奄美世のごはん#046:基本の5

忙しさに、見上げることを忘れていたら、とうとうこいのぼりを見損ねてしまいました。

 

さて、糖質の摂取で気になるのが血糖値。血糖値とは、血液中のぶどう糖の量を示す値です。
食べ方や生き方に合わせて、私たちのからだはこの血液中のぶどう糖の量を、さまざまな方法で一定に保とうとします。

 

まず、血糖値を下げる作用をもつのがインスリン。
インスリンは、血中にぶどう糖が増えると分泌されます。
そして、身体の中の細胞や組織に働きかけ、血液中のぶどう糖量を調節します。
肝臓はインスリンの作用で、運び込まれたぶどう糖を貯蓄型に変えて貯めておきます。

ぶどう糖の貯金が上限を越えてしまうと、残りのぶどう糖は脂肪に変えられ脂肪細胞に運びこまれます。
脂肪細胞では脂肪の蓄積が進み、分解は抑制されます。

インスリンが存在するうちは、貯蓄型ぶどう糖を転換して血中に放出し血糖値を上げないように、肝臓が抑制されます。

どれも血糖値を下げる効果を持ちます。

筋肉は、静止時や激しい運動をしていない時で、インスリン分泌がない時は、脂肪をエネルギー源として利用していますが、食後に血糖が増えインスリンが分泌されると、ぶどう糖の取り込みと利用を優先します。

必要以上のぶどう糖が運び込まれると、筋肉は肝臓と同様にぶどう糖を貯蓄型に変換して貯えます。

筋肉もインスリンの作用で、血中のぶどう糖量を少なくするよう働きます。

他のほとんどの組織も、インスリンの作用でぶどう糖を取り込みエネルギー産生に使って、血糖値を下げます。

 

反対に血糖値を上げる作用を持つ物質はいくつかあります。

その中のひとつ、副腎の皮質が分泌するコルチゾル(糖質コルチコイドの一種)というホルモンは、感染症や暑さ寒さ、過剰な運動などの身体的なストレスや、精神的ストレスに適応するために働きます。
身体の細胞がぶどう糖を利用するのを抑制して、血液中のぶどう糖を増やします。
ストレス下で、脳が他の組織と競合せずにぶどう糖を利用するためです。

脳は他の細胞組織と違い、インスリンの作用がなくても、血中のぶどう糖を取り込んで利用することができるのです。

コルチゾルの作用で、肝臓は貯蓄型のぶどう糖を転換して、血中にぶどう糖を放出します。

ほとんどの組織では、細胞内のぶどう糖の利用速度が低下し、代わりに脂肪組織が放出した脂肪や、たんぱく質を分解したアミノ酸の利用が促されます。

また筋肉は、コルチゾルによりたんぱく質の合成を抑えて、たんぱく質を分解してアミノ酸を放出します。他の組織でも同様にたんぱく質を分解し、アミノ酸を放出します。

たんぱく質の合成の抑制は、特にリンパ節や筋肉で起こります。増加した血中のアミノ酸は、組織によるエネルギー代謝と、肝臓の酵素に利用されます。

強いストレスが続くと、コルチゾルが分泌され続けます。

分泌され続けるコルチゾルの作用で、たんぱく質や脂肪が分解され利用されます。

血糖値の上昇には、インスリン分泌がなされ、血糖値を下げて一定に保つよう身体に働きかけます。

ストレスに対応するために血糖の増加が必要になれば、コルチゾルが血糖値の上昇に働きます。

 

こころ や からだ をていねいに

上げすぎず 下げすぎず

良い加減に暮らすのは

なかなか ちょっと むずかしい

栄養と日常生活#010 (仲井DC)

前回は炭水化物は精製されていない状態で摂りましょうとご紹介しました。
今回は「何故、精製された炭水化物は体に良くないの?」を考えてみます。

まず最初に自分が子どもの頃の生活を振り返ってみます。
もう40年以上も前の話しです。
考えてみると、オイオイ随分と年とったなあと実感してしまいました(少し寂しい・・)。

 

 

自分は生まれてから小学6年生まで静岡市で過ごしました。
昔の静岡といえば、「ミカン」です。
冬から春にかけては、学校から帰ると、いきなりミカンを毎日4~5個は食べていました。
春から夏は漬け物のダイコンの尻尾をもらったり、削り節(これも静岡名産でした)の小さくなった残りを食べたり、物置き小屋に置かれたぬかづけの樽に手を延ばして、ひからびたキュウリやナス、またはダイコンなどを隠れて食べていたことを思い出します。

