奄美世のごはん#056:基本の14(たんぱく質)

前回はお休みをいただきました「奄美世のごはん」。
今月からはたんぱく質とまいります。

私たちの身体を作るたんぱく質。

私が理解しきれていないという事もありますが、まだまだ分からないことだらけのたんぱく質ですので、ざっくりお話ししていきたいと思います。

たんぱく質は、たくさんのアミノ酸がネックレスのように一列に繋がってできています。
このアミノ酸でできたネックレスを、ポリペプチドといいます。
このポリペプチドが更にきれいに形づくられて初めてたんぱく質という名になり、そしてたんぱく質としての役割を担います。

私たちが、たんぱく質を食べたり飲んだりする目的は、ネックレスの材料となるアミノ酸の供給です。

このアミノ酸を、作り変えたり組み合わせたりして、身体に必要なたんぱく質を作りあげるのです。

ラム私たちが食べたり飲んだりしたたんぱく質は、他の栄養素と一緒に、口の中で咀嚼され、胃に入ると胃酸のシャワーを浴びます。
そして、たんぱく質を分解する酵素によって、アミノ酸のネックレスが大まかに切断されます。

続いて、ぶつ切りのアミノ酸のネックレスは十二指腸に送られ、膵臓から分泌される膵液中のたんぱく質分解酵素の作用を受けて、さらに細かく分解されます。
その後、小腸内側の表面の細胞の膜にある分解酵素で、一個のアミノ酸、または2個か3個のアミノ酸がつながったジペプチドかトリペプチドに分解されます。

小さな断片になったアミノ酸は、小腸表面の細胞の膜上から細胞内にとりこまれ、その細胞の中でさらに一個一個のアミノ酸に分解され、血流にのって門脈(血管)に入り肝臓へと送られます。

肝臓に運ばれたアミノ酸の一部はたんぱく質に合成されますが、その他のアミノ酸はまた血流にのって、身体のあちこちに運ばれ、アミノ酸プールとなります。

いわしアミノ酸プールには、消化吸収した食べもの飲みものに由来するアミノ酸の他に、体内のたんぱく質が分解されてできたアミノ酸も存在します。

私たちは、このアミノ酸プールのアミノ酸を使って、たんぱく質を合成しているのです。

ヒトは1日に、70gのたんぱく質を食べて、200gのたんぱく質を合成するそうです。

1日に2~3%が分解されて生まれ変わっています。

そのためには、アミノ酸プールに存在するアミノ酸の質と量を一定に、充足するだけ保たなければなりません。

たんぱく質の摂取が足りないと、アミノ酸プールのアミノ酸は次第に減っていきます。
身体はその穴埋めに、免疫細胞の産生を減らしたり、筋肉など身体の構成成分を分解して、アミノ酸を供給します。

とうふ逆にたんぱく質を摂取し過ぎると、過剰なアミノ酸は、別のアミノ酸に変換されたり、エネルギー源に使われたり、また、そのまま分解されて尿中に排泄されます。
アミノ酸を分解して排泄するとき、尿中に排泄されるカルシウム量が増大したり、腎臓に負担がかかる可能性があります。

たんぱく質は私たちの身体の中で、内臓や筋肉、骨や皮膚や髪の毛の成分となります。
血液やホルモン、酵素の材料にも不可欠です。
免疫物質の成分にもなります。
神経伝達物質としても働きます。
自律神経のバランスや精神的な安定にも関与します。

過不足なく、摂取しなければならない栄養素です。

 

次回はたんぱく質を構成するアミノ酸の種類や、それぞれの働きや摂り方についてお話しします。

週が明けたら穀雨です。
陽の光とともに優しい雨が降ります。

春雨

栄養と日常生活#019(仲井DC)

