山の恵み「こごみ」

5月になり、ようやく春らしい陽気。しかし、まだ朝晩は冷えるため、気温差が大きく体調を崩している方も少なくないようです。みなさんはお元気にお過ごしでしょうか?

 

春山の代表的な山菜「こごみ」若い葉の先の巻いた姿が前かがみに「こごんだ」ように見えることからこのように呼ばれているよう(標準名は「クサソテツ」)です。

仙台での一人暮らしではまず食卓にのぼりませんが、ここ最近連休で山形に帰ったりしていたので、たくさんの山菜をいただいてきました。山形いいとこ~(*^^)

 

IMG_3753

「こごみ」には豊富な不溶性食物繊維がたくさん含まれており、腸の動きを活発にさせる働きがあるとともに、身体に有害な物質を吸着し、一緒に便として排出する働きもあります。整腸作用!!

見た目通り鮮やかなグリーンにはβカロテンが豊富で、活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防や皮膚・粘膜の細胞を正常に働かせ、免疫力を高める効果があります。また、抗酸化作用の強いビタミンEやカルシウムを骨に定着させる働きがあるビタミンKも豊富に含まれています。

 

こんなにも栄養豊富な「こごみ」。見間違うことのない山菜なので初心者、老若男女問わずに採取される愛される山菜となっています。収穫できるのは、関西や本州中央あたりの平地では4月からゴールデンウイーク前後あたりとなっていますが、東北や高冷地では5月上旬から6月中旬あたりまでが旬の時期だそうですので、山に山菜とりにいかれてみるのもよいかと思います。

 

先日は、ゴマ和えにしていただきました。

IMG_6182

親戚のお家にお邪魔したときに出していただいたこごみの天ぷらも美味でした♪(^^)