栄養と日常生活#060:少し怖い話し(2)

何と今回で第60回を迎えました。
ということは飽きることなく、毎月5年間も“栄養学”についてウンチクを述べてきたことになります。

今までお付き合いして頂いた皆様に、本当に感謝、感謝です。
ほんの少しでも、ちょっとでも皆様の健康に貢献できたら良いなと、心の底から願っています。

しかし、この間でも“栄養学”は大きく変化して来たような気がします。

まずは自分が日本に帰国して20年以上になりましたが、帰国当時のアメリカは、オメガ3やオメガ6の話題で湧いていました。
自分も帰国当時は、「オメガ3ジャーイ!、亜麻仁油ダァ!」と騒ぎ立てましたが、当時は誰も聞いてくれない時代でした。

しかし、やっと大手のスーパーが、亜麻仁油を取り揃えてくれるようになりました。
必須脂肪酸の必要性が、少しずつですが、やっと浸透してきたような気がします。

当オフィスでも、以前は必須脂肪酸を豊富に含む“アマニ・ロースト”を提供して来ましたが、遺伝子組み換え検査の問題から、アマニ・ローストの輸入が取り止めになり、もうどうにでもなれ!と開き直っていた時に出会ったのが“チアシード”でした。
亜麻仁よりもオメガ3の含有量に優れ、食物繊維を多く含み、ミネラルも豊富で、しかも酸化し難いと知り、驚愕したことを思い出します。

チアシード”は、アメリカに滞在中からも探し求めていた素材でした。
名前が分からずに、地団駄を踏みながら帰国したことを思い出します。

日本ではチアシードは、数年前まで“ダイエット食”として販売されてましたが、今ではオメガ3豊富な健康食として受け入れられ、多くの人に知られるようになりました。
嬉しい限りです。

また20年以上前までは、“肥満”の原因となるのは“脂肪”と信じられて来ました。
「砂糖が問題ではなく、一緒に含まれる脂肪が肥満体を招く」と言われて来ました。
また多くの栄養学者は、カロリー制限や、脂肪制限食を提唱していましたが、今では“必須脂肪酸”の必要性が受け入れられ、少なくても体に必要な脂肪もあると受け入れられるまでになりました。

また少しずつですが、トランス脂肪やショートニング等による体への悪影響に対しても、多くの人が理解するようになり、時代の嬉しい変化を感じています。

 

そこで前回に引き続き、今回もちょっと怖い話しに戻ります。

山田悟1ナント!なぜか最近は脂肪ではなく、“砂糖”が悪者になりつつあるのです。

最初の頃にご紹介した“砂糖”は、“炭水化物”として、体の“エネルギー”だとして説明してきました。
確かに体のエネルギー源となれるのは、炭水化物、タンパク質、脂肪の3つです。
だから栄養三要素と呼ばれて来ました。

そして、その中でも炭水化物が最も簡単に、また素早くエネルギーに転換されるという点から、最小必要源の炭水化物が体に必要だと提唱して来ました。

それが今、炭水化物というもの自体の見直しが問われるようになってきているのです。

 

まず炭水化物は大きく、“糖質”と“食物繊維”に分類されます。
これは以前にご紹介した通りです。

私たち人間の体は、糖分を吸収・消化できますが、食物繊維は吸収出来ません。
それは人間の体は他の草食動物とは異なり、食物繊維を消化する“消化酵素”が存在しないからです。

しかし私たちの体に食物繊維が与えてくれる恩惠は数多くあり、必要では無くなったコレステロールの排泄や、満腹感への効率促進の補助、腸の掃除、腸に生存する善玉菌への栄養素(水溶性の食物繊維)、排便効率の援助など、多くの役割を果たしてくれています。

ですから栄養学者の中には、糖質と食物繊維を炭水化物と区別している人もいます。
中には食物繊維を必要栄養素の一つとして捉え、七大栄養素(炭水化物(糖質)、脂肪、タンパク質、ビタミン、ミネラル、水分、食物繊維)と提唱している人たちもいます。

それが今では、“糖質”を悪者扱いしている人たちが増えて来たのです。

それは今の日本で問題となっている“糖尿病”の増加です。
今では日本には“隠れ糖尿病”を入れると、1,200万人以上の糖尿病患者がいると想定されています。
実に日本人の10人に1人が、糖尿病を患っていることになります。