前回は、タンパク質が40個以上のアミノ酸がペプチド結合で繋がって出来ているとご紹介しました。

そしてその中の8~9種類のアミノ酸は、体の中で合成することが出来ず、体外から摂取する必要がある必須アミノ酸であると説明しました。

今回はその必須アミノ酸をみなさんと一緒に覚えてみたいと思います。



自分は記憶するのが苦手で、学生の時は大変だったのを思い出します。
学生時代に覚えたはずの多くの情報は、自分の脳の端に追いやられて、もう出てきてくれそうにありません。
そこで友人が良い覚え方を伝授してくれました。
この覚え方であれば、そう簡単に忘れそうもなさそうです。

バスト フリ イロメ + ヒスチジン

と覚えるそうです。簡単ですね。

それでは1つずつ行きましょう。

:バリン
:スレオニン
:トリプトファン
:フェニルアラニン
:リジン
:イソロイシン
:ロイシン
:メチオニン

そしてヒスチジン

※ヒスチジンは子供の時は体内で作れないので、必須アノミ酸にいれる場合があります。

上記以外のアミノ酸は体内で作ることができますが、一応ご紹介しておきます。

チロシン
アラニン
グリシン
グルタミン
グルタミン酸
システイン
アスパラギン
プロリン
アルギニン
アスバラギン酸
セリン

です。別に覚える必要はありませんが、何となく頭の中に入れておいて下さい。



タンパク質(19ー1)では私たちには、1日にどの程度のタンパク質が必要なのでしょう。

それは体重1kgに対して1g(0.8~1.0グラム)と言われています。

ですから60キロの人は、1日に60グラムのタンパク質を摂取すれば良いことになります。つまり数百グラムもある大きなステーキを食べる必要はないことになります。
不必要なアミノ酸(タンパク質)は、脂肪や炭水化物と異なり、体の中に貯蔵できませんので、排泄しなければなりません。

では余分なタンパク質(アミノ酸)はどうなるのでしょうか。
実は肝臓が働いてアミノ酸を分解して単純な尿素(アンモニア)に変換します。
しかし尿素は毒性があるので、腎臓がそれを排泄しなくてはなりません。
そのために大量の水分を使って血中から尿素を洗い流す必要があります。
つまり大量のタンパク質の代謝は消化系全体に多大な負担をかけ、特に肝臓や腎臓に大きな負担を与えてしまいます。

つまり前回お伝えしたように、「高タンパク質、無炭水化物ダイエット」による体重減少は、体の水分が尿管を通じて大量に出される、つまり排尿過多によるもです。

タンパク質(19ー2)また尿素の排泄がスムーズに行えないと、関節等に尿酸ナトリウムとして蓄積されます。
また大量になると血液が酸性になるため、骨内のカルシウムが取り出されてしまいます。
また排尿時には水分と一緒にカルシウムが排泄され、骨粗鬆症の原因となると言われています。
それは動物性タンパク質にはリンが多く含まれ、血液中はリンとカルシウムは1:1の比率を保つ必要があるため、更に骨内のカルシウムが放出されます。
またリンの量が増えると、カルシウムがリン酸カルシウムとして結合するため、腸管から吸収されずに、便として排泄されてしまいます。

例えば木綿の豆腐にはカルシウム120ミリグラムに対して85ミリグラムのリンガ含まれていますが、とり肉の胸肉には、カルシウム3ミリグラムに対して、リンは210ミリグラムも含まれているのです。

このように動物性タンパク質は体に色々な負担を与えているのです。決して食べるなと言っているのではありません。自分もお肉は大好きですから・・・
しかし食べる量と回数は考慮すべきだと思います。

最近、気が付いたことがあります。
自分も時々「肉を食べたい」という衝動に襲われる時があります。
しかし冷静に考え直してみると、「肉」ではなく、単に“お腹が空いた”ということに気付いたのです。
それは「肉」と思っても、他のものを食べると、それで満足している自分に気付いたのです。

