奄美世のごはん#049:基本の7(糖質制限食)

立秋を過ぎると日暮れに涼しい風が吹きます。
空にはうろこ雲が広がります。
夏のくだものと、秋のくだものが出逢います。

炭水化物の最後に、触れておきたいのが糖質制限食です。

糖質制限食は、糖尿病の食事療法です。
内科医の江部洋一郎さんが実践指導し、顕著な成果を挙げたものです。
糖尿病の患者さんや糖尿病予備軍の方を対象としています。
糖質を食べ過ぎてしまって急上昇した血糖値に対処するために働き過ぎて疲れきってしまった膵臓を、糖質の摂取を制限することで、休ませて回復させようとする食事方法です。

輸入果物|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)複雑な計算法などを必要としません。
特別な食材を利用するわけでもありません。
比較的に実践しやすい食事方法です。
基本は、糖質を多く含む食品の摂取を控えていくという、シンプルなものです。

主食を抜く食事法が向かない方もいらっしゃいますが、考え方の基本には、糖尿病ではない方にもメリットがたくさんある食事方法だと思います。

しかしこのところ気になっているのは、都合のよいところばかりをつまみ取った“なんちゃって糖質制限食”です。

ケーキ|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)例えば、20代の女性です。
「主食を抜けば、あとは好きな物を食べていいんです」というフレーズを掲げた彼女。
食事の時のごはん(お米)やパスタ、パン、などは一切制限しているのですが、午後のおやつの定番は洋菓子とカフェオレです。

彼女の中では、クリームたっぷりの洋菓子もミルクと甘味料たっぷりのカフェオレも、糖質の多い食品ではなく、たんぱく質の多い制限しなくてもよい食品として分類されていたのです。

「だって先生、和菓子やおせんべいの材料はお米でしょ。糖質の塊りなんですよ」と。

 

糖質オフアルコール|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)主食を食べない代わりに、から揚げばっかり食べている男性もいらっしゃいました。

「肉類のなかで、鶏肉は糖質が最も少ない」のだからだそうです。
野菜の摂取は極々少量、夜は糖質オフの発泡酒です。

 

 

 

 

菓子パン|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)江部さんの糖質制限食では、朝夕は主食(でんぷん)を避け、昼食の時のみ主食を食べます。
その時選ぶのはGIの低い玄米や日本そば、全粒粉のパンやパスタを好ましいとしています。
砂糖は一切不可です。
メープルシロップや黒砂糖も同じです。
野菜・海藻は3食ともに摂取します。
スポーツドリンクを含む清涼飲料水と牛乳は控えなければならない飲み物です。
レトルトや缶詰などの保存食品なども、原材料に糖質が使用されているものは控えます。
調味料も材料を確認し、糖質が多く使用されているものは、控えます。
間食で食べていい食品はナッツとチーズや干物。
旬の果物|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)時々なら、少量の生の果物。
お菓子を口にするのは基本的に不可。

本家が出版したと思われる書籍には、「糖質制限食」の考え方や実践法、また、注意しなければならないことや、この食事法が勧められない場合などもしっかりと説明してあります。
手元にある本は、どれも活字がメインで200ページを越えます。

しかし、江部さんの「糖質制限食」とは異なる内容のものや、簡略した内容の本もたくさん出版されています。
雑誌などの特集では、数ページにしか満たないものがほとんどです。
見出しには、思わず手に取ってみたくなるようなキャッチコピーが使われています。
これでは、自分に都合のいい文言だけをピックアップした“なんちゃって糖質制限”がはびこるのも、仕方ないのかもしれません。

 

今週は「なんちゃって糖質制限」をして、次の週は「なんちゃってベジタリアン」・・・・。

 

何を食べるかを決めるのは自分自身です。

健康的ではない生活を送る罪悪感を、なんちゃって健康法で埋めていませんか?
ストレスを食べることで埋めあわせた罪悪感を、なんちゃって食事制限でごまかしていませんか?

必要なものを食べていますか?
必要なだけ食べていますか?

About 古田 朋子

1964年奄美生まれ。Holistic Nutrition(米国)学士・修士。創価大学(通信教育部)卒業。
PAAC(パシフィックアジアカイロプラクティック協会)付属ユニバーサルカイロプラクティックカレッジ卒業。
在学中よりセサミ・カイロプラクティックに勤務する。
PAAC認定・MCC(メディカルカイロプラクティックカレッジ)認定・米国SORS(Sacro Occipital Reserch Society International)認定のカイロプラクター。ハンズプラクティスカレッジ栄養学/婦人科学講師。
数多くのカイロプラクティック関連の訳本を手掛け、自らも業界専門誌「セサモイド・カイロプラクティック・ジャーナル」の編集に携わる。