奄美世のごはん#034:前更年期と貧血

もうしばらく“貧血”にお付き合いください。

更年期は、男性にも女性にも訪れます。
病気ではなく、思春期と同じように、身体のホルモンバランスが変化する時期のことです。

男性の場合は、女性よりも変化がゆるやかなので、適応しやすいそうです。

女性の場合は思春期ほど急激ではないのですが、閉経に向けてホルモンバランスが乱れ始め、個人差はありますが、30才を過ぎた頃から身体の変化を感じ始めます。

飲み過ぎてもいないお酒が、翌朝まで残っていたり、疲労回復に時間がかかったり。
いくら寝ても寝足りない、かと思うと眠れなかったり。
活字の見難さや、白髪に気がつき始めるのも同じ頃ですね。

消化吸収の機能も、少しずつ低下していきます。

山桜徳仁|奄美世のごはん(by 古田朋子 DoctorsSuggestion.com)月経時の出血を補うために、鉄や亜鉛、鉄や亜鉛の吸収に必要なビタミンC、葉酸を含むビタミンB群、カロチン、たんぱく質などを、いままで以上に意識して食事に取り入れましょう。

食べ物の中のミネラルやビタミンの吸収には、唾液や消化液が必要です。
そのためには、食べ物をしっかり噛むことです。
噛むという行為は、唾液の分泌を盛んにして、胃腸の動きを促してくれます。
歯や歯肉に問題があると、柔らかい食べ物に偏りやすく、特に、食物繊維をたくさん含む野菜や果物、豆類を敬遠しがちになり、噛む行為がどんどん減っていくと同時に、ビタミン・ミネラルの摂取も不足します。

ご飯(米食)にくらべて、麺類やパン食も、ビタミン・ミネラルや食物繊維の摂取不足になりがちです。
噛む力に合わせて調理法を工夫して、食べる物の偏りを防ぎましょう。

よく噛むためには、食べることに集中することも大事です。
親しい友人と、おしゃべりしながら楽しむ食事は別として、ながら食べはやめましょう。
テレビやパソコンは消して、食べ物に向き合いましょう。

桜の葉徳仁|奄美世のごはん(by 古田朋子 DoctorsSuggestion.com)消化吸収した栄養素を使って造血を促すには、しっかりと身体を休めることも必要です。
成長ホルモンの分泌が行われる時間帯に、深い睡眠期に入るには、せめて11時には消灯しましょう。

前更年期の女性は、仕事、子育て、趣味と、とても忙しく、またそれが面白く充実している時期でもあります。

そして多くが、自分自身にとても無頓着です。

更年期の過剰なつらい症状は、環境やライフスタイル、貧しい食事によっても作り出されます。

ゆるやかに変化していく準備をするこの時期にこそ、自分自身を大事にしましょう。

本当に必要としているものは何なのか、冷静に自分自身を感じてみましょう。

ホルモンバランスは、必ず落ち着いていき、低レベルでの安定にいたります。

 

桜は花の時期を終えると、緑の葉を広げます。
そして、緑の葉が陽の光を集め、実と種子が育ちます。

山桜の葉徳仁|奄美世のごはん(by 古田朋子 DoctorsSuggestion.com)

About 古田 朋子

1964年奄美生まれ。Holistic Nutrition(米国)学士・修士。創価大学(通信教育部)卒業。
PAAC(パシフィックアジアカイロプラクティック協会)付属ユニバーサルカイロプラクティックカレッジ卒業。
在学中よりセサミ・カイロプラクティックに勤務する。
PAAC認定・MCC(メディカルカイロプラクティックカレッジ)認定・米国SORS(Sacro Occipital Reserch Society International)認定のカイロプラクター。ハンズプラクティスカレッジ栄養学/婦人科学講師。
数多くのカイロプラクティック関連の訳本を手掛け、自らも業界専門誌「セサモイド・カイロプラクティック・ジャーナル」の編集に携わる。