奄美世のごはん#042:基本の1

奄美のヤマにも、春を告げる花が咲き始めました。
春がそこまで来ています。

仲井DC(ドクターオブカイロプラクティック)が、栄養素の解説をひとめぐりしたようですので、今度はあまんゆ風に、のんびりとこまごまと、栄養素をひも解いていきたいと思います。

 

私たちが、生きていくためのエネルギーの源となる栄養素は3つ。

脂肪 炭水化物 たんぱく質

この3つを3大栄養素といいます。

ヒカンザクラ|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)エネルギーをつくるだけではありません。
身体を作る材料にもなりますし、神経情報を伝達したり、ホルモンバランスに関与したり、いろいろな働きを持っています。
どれも生命に不可欠な多量栄養素です。

この3つに、体内の化学変化にとても重要なビタミンとミネラルを加えると、5大栄養素となります。
ビタミンもミネラルも、そのほとんどが私たちの身体に不可欠な栄養素です。

 

食物繊維は炭水化物に含まれています。
その昔、食物繊維は消化できない成分で、私たちの身体には不必要なものだと考えられていました。
ところが、食物繊維の持つさまざまな働きが解ってきたので、最近は炭水化物をきちんと、糖質と食物繊維に区別して表現することも増えてきました。
ですから、食物繊維をひとつとカウントすると、6大栄養素となります。

 

サイヨウシャジン|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)フィトケミカルは、植物に含まれる化学物質で、私たちの身体の調子を整えたり、機能の補助をするなど、さまざまな働きを持つ栄養素です。
6大栄養素に、次々と発見されるフィトケミカルを足すと、7大栄養素となります。

 

そして、8つめが水です。
まず炭水化物といきましょう。

私たちは、生命維持や活動に必要なエネルギーをつくる時、摂取した炭水化物中の糖質を、血液を介して身体のあちらこちらの組織に運び、細胞のエネルギー源として利用します。
身体の組織は、糖を優先的にエネルギー源として利用します。
血液中の糖が足りなくなると、肝臓が貯蓄していた貯蓄型の糖をもとの形に戻して、血液中に放出して、他の身体の組織に糖を提供します。

アリモリソウ|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)貯蓄していた糖も足りなくなると、肝臓はたんぱく質を分解して糖をつくることで、他の組織に糖の供給を始めます。
身体は同時に脂肪もエネルギー源として使い始めますが、脂肪を燃やす過程には糖が必要となります。

また、脂肪をエネルギー源として代謝できない組織もあります。
その組織の細胞は、やはり糖質によるエネルギー産生が必要ですから、万が一にでも糖質の供給がストップしてしまったら、生命維持のエネルギー産生ができなくなってしまい、その細胞は死んでしまいます。
私たちの身体はさまざまな仕組みを駆使して、増やしたり減らしたり、血液中の糖の量を一定に保とうとするのです。

 

 

エゴノキ|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)糖質が必要以上にある時、私たちの身体は糖を貯蓄タイプの形に変えて貯蓄します。
貯蓄の場所は肝臓と筋肉です。
肝臓は血液中の糖が足りなくなると、他の組織のために、貯蓄した糖をもとの形に戻して血液中に放出します。
筋肉は貯蓄タイプの糖の形をもとに戻す酵素をもたないので、血液中には放出できず、筋肉から他の組織への糖の供給はできません。
筋肉に貯蓄された糖は、その筋肉でエネルギー源として使用されます。

 

ヘツカリンドウ|奄美世のごはん by 古田朋子(Doctors' Suggestion)さて“光合成”覚えてますか?
植物は、お陽さまの光を浴びて光合成を行います。
そうです、思い出していただけたでしょか?

炭水化物は、植物が葉緑素で水と二酸化炭素から光のエネルギーを利用して創り出します。
植物がみずからのエネルギー源や構成成分としてつくり出した炭水化物を、私たちは分けてもらっているのです。

 

 

 

陽の恵み 土の恵み

自然の恵みを 大切にいただく

感謝して いただく

About 古田 朋子

1964年奄美生まれ。Holistic Nutrition(米国)学士・修士。創価大学(通信教育部)卒業。
PAAC(パシフィックアジアカイロプラクティック協会)付属ユニバーサルカイロプラクティックカレッジ卒業。
在学中よりセサミ・カイロプラクティックに勤務する。
PAAC認定・MCC(メディカルカイロプラクティックカレッジ)認定・米国SORS(Sacro Occipital Reserch Society International)認定のカイロプラクター。ハンズプラクティスカレッジ栄養学/婦人科学講師。
数多くのカイロプラクティック関連の訳本を手掛け、自らも業界専門誌「セサモイド・カイロプラクティック・ジャーナル」の編集に携わる。