栄養と日常生活#009 (仲井DC)

概要や解毒の話しで随分と前置きが長くなりましたが、やっと栄養学の本題に入ります。

今回から六大栄養素を基に、色々とご紹介して行きますが、三大栄養素とも、七大栄養素と表現されるので、誤解しないように少し説明を加えます。

元々は三大栄養素と呼ばれていました。
それは「炭水化物」、「脂肪」、そして「タンパク質」です。
そこに更に3つ「ビタミン」、「ミネラル」、そして「水分」が加わり、六大栄養素と呼ばれるように成りました。
今では炭水化物の一つである「食物繊維」を別の栄養素として考え、七大栄養素とも呼びますが、ここでは食物繊維は炭水化物の仲間として扱うことにします。

この六大栄養素の基本は、体の中では作れない、身体に必要な栄養素と定義されています。
ですが今では体内で多くの栄養素が作れたり、私たちの体内で共存共生しているバクテリアからも作られることが判明しています。
詳細は追って説明して行きます。

まず「炭水化物」の話しから始めます。

炭水化物は体の“エネルギー源”または体の“ガソリン”だと考えて下さい。
つまり自分達が体を動かすためには、炭水化物が必要になります。

そしてその体に必要なガソリンの正体は“糖質(ブドウ糖)”です。
つまり炭水化物とは糖質のことです。
糖質と言うと、頭の中で真っ先に浮かぶのは、お菓子やケーキを想像するかも知れませんが、ここで紹介する糖質(炭水化物)は、米や小麦または芋類などの主食を指します。
主食がエネルギー源であり、体を動かすガソリンなのです。

しかも自分達がガソリンとして必要な糖分は、精製されて透通った黄金色のハイオクのガソリンではなく、精製されていない“原油”だと理解して欲しいのです。

今回強調したいことは、自分達のエネルギーとなる糖質は、決して精製されたものではないということです。
何故なら、自分達は主食を精製して摂取するようになったことで、非常に多くの問題(多くの病気の根元)を引き起こしてしまったからです。

信じられないかも知れませんが、反対に生活の一部を少し修正するだけで、多くの病気から身を守ることができるのです。

どうやって?

簡単なことです。これは当オフィスにいらしている患者さん全員に勧めていることです。

それは;

“白米を胚芽米か玄米に、白砂糖を黒糖かハチ蜜(赤ちゃんはダメ)に、小麦粉は全粒粉に変えましょう!”

©2012 DoctorsSuggestion.com

玄米4

 

ネッ簡単でしょ、これだけで多くの病気を防ぐことができるのですから・・・。

精製された糖質が引き起こす代表的な病気は、今や日本で隠れ族を入れたら2,000万人に達すると言われている“糖尿病”です。

ただ白米を胚芽米や玄米にして、白砂糖を黒砂糖やハチ蜜にして、なるべく小麦粉を使った料理を避けるだけで、不治の病とされる糖尿病から身を守ることが出来るのです(もちろん既に糖尿病と診断されている人も同じですが、糖尿病の人は更に有酸素系の軽い運動も必要です)。

決して“甘いものを食べてはいけない!”と言っているのではありません。
“食べ方を変えて”と勧めているのです。

確かにお年寄り(特に戦争経験者)の多くは、「絶対白米は止めない。私たちは白米を食べることを夢見て頑張ってきた。それをまずい玄米に戻すなんて、絶対にイヤだ!」と言います。

分かります。

でも玄米は炊き方次第で、とっても美味しく食べられますし、慣れてくると、逆に白米は味気がなく、ベタベタして不味く感じるようになります。
玄米の美味しい炊き方は専門家である朋子先生にお任せしますが、本当に美味しいですよ。

次に白砂糖を避けるのは大変です。
外食したらまずアウトです。
また加工食品にも殆ど白砂糖やコーンシュガー(ブドウ糖、米糖、液糖)が入ってます。実は最近、自分が愛飲しているビールにもコーンスターチが入っていることを知り、愕然としてしまいました。

519BG3jeTLL__SL500_AA300_コーンシュガーについては映画「キングコーン」をご観賞下さい。
自分もビデオ屋さんで借りて観ましたが、深く考えさせられる内容でした。

しかし自分次第でなるべく注意していれば、白砂糖はかなり避けることが可能です。
黒砂糖は携帯することも可能です。
絶対ダメ!と考えずに、なるべく避けるというスタンスが重要だと思います。

後は小麦粉ですが、これも外食する人が避けるのは不可能に近いと思います。
皆さんはどこでも売られている食パンにも砂糖やコーンシュガーが入っていることを知っていましたか?

51BYBJSQ6TL__SL500_AA300_そうなんです。
本来のパンは少し苦いのです。
しかも食パンの原料は小麦粉です。
粗食のすすめ”で知られる幕内秀夫さんは著書で、「食パンはお菓子、お菓子を朝から食べる人はいないでしょ」と、とてもわかりやすく説明されています。

こう考えると、自分達の生活は“いらない糖分”で溢れていることが分かります。
自分の体は自分で守る、もちろん家族や友人も守るという気持が大切なのではないでしょうか。

では何故、白米、白砂糖、小麦粉がダメなのでしょうか。
それを次回からゆっくりと説明して行きます。