栄養と日常生活#037(仲井DC):ビタミンE

今回はビタミンEのお話しです。

ビタミンEはサプリメントの中では余り人気が無いような気がしますが、実はとても大切なビタミンです。

脂溶性のビタミンの一つで、同じ脂溶性であるビタミンAやDの大量摂取は危険が伴うと指摘されている中、ビタミンEの大量摂取による危険性は少ないと言われています。

1日の必要摂取量は成人男性で7~8mg、成人女性は6~7mgです。

 

自然界に多く普遍的に存在するトコフェロール(ビタミンE)は、植物、藻類などの光合成生物によって合成されるため、余り不足することがないように思えてしまうのかも知れません。
しかし、ビタミンCなどと同様に、強力な抗酸化剤として働くビタミンEは、フリーラジカルによる病理、心臓病、ガン、老化も防いでくれる大変貴重な存在です。
また心臓病が多発すると指摘されている血液型がA型(表現型)の人には不可欠なビタミン剤になるのかも知れません。

一般的にビタミンEの不足は、赤血球の破壊、筋肉の退行変性、ある種の貧血、生殖器機能障害、不妊症、脳軟化症の原因にもなると報告されています。

ジェフリー・ブランド博士の20日間で若返る自分もビタミンEを軽視していた時期がありましたが、10年以上も前になりますが、ジェフリー・ブランド博士の「20日間で若返る植物栄養素」(ダイアモンド社)を読み目が覚めました。
博士は植物に含まれるファイト・ニュートリエントに注目し、多くの植物に含まれるビタミンの重要性を説き、ビタミンEの重要性を説明しています。

 

ビタミンEは大豆、オリーブオイル、ホウレン草、ナッツ類、青魚、いくら、たらこに多く含まれています。
ビタミンEは肝臓、脂肪組織、心臓、筋肉、睾丸、子宮、血液、副腎、脳下垂体に多く貯蔵されていることを考えても、どれだけ身体に必要か分かります。
特に血液に対して重要な役割を果たしていることが判明しており、赤血球の細胞膜を守り、血小板粘着性を低下させ、コレステロール値を下げることも報告されています。

ビタミンEは、水溶性であるビタミンBやCと同じように、体内に比較的短時間しか貯えられないという指摘もあります。
摂取量の60~70%は便として排泄されてしまうそうです。

まだまだ不明な点が多いビタミンEでしたが、新たな情報が得られましたら、またご報告いたします。