栄養と日常生活#033(仲井DC)

自分がビタミンCの重要性を確信したのは、十数年前だったと思います。
たしか栄養学を本格的に勉強し始めた頃で、体内で発生する“酸化物質”が多くの疾患の原因であると報告され、栄養学界隈では“抗酸化剤”が大きな話題になりました。
その抗酸化剤となる代表的な栄養素の一つがビタミンCでした。

以前ご紹介したように、自分が栄養学の勉強を始めたのは、ジョナサン・ライト博士が著した「新・栄養療法」が最初でした。
次に挑戦したのはライト博士の本を翻訳した丸元康夫さんの父親であり、日本の栄養学のパイオニアの一人でおられる丸元淑生 先生の「図解 豊かさの栄養学」でした。

33-1両書共にビタミンCの重要性を数多く紹介してあったのです。

まずビタミンCを体内で産生出来ない動物は、ヒトと一部のサルとモルモットだけであること(他の動物は肝臓でビタミンCを産生します)。
そして動物がストレスに対応するためには、副腎で作られるホルモンが必須であり、その産生の為にはビタミンCが不可欠であること。
お酒を飲むと体内のビタミンCの排出が増えてしまうこと。
タバコを吸うと、これも体内のビタミンCが失われてしてしまう(1本吸う毎に0.25mgが消失)こと等々です。

33-2そしてライナス・ポーリング博士の存在も大きかったと思います。

ポーリング博士は1970年代にビタミンCの重要性を説いた科学者で、二度に渡る化学賞と平和賞のノーベル賞受賞者としても有名です。

ポーリング博士は1970年に「ビタミンCとカゼ」という本を出版し、さらば風邪薬!(ポーリング博士)世界中でベストセラーになりました(邦訳は講談社から「さらば風邪薬」として1971年に刊行されたそうです)。

勢い付いたポーリング博士は、1979年にスコットランドのエワン・キャメロン博士との共著で「ガンとビタミンC」を刊行しています。
しかし、医師ではなかったポーリング博士(化学者)は医学界にとっては受け入れがたい存在だったようで、名実共に世界的な医療機関であるメイヨ-・クリニックで追跡調査が成され(経口投与だけで静脈点滴はしなかった)、ガンに対するビタミンCの効果は全く証明されなかったと発表されてしまい、世界中が興醒めしてしまったのです。
自分も確か中学生の頃に、カゼにビタミンCが効くと聞いたことを覚えています。
ビタミンCは薬ではありませんから、製薬会社にとっても邪魔な存在だったのかも知れません。

33-3しかしポーリング博士は、自分自身で1日に大量のビタミンCを摂取し続け、92歳まで人生を全うして他界しています。
ポーリング博士のことは、「ビタミンCがガン細胞を殺す」柳澤 厚生 著(角川SSC新書)に詳しく紹介されていますので、是非ご参考にして下さい。

そしてポーリング博士の意志を継いだ科学者達が研究を続け、今では大量なビタミンCの摂取によるガンへの治療効果が証明され、今アメリカでは、1万人以上の医師がガン患者にビタミンCを投与しているそうです。
日本でもアメリカに“右に習え”で、ビタミンC療法を用いる医師が増えています。

実際にもうすぐ5年になりますが、当オフィスに腰痛でメンテナンスでいらしていた女性が、乳癌と診断を受けました。
胸のシコリは10年以上前からあったのですが、検査を受けてもらった時は陰性という診断でした。
しかし5年前に再検査を受けた際に、乳癌だと診断を受け、直ぐに手術を受けるように医師に勧められていると教えてくれました。
それを聞いて驚いた自分は、動揺を隠して何とか冷静を装い、「少なくても幾つかの医療機関でセカンド・オピニオンを聞くべきだと思います」と伝えました。
その意見に同意した彼女は、乳癌の治療で有名な合計4名の乳癌専医の意見を聞いて回ったそうです。
すると4人共に治療方針が異なり、どの医師を信用して良いのか分からないと言います。

タイミングよく、その頃の自分は何冊かのガンに対する本や、ガンに対する大量のビタミンC摂取治療の本を読んでいたので、「こんな本もあるから参考に読んでみたらみたらどうですか」と数冊の本をお貸ししました。
彼女は熱心に本を読み、「超高濃度のビタミンC点滴療法を試してみたいと思います」と決心しました。
しかし当時は、ビタミンCだけの単発で治療を受け入れてくれる医師は多くはありませんでした。多くの医師は、ガンに対する三大治療(抗癌剤、手術、放射線)に併行した形で、ビタミンC療法を取り入れていました。(現時点でもそうかも知れません)

imageしかし「超高濃度ビタミンC点滴療法」(PHP)を著した水上 治 先生のクリニックが、ビタミンC単独の療法を受け入れてくれました。
自分は水上先生が、以前働いていた病院で栄養学を取り入れた治療をしていたことを知っていたので、きっと聞き入れてくれると思ったのです。

治療を始めた最初の3ケ月は大きな変化がありませんでしたが、6ケ月目頃から縮小が認められ、今では半減した状態を維持しています。転移も認められないので、今では自分は彼女のガンは、“ガンもどき”状態になっていると考えています。
完治することを願っていますが、診断を受けてから5年経ちますので、余り焦らずに温かく見守って行こうと考えています。

まだまだビタミンCの威力を完全に受け入れているわけではありませんが、抗酸化剤としての威力は認めても良いと考えています。
彼女に聞いて驚いたのは、大量のビタミンCの静脈点滴を受けていると、途中で喉が渇き、大量の水分を補給する必要があるそうです。
今までは、喉が渇いたらビタミンC入りのスポーツドリンクを飲むというイメージがあったので、反対にビタミンCの点滴を受けると、喉が渇くとは想定外でした。驚きの情報でした。

これからも新たな情報が発表されることでしょう。
聞き耳を立て、しっかりと受け止めたいと思います。

次回は今までに判明しているビタミンCについてご紹介して行きます。