栄養と日常生活#044:血液型ダイエット(2)

国によって血液型の傾向が異なると前回ご紹介しました。

前回ご紹介した藤田紘一郎先生は、血液型によって罹りやすい病気があったり、特定の病気になり難い血液型があると指摘しています。
そのため、流行り病で減少してしまう血液型と、疾患に罹り難い血液型があるので、偏った特定の血液型が残るのだそうです。
納得できる説だと思います。

では日本人を考えてみましょう。

前回ご紹介したように、日本人で一番多いのはA型です。
しかし、人間の原型は狩猟民族であったO型で、次に農耕民族となって発現したのがA型になります。
日本人はまさしく農耕民族ですので、A型が多いことには納得が行きます。
以前から農耕民族には何故A型が多いのかを長い間、考えています。
狩猟のため移動することを止め、穀物を育て、僅かな家畜を育てながら生活をするようになったのはどうしてでしょうか。

理由の一つは故郷であるアフリカを離れて、ヨーロッパやアジアに移動してみても、以前のアフリカのように、動物が豊富にいなかったと推測されます。
また動物の代りに、魚介類や穀物が豊富に見つかったのではないでしょうか。
A型は、ヨーロッパや北米に多い傾向があるようです。
また気になるのが海に面している国にも目立つような気もします(そう考えると、日本も海に囲まれています)。
ひょっとすると魚を食べるようになったのも、A型が増えた要素なのかも知れません。
日本人は船を作り、漁業で大量の獲物を得られれば、動物を求めて他の土地に移る必要はなく、海草類には豊富なミネラルが含まれていますから、栄養バランスも整っていたとも考えられます。

 

マクロビオティック入門そこで世界中にマクロビオティックを広げた久司道夫さんの本を読んでいた時に、印象に残った部分を思い出しました。
それはアメリカで採れるカボチャの話しです。

アメリカのカボチャは大きいのですが、日本のカボチャのように煮込んで食べても美味しくなく、味も大雑把なので、クリームや砂糖を大量に入れた料理が多かったような気がします。
ハローウィーンで飾るカボチャも、中をくり抜いてロウソクなどを入れて飾った覚えはありますが、くり抜いた部分を食べた記憶はないので、おそらく不味くて食べられなかったのだと思います。

アメリカのカボチャに不満を抱いた久司さんは、こっそりと日本産(確か北海道産だったと思うのですが・・)のカボチャの種をこっそりとアメリカに持ち帰り、アメリカで育ててみたそうです。
すると1年目に収穫したカボチャは日本産と同じ美味しいカボチャに育ったのですが、3代目になると、アメリカで摂れるカボチャと同じ味になってしまったそうです。
つまり土壌の違いです。
土壌に含まれるミネラルやビタミン等が微妙に異なると、それを食べる人の体質も変化するのかも知れません。

それが要因となって、血液型にも影響を及ぼすと考えられます。

アメリカは移民が殆どですから、本来であれば、全ての血液型がバランスよく存在している筈です。
しかしアメリカは、A型が41%、O型が45%で、この2つの血液型だけで86%を占めています。
残りのB型は僅かに10%、AB型は4%に過ぎません。
おそらく移民した当時は、色々な血液型だったのが、アメリカの土壌で育った食べ物を食べ続ける内に、A型やO型の増加へと移行していったのではないでしょうか。

そこでアメリカに住む人種の人数を調べてみました。
するとヒスパニック及びラテン系が一番多く、約5,500万人、ドイツ系アメリカ人が5,000万人、そして意外にもアフリカ系は3,900万人でした。
アフリカから連れ出された黒人は、おそらく殆どがO型だろうと思うのですが、人口的には第3位でした。
続いてアイルランド系、イングランド系を合わせると6,400万人もいます。
つまり決してアメリカ黒人が大半を占めている訳ではなかったのです。
ちなみに日系アメリカ人は110万人でした。
この結果からも、土壌が与える血液型への影響が大きいと確信を持ちました。

 

その他にも気候や、野菜の種類、肉類の種類なども関与してくると考えられます。

アメリカの女性は3人に1人の確率で、乳癌が発症していると聞いたことがあります(日本人は8人に1人)。
しかしアメリカでは70年代のマクガバン・レポートを始め、チャイニーズ・スタディなどが発表され、今では多くの人が肉類を減らし、積極的に野菜を摂取するようになったと聞きます。
確かにガンの発生率は低下しているようですが、この数十年で乳癌は倍以上に増えていることは不思議です。
またA型の女性が乳癌になりやすいとの報告もあります。
自分はPCや携帯電話から発生する電磁波が大きく関与していると考えていますが、このことは又の機会に譲ります。

 

血液型による不思議は、まだまだ続きます。

 

カイロプラクティック物語今月に新しい本が出版されました。「カイロプラクティック物語」(たにぐち書店)です。

是非、読んでください。

栄養と日常生活#030(仲井DC)

ビタミンB6は、一般的にピリドキシンと呼ばれ、他のビタミンB群と同様に、水溶性の生理活性物質として働いています。
他の多くのビタミンB群と同様に、腸内細菌によって合成されることも判明していますが、他のビタミンB群と同じく、抗生物質の乱用や、腸内環境の乱れで不足することがあります。
体内での作用としては、他のB群と同じく、炭水化物のエネルギー変換に必要とな30-1ると共に、多くの酵素の補助因子としての働きや、円滑な筋機能や神経伝達に必要とされ、不足することで痙攣やてんかん発作が生じます。
また赤血球の産生にも不可欠な物質なので、貧血との関係もあります。