タンパク質(19ー3)10年程前に、朝起きた時に眠いのは“寝不足”だと気付きました。
「そんなことに気付かなかったの?」と笑われると思いますが、それから朝の爽快な目覚めを得られるまで数カ月もかかったのです。
平日は6~7時間寝ていたし、週末はもっと寝ていたから、自分は寝不足だったとは思いもよらなかったのです。
それが爽快な目覚めを体験してからは、「これが普通なんだ」と分かるようになり、朝起きて眠い日の夜は早めに寝るようになりました。

自分の「肉食べたい」もきっと「腹が空いた」なのだと思います。
皆が皆、一緒だとは思いませんが、一度試してみたら如何ですか?
ひょっとしたら、あなたも自分と同じ「お腹が空いた」を「肉食べたい」と勘違いしているかも知れません。




栄養と日常生活#018(仲井DC)

今回から“タンパク質”のお話しをさせて頂きます。
しかし正直言って、少々重い気分でいます。
「タンパク質をどこまで説明できるだろうか?」というのが正直な今の気持ちです。
つまり、自分自身がまだタンパク質の本質をしっかりと掴めていないのです。
しかしタンパク質を避けて通るわけには行きませんから、自分自身の挑戦という意味でも、頑張ってみようと思います。

まずはタンパク質の語源からご紹介します。
古代のギリシャ人はタンパク質を「最も大切な」という意味の「プロト」と呼びました。
そしてこれが“プロテイン(タンパク質)”となったのですが、古代からタンパク質の重要性が理解されていたなんて、何とも驚くべき事です。

実はタンパク質は他の栄養素より、科学的に詳しく解明された物質だと言われています。
ある意味、その通りなのかも知れません。
何故なら、今の最先端科学は“タンパク質学”と呼んでも過言ではないからです。
DNAやRNA、遺伝子もタンパク質と密接な関係を持ちます。
遺伝子からDNAに伝えられた情報は、細胞内の核からリボソームと呼ばれる部分に伝えられ、リボソームに蓄えられた大量のアミノ酸から、体内で必要となるタンパク質が作られるのですから・・・。

タンパク質1自分は3大栄養素の炭水化物を「身体のガソリン」、脂肪を「身体のエネルギー貯蔵と免疫」と呼び、タンパク質を「生命そのもの」と呼んでいます。
理由は少しずつお分かりになると思います。

体の60%前後は水分で形成されています。
しかし20%前後はタンパク質で作られています(固体部分だけでみると75%)。

タンパク質と言われると、皆さんが最初に思い浮かべるのは“お肉”だと思います。
もちろん穀類や野菜、そして果物等にも、ある程度のタンパク質が含まれますが、確かに動物のお肉には、私たち人間の栄養素となるタンパク質が沢山詰まっています。

「タンパク質ダイエット」を聞いたことがあります。
肉類を主に摂取して、炭水化物を食べないのだそうです。
確かに痩せると思いますが、体内の水分が大量に排泄され、その他の理由からも大変危険なのでお止め下さい。
追って詳しく説明します。

ここでアミノ酸を説明をしなくてはなりません。
実は自分たちに必要なタンパク質とは、実はアミノ酸で出来ています。
ではアミノ酸とタンパク質はどう違うのでしょう。

少々難しくなりますが、アミノ酸はアミノ基(-NH2)とカルボシル基(-COOH)を備えた化合物の総称です。
アミノ酸には炭素(C)、水素(H)、酸素(O)に加え、必ず窒素(N)が含まれ、中には硫黄(S)を含むアミノ酸もあります。
そしてアミノ酸同士の結合をペプチド結合と言います。
そして2つ以上のアミノ酸が繋がった状態をペプチドと呼びますが、そのペプチド結合でアミノ酸が40個以上繋がると、始めてタンパク質と呼ばれます。
つまりタンパク質とは、アミノ酸が40個以上ネックレスのように繋がった状態だと想像して下さい。
大きなタンパク質になると、1000個以上のアミノ酸がペプチド結合によって繋がっています。

