9月19日 中秋の名月/にんにく

今日は「中秋の名月」。
中秋の名月は、旧暦の8月15日に当たるこの日に見られる月のことを指し、日本では供え物をしてIMG_0886月見を楽しむ習慣があるようです。
日本では9世紀末ごろからこの日の月を愛でる習慣が始まったようで、月見の供え物としては、月見団子やススキが有名です。

今年の中秋の名月は、2011年、2012年に続き満月だそうですが、毎年必ず満月というわけではなく、次に中秋の名月で満月が見られるのは2021年になるそうです。

…8年後はなにしてるかな~?

 

今回は「にんにく」についてです。

年中出回っていますが、新物が出回るのは5~9月だそうです。

IMG_0874にんにくは、玉ねぎの仲間で、独特の香りから世界各地で重要な香辛料として使われていますが、特にアジアで多く栽培されています。
独特な香りは玉ねぎと同様、硫化アリルによるもので、殺菌作用があり、風邪の予防にも効果的!

 

 

また、にんにくに含まれる「亜鉛」と「アリチアミン」には、精神を安定させ、不眠やストレスなどを緩和させる効果も。
この鎮静効果や、血行をよくする様々な効果が相乗し、特に安眠に大きく作用して、不眠解消と疲労回復を促進させる大きな効果があるとされています。

その他、にんにくに含まれる「アリシン」は血中のコレステロール値を下げ、血行を促進、細胞の新陳代謝や老化防止する作用があります。

普通は香辛料として使われます。
においがきついので、なかなかそのまま食べることは多くありません。
ところが最近、あるお店で「サラダにんにく」として売られているのを見つけました(゜▽゜)

とても食べやすく美味しくいただきました☆

朝晩肌寒く感じるようになり、日中との気温差があるため、体調を崩されている人も多いようですので、にんにくオススメです!!