しかしこれは自分は、過大評価だと考えています。
空腹時の血糖値やヘモグロビンA1cの標準値を下げている傾向があります。
これはコレステロール値や、血圧も同じです。
誰が考えたのか知りませんが、今では“日本1億人総疾患”を目指しているような気配もします。
日本人誰もを何らかの形で病気にしたいと目論んでいるようにも思えます。

宗田哲夫1昨今は“糖質制限”を提唱する人が増えています。
中には前回ご紹介した「ケトン体」が人類を救うと訴える人も出てきました。
肝臓で“脂質”から“ケトン体”を作り出し、クエン酸サイクルからエネルギーを作り出せば、糖質はいらないという主張です。
しかも脂肪酸の状態では血液脳関門は通り抜けれませんが、“ケトン体”になれば血液脳関門は通り抜けられ、脳の栄養素にもなると主張しています。

確かにアジア人は、他の人たちよりもインスリンの分泌量が少ないことは判明しています。
また縄文時代の日本人が、魚や獣を食してきたことも証明されています。
しかし、一概に糖質を一切避け、肉食だけにするのも疑問が残ります。

質の良い必須脂肪酸の摂取は受け入れられますが、どんな脂肪でも良いとまでは考え難いのです。

 

また次回に続きます。

栄養と日常生活#055:“脂肪”再考

先月はお休みを頂いてしまいました。申し訳ありませんでした。

今回は、90年代頃から以前は “悪者” と思われていた考え方や、摂られ方が大きく変わった “脂肪” について再考してみたいと思います。

まずは日本ではシンプルに脂肪は;

  • 固まっていない状態を “油(OIL:オイル)” と呼びます。
  • 反対に体内で固まった状態を “脂肪(FAT:ファット)” と呼びます。
どうやら私たちの体とって重要なのは “油” であって、“脂肪” ではないと考えても良さそうです。
私たち人間の体温は36.5度前後です。
一方、豚や牛の体温は38度前後ですし、鶏の体温は40度以上ですから、私たちの体内に入った “油” は固まって “脂肪” になってしまいます。
しかし魚の体温は20度前後ですから、魚に含まれる “油” は、私たちの体内に入っても “油” のままの状態を維持します。
つまり体内で固まって “血液ドロドロ” にならず、“血液サラサラ” でいることになります。

 

次に大切なことは;
  • 私たちの体内で作ることができ、または簡単に得ることができる “脂肪酸” を “飽和脂肪酸” と呼びます。
  • 一方で、私たちの体内で製造できない、体に必要となる “脂肪酸” を “不飽和脂肪酸” または “必須脂肪酸” と呼びます。
つまり私たちが必要とする “脂肪” は、“不飽和脂肪酸” であり、またの名が “必須脂肪酸” であることが分かります。

90年代、自分がアメリカに滞在していたころは、”フラックス・シード・オイル” が注目を集めていました。
日本名で “亜麻仁油(あまにゆ)” です。
93年に帰国した頃の自分は “亜麻仁油!” “亜麻仁油じゃあ!” と大きな声を出して騒いでいました。
しかし、当時の日本は “亜麻仁油?って何?” という状態でした。

 

それでも90年代半ば頃から日本でも “必須脂肪酸” の重要性を唱える人たちが増えてきました;
  • “オメガ3(リノレン酸)”、“オメガ6(リノール酸)” の登場です。
当時はオリーブ油に含まれる “オメガ9(オレイン酸)” も注目を集めましたが、その効用が発見されたのは、2000年代に入ってからだと思います(今ではオレイン酸は、悪玉コレステロールとして有名なLDLに含まれる脂肪酸と入れ代ることで、LDLが直ぐに壊れて酸化してしまうことを防ぐことが解明されています)。
また90年代までは “オメガ6” は “必須脂肪酸” として注目されていたと記憶しています。

2000年当初は、“酸化物質” が注目され、“抗酸化剤” が注目を集めました。

体に悪い影響を与える “酸化物質” が敵対され、“抗酸化剤” であるベータ・カロチン、ビタミンC、Eなどが注目されたように覚えています。

次第にオメガ6であるリノール酸は、体内で炎症を増やしてしまうプロスタグランジンIIの基であるアラキドン酸(肉類に多く含まれる脂肪酸)に転換されるとして、何時の間にか世間からは “リノール・オイル” は消えて行きました。

