定です。

仲井先生へのご質問、本稿へのご意見等は、こちらからどうぞ。(もしくはお問合せフォームから)