竹の旬と書いて『筍(たけのこ)』

先日、母から筍料理の差し入れが届きました!

竹の旬と書いて『筍(たけのこ)』。タケノコは成長が速く、約10日間(一旬)で、竹に成長することが由来となっているようです。たけのこは「古事記」に登場していることから、日本では古くから食べられていたようですが、現在一般的に食べられている孟宗竹(もうそうちく)という種類が日本に入ってきたのは江戸時代のこと。現在、食用として食べられているのは、孟宗竹、淡竹(はちく)、真竹(まだけ)などの種類です。

IMG_0326筍ごはんと筍の煮物。筍料理はどれも大好きです(^ω^)なんといっても歯ごたえがいいですよね☆

たけのこには、便秘予防に効果的な食物繊維と、過剰塩分の排泄作用で高血圧の予防に役立つカリウムが多く含まれています。

今年は例年と比べると少し安いみたいです。(…母がそんなこと言っていました。)

なので実家ではもう何度か食卓に筍料理が並んだみたい。筍大好きな父にとっては幸せな季節のようです♪

筍はアク抜きなど下ごしらえが面倒ですが、今の季節しか食べれないモウソウタケ。

ぜひみなさんも召し上がって春を感じてください!(^^)