昔からスポーツ・トレーナーの人たちが、「炎症があるときは魚を食べ、牛、豚、鶏類は炎症を悪化させるから食べるな!」と指導していたのを思い出します。
先人たちは体験や経験上から、この事実を知っていたのでしょう。頭が下がります。

 

今では亜麻仁油、しそ油、チアシード、青魚(EPA、DHA)に含まれるオメガ3と、LDLの酸化を防ぐオリーブ油が主流になっていると思えます。

でもオメガ3の効用は、意外に知られていないような気がします。
そこで今回は、オメガ3が私たちの体に与える代表的な効果をご紹介します;
  • 第一に、体内のオメガ3の不足が、多くの子どもたちにハイパーアクティビティー障害(ADHD)をもたらすことが判明しています。
  • 次に、心律異常(不整脈)や心臓病の危険性を抱えている人は、EPAやDHAのオメガ3のサプリメントを摂取することで、かなりの確率で疾患を防ぐことが認められています。
  • またオメガ3は、高すぎる血中中性脂肪値を、他のどの薬よりも下げることが証明されています。
  • オメガ3は、慢性関節リウマチの症状を緩和させる、最も優れた自然療法であることも判明しているのです。
  • また多くの若い女性を苦しめているクローン病(腸壁の全層が炎症で侵される原因不明の疾患)や、潰瘍性の大腸炎を含む炎症性の大腸への疾患も、EPAやDHAのサプリメントで大きく改善できることが発表されています。
ではどの位の量を摂取していれば良いのでしょう?
多くの研究者は、一日に300~600ミリグラムを摂っていれば、大多数の人は心筋梗塞を含む、多くの疾患を予防できると言っています。

チアシード(DoctorsSuggestion.com)巷では大量のオメガ3が含まれる “チアシード” が大人気です。

“健康”を維持したり、チアシードに含まれる大量の食物繊維でダイエット効果を期待している女性も多いと思いますが、それだけでなく、オメガ3は私たちの健康に大いに影響を与えてくれているのです。

栄養と日常生活#006 (仲井DC)

前回は偶然のチアシードとの出会いや、チアシードが備える効用などをご紹介しました。
今回は体の1/4の解毒作用を備える腸(特に大腸)について、そして検査方法をご紹介したいと思います。

大腸は盲腸と4つの結腸(上行、横行、下行、S状)、そして直腸に分類されます。
働きとしては、小腸から送られてきた粥汁(びじゅう)に含まれる水分と、幾つかの電解質(ミネラル)やビタミンの吸収、そして便の排泄を担います。

水分の吸収は主に上行結腸と横行結腸の最初の半分で行われると考えられています。
ニ本足歩行になった人間は、重力の力を借りて、水分を吸収し易くしていると考えていますが、まだまだ不明な部分もあります。
体は1日に2リットル以上の水分を必要としますので、大腸の水分吸収は、非常に大切な役目と言えます。
しかし飲み込んだ水分は1分以内に脳や、精巣や卵巣に到達するという研究が発表されていますから、まだまだ体のことは分からないことで一杯です。
水分の重要性については、また機会をみてじっくりと論じたいと思います。

もう一つ大切なのは、大腸に含まれるバクテリアの環境作りです。
大腸に含まれるバクテリアは、善玉菌と悪玉菌に分類されます。
もちろん私たちに必要なのは善玉菌が優位な状態であることは疑う予知はありません。
腸の善玉菌は私たちの体に必要なビタミンKや多くのビタミンB群を生成してくれます。
私たちはバクテリアとうまく付き合いながら、共存しなくてはなりません。
バクテリアは身体中の多くの部位に存在し、全部集めると肝臓の大きさに匹敵すると言われています。
実際に私たちが毎日排泄している便の2/3はバクテリアの死骸です。
なるべく悪玉菌を抑制して、私たちの体を守ってくれる善玉菌を増やしたいものです。

 

巷では善玉のビフィズス菌を摂取するために、毎朝ヨーグルトを一生懸命に摂取していると聞きますが、少々誤解があるようなので、少し説明を加えます。

乳製品が一般に広がり始めたのは明治時代だと思われます。
では日本人はそれ以前は、どのようにして大腸のバクテリア叢のバランスを整えていたのでしょうか?
実は日本人は発酵食品から充分な善玉菌や、善玉菌の食べ物を得ていたのです。
そう、自然な発酵で作られる“味噌”、“醤油”、“納豆”、“漬け物”なのです。
昔ながらの日本食です。
ご飯と味噌汁とお漬け物、たまに納豆を食べていれば、わざわざヨーグルトを食べる必要はありません。

