奄美世のごはん#037:思春期と貧血

思春期の成長は、身体のサイズが大きくなるだけではありません。
成人へ向けて、機能の変更や成熟、完成を目指します。

特別に何もしていなくても、入れ替えや作り変えで、いままで以上にたくさんの栄養素が必要になります。

この時期の心や身体の成長は、男女差も個人差も大きく、また週替わり日替わりと、本人も目が回るほど変化します。

自己の欲求や人間関係もだんだんと複雑になって、思うようにいかず、落ち込んだり、焦ったりすることも増えるでしょう。

時々いっしょに、振り返ってみてあげて下さい。
ここ一週間の生活や、数日の食べ物を。

 

笑顔 by 奄美世のごはん(古田朋子)| DoctorsSuggestion.com貧血や栄養の過不足も、精神的に不安定な状態を引き起こします。
これに身体の不調や疲れが加わると、いらいらが増して、ひどい時には、暴力的な言動にもつながります。

 

反抗期のせいでしょうか?
夜更かしのせいでしょうか?

 

足りない栄養素は、摂らければなりません。
摂り過ぎているものは、控えなければなりません。
休む必要がある疲れは、休まなければなりません。

ドリンク剤やカフェイン飲料でその場をしのいでも、身体にムチを入れるだけで、疲労が回復するわけではありません。

 

笑顔 by 奄美世のごはん(古田朋子)| DoctorsSuggestion.comまた、外食やコンビニ食が増えるのもこの年頃です。

スタイルが気になる女の子が、友達と一緒にとんちんかんなダイエットや健康法を始めてしまうこともありますよね。

特に暑くなると、短期間で痩せるべく過剰な減量が流行ります。

 

世の中に、これだけ食べていれば大丈夫という食べ物はありません。
これを食べれば痩せるという食べ物もありません。

これさえ食べなければ大丈夫という食も、アンバランスの要因の一つです。

笑顔 by 奄美世のごはん(古田朋子)| DoctorsSuggestion.com食が偏っていると、身体は必須な栄養素を満たそうとしますから、食欲があふれてきます。

食べても食べてもお腹が空くのは、もしかしたら必要な栄養素が満たされていないのかもしれません。

 

 

なにかのテキストに、たくさんのハグが、甘い物への過剰な執着を抑えるとありました。

 

心は満たされていますか?

身体は満たされていますか?

足りないものはなんでしょう?

 

笑顔 by 奄美世のごはん(古田朋子)| DoctorsSuggestion.com半分は大人、だけどまだまだ子ども。

周りの大人が、よく見極めてあげたいものです。

 

 

 

 

満たされていると、笑みがうまれる。

 

ゆっくりと、しっかりと、付き合ってあげたいものです。

笑顔 by 奄美世のごはん(古田朋子)| DoctorsSuggestion.com

About 古田 朋子

1964年奄美生まれ。Holistic Nutrition(米国)学士・修士。創価大学(通信教育部)卒業。
PAAC(パシフィックアジアカイロプラクティック協会)付属ユニバーサルカイロプラクティックカレッジ卒業。
在学中よりセサミ・カイロプラクティックに勤務する。
PAAC認定・MCC(メディカルカイロプラクティックカレッジ)認定・米国SORS(Sacro Occipital Reserch Society International)認定のカイロプラクター。ハンズプラクティスカレッジ栄養学/婦人科学講師。
数多くのカイロプラクティック関連の訳本を手掛け、自らも業界専門誌「セサモイド・カイロプラクティック・ジャーナル」の編集に携わる。