余り自慢にならない昔話ですが、何を言わんといいますと、自分達が子どもの頃は、おやつに糖分を摂る習慣がなかったことです。
ケーキは誕生日のお祝いの時と、クリスマスの時だけだったと思います。
飲み物も、夏は麦茶か水、冬は緑茶か番茶でした(そういえばコブ茶もあった)。
夏にカルピスがあったこともありましたが、何かのご褒美で飲ませてもらえるだけで、常飲させてはもらえませんでした。
チョコレートやキャラメルなどのお菓子は普段は買い与えられず、遠足の前日に数百円もらって、駄菓子屋に買いに行ったものです。
遠足よりも一緒に持って行くお菓子の方が楽しみだったことを覚えています。
数十円持って駄菓子屋に行くのが自分達子供の頃の一番の楽しみでした。

可哀想だと思わないで下さい。
それがごく当たり前で、一般的だったのです。
おやつにケーキやチョコレートを食べることができるとは、当時は想像もしませんでした。
たまにお客さんが来ると、お茶菓子が用意され、一緒に食べることができたことも楽しみの一つでした。
それだけ、おやつイコール糖分という環境ではありませんでした。



白米(左上) 小麦粉(右上) 砂糖(下)本題に戻りましょう。
精製された炭水化物が自分達の体に与える影響を考えてみましょう。
まず分解された炭水化物は殆どブドウ糖に近い状態にまで精製されていますから、小腸から簡単に、しかも短時間で吸収されて血中に送られます。
すると急速に流れ込んだブドウ糖が血糖値を急速に上昇させます。

つまり、この時点で高血糖になります。
するとお腹の真ん中辺りに位置する膵臓が、血液内の血糖値の上昇を察知します。
ここで気をつけて欲しいのは、血糖値の高低を察知するのは脳ではないことです。
高血糖に気付いた膵臓はβ細胞からインスリンを放出して、血液内のブドウ糖を体の細胞に運んで、血液内の血糖値を下げようと一生懸命に働きます。

急速な血糖値の上昇に対する、大量のインスリンの放出は、今度は反対に低血糖を引き起こします。
急激に血糖値が上昇したのですから、膵臓も驚いて、高血糖に対応して大量のインスリンを放出します。
すると一時的ですが、血液内の血糖値が急速に下がり、低血糖になってしまいます。

前回ブドウ糖はエネルギー源であるガソリンだと説明しましたが、そのエネルギー源を一番必要とする臓器は“脳”です。
“脳”のエネルギー源はブドウ糖だけです。
体内に吸収された炭水化物の20%以上が、脳のエネルギー源になると言われています。

低血糖になって困るのは、当然ながら“脳”です。そこで怒り狂った“脳”は指令を出します。「何やってんや、早くブドウ糖を摂らんかい!」と・・・。

指令を受けた体は素直に炭水化物を求めます。
目の前には白砂糖たっぷりのショートケーキ。
“脳”の指令を受けたあなたは、ガブリとケーキを貪ります。

デジャ・ブって聞いたことありますか。
以前に経験した同じ体験や、以前に見た光景が偶然に再現することを指します。
まさしく体の中でデジャ・ブが繰り返し起こります。

 

精製された炭水化物が大量に体内に入る

急速に小腸から吸収され、血糖値が急上昇する

脳に関係なく、膵臓から大量のインスリンが放出される

大量のインスリン放出は低血糖を引き起こす

脳が怒り狂って炭水化物を摂取する指令を出す

「以下、デジャ・ブが永遠と続く」

 

果たして最終的に勝利を収めるのは、“脳”でしょうか、それとも“膵臓”でしょうか。

“脳”が勝利を収める場合は、あなたの膵臓機能は著しく低下または衰弱してインスリンを放出できなくなります。
血糖値も常に上昇した状態になりますから、“脳”は常にエネルギー源が豊富な安泰な時を過ごせます。
しかし嬉しくないおまけがつきます。
大量のブドウ糖が血液中に常在しますと、正常であれば腎臓で再吸収されるはずのブドウ糖が正常範囲を越えて濾過しきれなくなり、溢れたブドウ糖を尿に排出してしまいます。
この状態や空腹時の血糖値が高かったり、ヘモグロビンA1cが高い状態を、医療関係者は“糖尿病”と呼びます。

では激しい戦いにあなたの逞しい“膵臓”が勝利したらどうなるでしょう。何度ともなく繰り返される高血糖と低血糖による“脳”への影響は、あなたの気分をアップさせたり、気分をダウンさせます。
つまりアップダウンの繰り返しです。
極限まで進行すると、医療関係者はこれを“躁鬱病”と呼びます。

近頃よく聞きますね。
子供がじっとしていられない。
落ち着きがなく、直ぐに興奮したり、泣き出す。
切れやすく、喜怒哀楽が激しくなる・・・。
これは今まで説明した炭水化物の過剰摂取が主な原因の一つだと確信しています。

あなたのお子さんは大丈夫ですか?

これだけではありません。まだまだ次回も続きます・・・