日本人の7~8割の人には乳製品は合わないと言われています。
多くの日本人は、母親から離乳すると、乳製品を吸収するために必要なラクターゼという消化酵素が出なくなってしまいます。
つまり乳製品は小腸から吸収できずに大腸に送られ、そこで発酵したり、腐ったりしてしまうのです。
また乳製品には飽和脂肪酸が多い動物性脂肪分が含まれ、冷蔵庫で保存するのがほとんどですから、冬場は体を冷やす原因ともなります。
ですので朝からヨーグルトを摂る習慣には余り賛成できません。

どうしてもしっかりと朝食を摂る必要がある場合は、胚芽米や玄米のご飯、野菜の具が沢山入った味噌汁、お漬け物や納豆を召し上がり下さい。

次に大腸で大切になるのは、最近注目されるようになった食物繊維です。
食物繊維は炭水化物の仲間ですが、私たちの体には食物繊維を吸収する消化酵素が存在しません。
ですから全ての食物繊維は小腸で消化/吸収されることなく、大腸に送られます。

また食物繊維は水溶性と難溶性に分類されます。
水溶性の食物繊維は、腸に含まれる善玉菌の栄養となります。
一方の難容性の食物繊維は、胆嚢から分泌された胆汁の中の不要になったコレステロールをキャッチし、大腸に宿る悪玉菌と一緒になって体外に排泄してくれます。

最近では食物繊維を炭水化物とは分けて、体の重要不可欠な栄養素の一つとする考えが増えています。
ちなみに前回ご紹介したチアシードには、水溶性の食物繊維と難溶性の食物繊維の両方が豊富に含まれています。

自分は“野菜1日分ジュース”を飲んでいるから大丈夫!という人がいますが、残念ながら野菜ジュースは食物繊維が取り除かれています。
また白米や胚芽米も食物繊維が精製されて殆ど排除されています。
昔の日本食に戻す、近くの土地で採れたものを食べる、これが大切なことです。

では大腸の反射ポイントですが、左側の前上腸骨棘(ASIS)とお臍を結んだ線のほぼ真ん中がS状結腸と直腸の移行部位にあたり、多くの神経が集まっています。
この部位を排便反射点と呼びます。
特に自律神経が多く含まれています。この部位を利用します。

まず正常なインディケーター筋(大腿直筋)を定めてからこの排便反射点に2~3本の指腹部でTL(セラピー ローカリゼーション)させ、正常を示していた筋が弱化するかを調べます。
多くの人が弱化すると思います。

弱化を示したら、チアシードをひと掴み反対の手の平に乗せて、10秒~15秒待ってから再検査をして下さい。
弱化を示していた筋力が回復する筈です。
変化に気づかない人は、何回か繰り替えして検査すると違いを納得します。
時には中々変化を認めない人や、違いが分からない人がいます。
そのような場合は、行っている検査の目的を詳しく話してから、もう一度ゆっくりと検査を行い、どれだけ変化しているか納得するまで繰り返すこともありますが、殆どの人は違いに気づきます。

ちなみに、この反射ポイントはAKでは用いませんので、この排便反射ポイントを用いた検査は、AKではありません。

仲井先生の「栄養と日常生活#005」更新しました!

今日から11月!時が過ぎるのは早いもので2011年も残すところあと2ヶ月となりましたね。

先日、誕生日を迎えたのですが、年々時が過ぎるのが早くなっているように感じます(´ω`)あっという間にクリスマスがきて、新年を迎えることになるのでしょうね。ケーキやさんではもうクリスマスケーキの予約が始まっているようですので、もう予約された方もいらっしゃるのでしょうね。

本日、仲井先生の「栄養と日常生活#005」が公開となりました!

今回、仲井先生には前回に続き、もう一つの解毒作用を担う腸とその解毒作用を回復させるために先生が用いているチアシードの凄さについてお話いただきました。

以前お話したように、私たちの体で行われる解毒作用は3/4が肝臓で、残りの1/4が腸で行われています。肝臓に比べれば腸の働きが占める割合は少ないですが、大切な部分です。私たちが腸の解毒に必要としているのは良質の食物繊維ですので、魔法の栄養素『チアシード』をおすすめいたします!

最近、風邪が流行っていて熱を出したという人も周りに多いので、体調管理には十分お気をつけください!

今月も元気に頑張りましょう^^