自然界には500種類ものアミノ酸が見つかっていますが、私たち人間に必要とされるアミノ酸は20種類です。
またそのうち体の中で作れないアミノ酸は8~9種類(子供と大人で多少異なります)あり、これを必須アミノ酸と呼びます。
つまり体内で再生したり産生できない、食べ物から摂取しなければならないアミノ酸が8~9種類あるということです。
これは脂肪の時にご紹介した必須脂肪酸と同じ意味を持ちます。

私たち人間は約60兆の細胞で出来ていますが、それぞれの細胞には、先程ご紹介したリボソームにアミノ酸が、それぞれ80億個ほど含まれると言われています。
1つの細胞の大きさは、おおよそ10~20ミクロン(μ)ですから1ミリの100分の1から50分の1です。
その細胞に80億個のアミノ酸が含まれるのですから、凄い量だと分かります。

そして体は食べ物として摂取したタンパク質を胃や腸から分泌する消化酵素によって、タンパク質やペプチドとしてではなく、わざわざ個々のアミノ酸にまで分解して始めて体内に吸収します。

何故タンパク質やペプチドではなく、わざわざ1個のアミノ酸まで分解して吸収するのでしょう?
それは体内でのタンパク質の働きをご紹介すれば納得が行くと思います。

体内で生産されたタンパク質(またはペプチド)は、生命活動を補う栄養素、筋肉の収縮、呼吸や代謝を補う酵素、免疫の抗体、骨や筋肉や皮膚の構造も、髪の毛や爪もタンパク質、ホルモンやヘモグロビン等々もタンパク質で作られているのです。
「生命そのもの」と呼ぶ由縁です。

タンパク質2このタンパク質は全て20種類のアミノ酸が配列を複雑に変えて作られているのです。
つまり1個1個のタンパク質は異なるアミノ酸の配列によって、ホルモンになったり、酵素になったり、筋肉になったりしているのです。
そこに人間とは異なる配列を持った動物や植物のタンパク質が侵入してしまうと大変なことになる可能性があることがお分かりになると思います。
つまり異なる情報が体内に侵入しないように、タンパク質を個々のアミノ酸まで分解する必要があるのです。故に単独のアミノ酸まで分解してから吸収しているのです。

皆さんは「狂牛病」を覚えていますか?
タンパク質3死んだウシを砕いて、生きているウシの餌料として与えた結果、海綿状(スポンジ)脳症になって死んでしまう恐ろしい病気が2000年の始めに広がり、世界中のウシが殺されました。
これは未だに解決していない事件ですが、生きたウシに死んだウシのタンパク質(プリオン)が侵入したからだと推測されています。
しかし前述したように、タンパク質そのものは吸収されません。
原因は今でも解明されていないのです。

タンパク質はいまだに解明されていない部分も沢山あります。|次回は、別の観点からタンパク質を考えてみます。




治療家向け栄養療法セミナー(講師:仲井康二DC)by DoctorsSuggestion.com

『奄美世のごはん#014』

古田朋子:DoctorsSuggestion.com真夏の奄美の海は本当に素晴らしく、一日中でも眺めていたいのですが、太陽が昇りきる少し前から傾き始めるまでは、砂浜はとてつもなく熱くなります。
サンオイルを塗って肌を焼こうなんて、とんでもない行為です。

亜熱帯の太陽の陽射しから身を守るために、植物はたくさんのビタミンや、フィトケミカル(植物栄養素)を創り出します。
なかでも、奄美で採れる果物には、ビタミンCがたっぷり含まれています。
特に、とけいそうとばんしろは、ビタミンCの含有率が高く、他の抗酸化物質もたくさん含んでいます。

島の畑にはとけいそう(パッション:↓)。庭木に、ばんしろ(グアバ)やパパイア、家の裏にはバナナが生っていたり・・・。

パッション(時計草)の青い実 パッション(時計草)の花

ニガウリそうですね、関東でいうなら庭先に柿が生っているような感覚でしょうか。

最近は、全国区になった緑のカーテンのにがうりも、ビタミンCの宝庫です。

 

