栄養と日常生活#042:亜鉛

今回は亜鉛のお話しです。
意外に誤解されている部分(特に男性に)が多いので、他の必須ミネラルに優先してご紹介することにしました。

1食100円「病気にならない」食事 亜鉛は骨、爪、網膜、腎臓、前立腺、脾臓に多く含まれます。
体液としては精液に多く含まれるために、どうしても精力減退と亜鉛を結び付けてしまう傾向があるようです。

体内に含まれる16種類のミネラルの中で、亜鉛は鉄に次いで2番目に多い必須微量元素です。
必須微量元素であり、当然ながら体内で生産することは出来ませんので、全て食べ物から摂取する必要があります。

亜鉛は銅との拮抗作用があるので、銅の摂り過ぎは亜鉛の欠乏に繋がり、反対に亜鉛の大量摂取は、銅や鉄分の不足に繋がります。
亜鉛と銅のバランスは、亜鉛が10に対して、銅が1です。

 

まずは亜鉛の体に対する働きからご紹介します。

亜鉛は体内で製造されるスーパー・オキサイド・ジムスターゼ(SDO)と呼ばれる強力な抗酸化酵素の成分となります。
その他にも100種類以上の酵素の製造に関わっています。
これらの酵素の体内への生理的役割は、免疫機構の補助、創傷治癒、精子形成、味覚感知、幼児の成長など多岐にわたります。
病気にならない女性は「カタカナ食」を食べない 人生が好転し始める「1食100円」の美的メンテナンス48また鉛とカドミウムを取り除く際にも有効に働きます。

男性の体重70㎏の人には、約2~2.5gの亜鉛が含まれると言われています。
日本人の摂取基準量は、男性は1日に8~9mg、女性は6~77mg(上限30mg)です。

亜鉛の過剰な摂取は、前述したように銅や鉄分の欠乏を引き起こし、善玉コレステロールと呼ばれている血中HDL(高比重リポタンパク質)を低下させます。

反対に、欠乏すると、最初に胃腸機能や免疫機能の低下による下痢が見られ、活動力の低下、記憶力や注意力の低下、味覚の障害が見られると報告されています。

 

亜鉛欠乏による細胞分裂によって影響するとして発表されているのは;

  • 味覚障害
  • 口、目、肛門付近の湿疹
  • 水泡や膿を伴う皮膚炎
  • 脱毛
  • 傷の治りが遅い
  • 風邪を引きやすい
  • 食欲不振
  • 自閉症
  • 情緒不安定
  • 前立腺肥大
  • 動脈硬化
  • 性機能の低下
などがあります。
また、亜鉛はインスリンの構成要素でもあり、低血糖症の基本的要因であると言われています。
さらに、肉類を消化するアルカリフォスファターゼ(ALP)の働きも低下するとも言われています。

 

実践・50歳からの少食長寿法 男性にとって心配なのは、性欲減退や性機能低下、また前立腺肥大でしょう。
しかし前述の通り、大量摂取するのは危険です。
そこで簡単な検査方法がありますので、ご紹介しておきます。

まず、亜鉛のサプリメントを摂る時は、口の中で錠剤を噛み砕いてみて下さい。
もし味がしないようでしたら、亜鉛不足が疑われますので摂取して下さい。
しかし「オエッ」と不味い味がしたら、あなたの体内の亜鉛量は充分に満たされています。
吐き出して下さい。

このようにして口の中で噛み砕いて、味がするかどうかで亜鉛不足を検査することが出来ます。
特に50代から増え始め、80歳では男性の80%以上に認められる前立腺肥大症を予防するには、常に亜鉛不足に気を付けたいものです(自分を含めて)。

最後に亜鉛を多く含む食材をご紹介しておきます(カッコ内は100g中の含有量);
  • カキ(7mg)
  • レバー(6mg)
  • 牛肉(4mg)
  • チーズ(3,g)
  • エビ(2mg)
  • 卵(1mg)