代表的な作用として、まず第一に挙げられるのは、“つわり”を緩和させることです。
吐き気や嘔吐(吐き気)を伴う“つわり”に対して、マグネシウムと組み合わせることで、妊娠中毒症を緩和します。
またビタミンB6はPMS(月経前症候群)や鬱、小児自閉症、喘息(マグネシウムとビタミンC、必須脂肪酸を兼用)などにも使われています。
その他にも“ギンナン食中毒”と“中華料理店症候群”と関与していることで知られています。

“ギンナン食中毒”

30-2秋の名物であるイチョウに成るギンナンには、4-0-チルピリドキシンと呼ばれるビタミンB6に拮抗する物質が含まれています。
これがビタミンB6欠乏症を引き起こし、脳内でグルタミン酸が酵素反応で作るGABA の生成を阻害して、強直性や痙攣を引き起こすことがあり、希に意識を失ったり、死亡例も報告されています。
GABAは抑制性の神経伝達物質として脳内で生成されている必要不可欠な物質です。
大人の場合は、かなりの数のギンナンを摂取しないと食中毒にはならないと報告されています(5~6個で発生した症例もあります)が、食中毒の7割が5歳未満に発生しているようです。
自分も大好物のギンナンですが、ほどほどにしなければいけません。

“中華料理店症候群”(別名:”グルタミン酸ナトリウム症候群”)

30-3中華料理店症候群は、頭痛、顔面紅潮、発汗、顔面や唇の圧迫感を主な症状とします。
自分の友人は脊柱の圧迫感を訴えますし、自分自身も大量の痰が発生するという経験があります。
基本的にはグルタミン酸ナトリウム(味の素)の大量摂取が原因だと考えられていますが、医学的には完全に証明されていないようです。
しかしグルタミン酸ナトリウムを大量に使用している料理店に行く前に、成人男子で1日に必要とされるビタミンB6(1.4~2g)を摂取すれば、症状を緩和させる有効性があると報告されています。

 

ビタミンB6の欠乏による症状としては、手根管症候群、貧血、脂漏性皮膚炎(脂肪酸欠乏)、舌や口内炎、末梢神経障害(手足の痺れ、痛み、炎症)知覚神経障害などがあります。
30-4手首の腱鞘炎で病院からビタミンB6を処方される人がいますが、併用してビタミンB群を摂ることをお勧めします。
他のビタミンBがビタミンB6の働きを助けてくれるからです。

ビタミンB6が多く含まれる食品は、ビール酵母(これは栄養素が高いのですが、痛風の人にはお勧めしません)、胚芽、レバー、モツ、メロン、キャベツ、卵、ピーナッツ、クルミがあります。

もう暫くの間、ビタミンB群におつき合い下さい。

栄養と日常生活#029(仲井DC)

今回はビタミンB5をご紹介しますが、その前に少し復習をかねてビタミンB群について説明します。

今までにビタミンB1、2、3とご紹介してきましたが、ビタミンB群はどうして多くの種類があり、半端な数で示されるのでしょう。

以前にも少し触れましたが、「水に溶ける」という性質と、「炭水化物をエネルギーに変換する」という2つの性質を持つビタミンを全てビタミンB群としたからです。

最初にビタミンB1が1910年代に発見された後、科学者の間でビタミンB群の発見ブームが始まり、色々なビタミンBが発見されました。
マクロビオティックをやさしくはじめるそれで1から12まで発表されたことになります。

しかし後にカビなどの代謝に関係はあっても、人間には必要ないビタミンBが見直され、現在に認められているB1、2、3、5、6、12となったのです。

水に溶けて、炭水化物の代謝に必要な要素を持つビタミンがB群という訳です。

その後にもB群が発見されていますが、数字を用いずに、その名前のまま呼ばれています(例えば、葉酸、コリン、ビオチン等)。

水溶性のビタミンとしては、もう一つビタミンCがありますが、また後で詳しくご紹介します。

 

ではビタミンB5をご紹介します。

B5は別名、パントテン酸と呼ばれます。
B5は副腎皮質から作られるホルモンに不可欠な物質として知られています(これはビタミンCも同じです)。
久司道夫のマクロビオティック 入門編 (Kushi macro series)老化抑制作用として注目される成長ホルモンに必要なビタミンですし、またストレスに対応するホルモンや、性ホルモンの生産に関わるビタミンでもあります。
また補酵素であるCoAの構成成分として知られています。
さらに抗体の合成にも関わります。
その他にも消化機能を正常に保ったり、アレルギーを起こし難くするなど多くの作用が認められています。

他のビタミンB群と同様に、善玉腸内細菌によっても作られますが、抗生物質などの服用で不足する可能性があります。

しかしビタミンB5は多くの食材に含まれ、また摂取しやすいビタミンですので、欠乏することは少ないと指摘されています。
それは語源からも分かります。
語源はギリシャ語で「至るところに存在する酸」という意味だそうです。

マクロビオティックが幸福をつくるちなみにビタミンB5が発見されたのは1931年です。

成人に必要なビタミンB5は1日に約5~10mgですが、妊婦や子供には少々多めが勧められています。

一般には、うつ病や各種の恐怖症、精神的なストレスや高コレステロール血症、エリテマトーデスや関節リウマチにも1日200~500mg程度が処方されていますが、1日に2,000mg以上の摂取量は注意が必要です。

不足すると、低血糖症、十二指腸潰瘍、血液や皮膚の障害、感染症、うつ病、不眠、副腎皮質機能低下による免疫力の低下、アレルギー、皮膚の灼熱感などが起こります。

ビタミンB5が多く含まれる食品は;肉類、無精製の穀類、小麦胚芽、緑色野菜、ビール酵母、ピーナッツ、大豆などです。
しかし語源通り、多くの食品に含まれています。
特別な症状がない限り、日常生活で心配する必要は余り無さそうです。