 

 

 

パパイアの実パパイア(←)やパイナップルには、酵素も豊富に含まれています。
たんぱく質を分解してくれる酵素で、料理にも活用されます。

たとえば酢豚に入れるパイナップルは、豚肉を軟らかくするためのものです。
もちろん、加熱しますから、お腹の中に入ってからの酵素活性は期待できません。

パパイアは、熟したものもおいしいのですが、奄美では青いうちに野菜として調理することも一般的です。
生のまま漬け物にしたり、和え物にしたり。
生のままだと、酵素の働きが活発だからでしょうか、食べ過ぎないようにと言われます。

大根は、糖質を分解してくれる酵素を含む食材の代表格。
大根をおろしたものをお餅にからめて食べたことありますよね。
大根に含まれる酵素が、お餅の糖質の分解を助けてくれるので、胃もたれしないのです。

酵素が発見されるずっと前から、伝え行われてきたことです。
私たちの祖先が自ら感じとって、そして選んで来たことです。

 

酵素は、アミノ酸がつながって出来たたんぱく質ですから、加熱すると変性します。
また、腸の中で消化されて、アミノ酸に分解されてしまいます。
酵素の分子構造はとても大きいので、そのままの形で吸収されることはありませんし、腸壁や皮膚から血中やリンパ流に入ることはありません。

コラーゲンもアミノ酸がつながって出来たたんぱく質の仲間です。
私たちの身体の中で、3種類のアミノ酸を組み合わせて作られます。
身体の中でコラーゲンを作る時に、遺伝子情報を書き写すのですが、その時に材料のアミノ酸を少し作り変えます。
作り変えたアミノ酸でコラーゲンを合成するのです。
残念ながら、この作り変えてコラーゲンとなったアミノ酸は、分解してもコラーゲンの材料にはなりません。

ややこしいですね。

つまり、新たにコラーゲンを作る時は、アミノ酸を少し作り変えるという工程を経ないとならないのです。
すでにコラーゲンに含まれる、作り変えられてしまったアミノ酸は、その工程を通過してしまっているので、コラーゲンの材料にはならないのです。
ですから、コラーゲンを食べたり飲んだりしても、そのほとんどはコラーゲン合成には使われないというわけです。

コラーゲンは身体を支える支柱のような働きをします。
骨の強さも、肌の弾力も、コラーゲンのおかげです。
身体が必要とする、充分な量のコラーゲンを作り、補うには、材料となるアミノ酸をバランスよく摂取することです。
コラーゲンの合成に必要なアミノ酸は、リジン、グリシン、プロリン。
中でも、リジンは食べ物から取り入れないとならない必須アミノ酸です。

小麦はこの必須アミノ酸のリジンが少ないので、パスタやパンを主食にすると、豆類のたんぱく質では補いきれません。
ですから動物性のたんぱく質の摂取が必要となりますが、できれば、デメリットの多い肉や肉加工品ではなく、添加物の少ない卵や、汚染されていない魚介をおすすめします。

お米のリジン不足は比較的に少なく、豆類や大豆製品で充分に補うことができます。
そうです、ごはんとみそ汁です。

 

コラーゲンを合成するには、アミノ酸の他にビタミンCが不可欠です。
海の恵みのたんぱく質と、果物や野菜のビタミンCは、奄美世の人々の健康の礎。

私たちは今生に、身体を持って生まれてきました。
たったひとつの身体です。
宇宙のどこを探しても、その身体ひとつっきりです。
心がおだやかでいられる身体、魂のいごこちがいい身体。
それを感じとることができるのは、自分自身だけ。

 

奄美の海の日没の瞬間海水浴は朝のうちか、午後の少し陽が傾く前から夕方がベスト。

海に沈んでいく夕陽もきれいですが、島に入っていく夕陽を、海の中から見るのもまた、いいですよ。