栄養と日常生活#011 (仲井DC)

前回(こちら)は、炭水化物を誤った形(精製された炭水化物)で摂取すると、恐ろしい結果を招きますよとご紹介しました。
また「膵臓から分泌されるインスリンと、脳との壮絶な戦い」についてご紹介しましたが、今回は多くの人が悩んでいるダイエットに関わる話しです。

精製された炭水化物は、血糖値を急速に上げてしまうと説明しました。
それだけでも大問題ですが、精製された炭水化物には、もう一つ重大な問題が隠されています。

今まで何度も炭水化物はガソリンだと強調してきました。それは揺るぎない事実です。
しかしガソリンをエネルギーにするには、ガソリンに点火する必要があります。

そうなんです。
炭水化物が体内に吸収されて、ブドウ糖をエネルギーにするためには、細胞内にあるミトコンドリアという器官で、前準備をする必要があります。
この過程を専門的にクエン酸サイクルと呼びます。

クエン酸サイクル(図1) | DoctorsSuggestion.com(健生)図1(左図)にあるように数多くの段階を経て、エネルギーになる準備が行われています。

それぞれの段階の名前を覚える必要はありませんが、多くの生化学的な過程を経て産生されたエネルギーは 、ATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれる蓄電器に蓄えられます。
そして最終的にエネルギーを必要とする細胞にATP が送られます。
図1のサイクル一周で38個のATPが作られます。
1つのATPには8カロリーのエネルギーが蓄えられています。
ATPは体内のエネルギーを必要とする細胞に運び込まれ、そこで初めてエネルギーに転化されます。
メデタシ、メデタシのハッピー・エンドとなり、私たちの細胞はエネルギー満たんとなり、元気一杯に活動できるように成ります。
エネルギー満喫で疲れることなく動き回れば、当然ながらエネルギーが消費され、代謝がさかんに行われますから、皆さんはダイエットに成功します。
更に元気になって有酸素系の運動(歩行やエアロビック)をすれば、脂肪も燃焼されますから、一石二鳥でダイエットできます。

つまりミトコンドリアで大量のATPが生産し、必要とする細胞にどんどんエネルギーを送り込めば、それだけ代謝が進んで、ダイエットすることになります。
すると、ブドウ糖の原料である糖分を大量に摂取すればする程、元気になれて、しかも減量できることになる!

本当?

ちょっと待って下さい。
皆さんは大量の糖分摂取が体重を増加させる原因と考えていませんか?
甘いものを食べると太るというのが、私達の持つ一”般常識”ですよね。

そこで種明かしです。
太るのには大きく2つの原因があります。

第1の原因は、炭水化物が正しい形で摂取できないと、クエン酸サイクルが正しく作動できずにATPが生産できず、ブドウ糖がサイクルの途中で脂肪に転換され、脂肪細胞に蓄積されてしまいます。
当然エネルギーは生産されませんから、体は活発に動くこともできませんし、力も沸きません。
そこであなたは疲れ果て、体を使おうとせずに休みます(運動不足)。
結果として脂肪が大量に蓄積されて太るわけです。

第2の原因は、多くの甘いものには脂肪が大量に含まれます。
しかもケーキなどの菓子類には、エネルギーに転換できないトランス型脂肪酸が使われています。
脂肪は脂肪細胞に蓄積され、結果として太ります。

ここで問題になるのは、第1の原因となった、クエン酸サイクルで、なぜサイクルが正しく作動しなかったのかです。

クエン酸サイクル(図2) | DoctorsSuggestion.com(健生)そこで図2(右図)をご参照下さい。
クエン酸サイクルの周りに沢山の B~がありますね。
パントテン酸やビオチンもあります。
実はこれは全てビタミンB群なのです(アミノ酸もありますが、これはタンパク質の時に詳しく説明します)。

つまりクエン酸サイクルが正しく作動するには、充分なビタミンB群が必要になるのです。

しかし問題なのは、精製された炭水化物からは、ビタミンB群が取り除かれてしまっていることです。
ですから、当然ながらクエン酸サイクルは正しく作動しません。

精製していないお米にはビタミンB群が豊富に含まれていますが、その多くは胚芽の部分です。そして玄米の糖層には多くのミネラルや食物繊維が含まれています。

こう考えて下さい。
皆さんは白米を蒔いて稲が育つと思いますか?
胚芽米を蒔いて、稲が育つと思いますか?
お米が育つには、生育するために必要なものが備わっていなければ、発芽することはできません。
つまり白米の状態は、不完全な食べ物と考えることが出来ます。
白米の状態では、ミトコンドリアの中ではATPを生産できませんから、体はブドウ糖を脂肪に変えて蓄積してしまいます。

何故、体はブドウ糖をわざわざ脂肪に転換するのでしょう?
理由は簡単です。
前回と同じ結論に達します。
我々人間は、ほんの100年前までは“飢餓”の時代に生きていました。
その日暮らしをしていたのですから、いつ再び食べられるか分からないので、体内に脂肪というエネルギー源として蓄える必要があったのです。

100年で今の食生活に対応できるまで進化するのは無理です。
我々が今のホモサピエンスにまで進化するのに、450万年以上もかかっています。
またホモサピエンスの誕生から現代人間まで進化するのにも20万年以上費やしています

たった100年で、人間の体を、今の食生活に充分に適応させることは到底無理なことでしょう。