『奄美世のごはん#002』

奄美世の海には負けてしまうのかもしれませんが、今夏も奄美の海は最高です。
もちろん暑いです。
暑さが続くと、身体は熱を作らないように食欲をおとします。
身体の表面から熱を発散するために、血液が皮膚に集まりますから、お腹の血流が低下することもそれを手伝います。
食べ過ぎて身体に負担をかけないように。
食物繊維を一緒に摂取できる精製度の低い穀物を主食にすることは、食べ過ぎを防ぎ、消化器の働きを助けてくれます。

 

奄美世のご飯#002挿絵1玄米、胚芽米、炊いて食べてみました?
主食を変えただけで、がんこな便秘がすっかり治ったという方がいました。
腹部のスッキリ感が最高だそうです。
肌荒れも徐々に良くなることでしょう。
繰り返しひどい口内炎に悩まされていた方も、一日に2食、玄米をよ〜く噛んで食べるようにしたら、まったく出なくなったということ。
加えて、慢性疲労なども解消したそうです。

 

分搗き米はどうなのかという質問がありました。
もちろん、白米の代わりに取り入れてください。
7分搗きは玄米を3分だけ残して7分精米したもの。
5分搗きは半分だけ精製したものです。
白米から、7分搗き、5分搗き、3分搗きと進めていくのも一つの方法です。
3分搗きはかなり玄米に近い栄養価です。
7分搗きはほぼ抵抗なく食べることができます。
分搗き米は、スーパーのお米売り場に並ぶことはほとんどないので、お米屋さんか精米機のあるスーパーで、好みに合わせて搗いてもらいます。

理想は家庭用の精米機です。
メニューや体調に合わせて玄米を精米します。
お米も生鮮食品ですから、食べる前に精米すると鮮度が落ちるのを防ぐことができます。

 

主食を変えた方を診ている治療家の方は、ご本人はもちろんですが、家族の様子も確認してください。
変更を急ぎ過ぎていないか、ちゃんと噛んでいるか、お腹の具合はどうか、吹き出ものや肌荒れをおこしていないか・・・。
小さいお子さんやお年寄りがいる家庭は、特に気をつけてあげてください。
がんやアトピーの改善のために食事療法を行う場合は、急ぎ過ぎる傾向にあります。
消化能が落ちていると、ひどく疲れたり症状が悪くなる場合もあります。
他の因子も考慮しながら、主食の変更の内容を確認してください。
割り合いを変えたり、浸水を長めにしたり、水を多めに炊くなど、体調に合う良い塩梅を探してください。

 



 

「良く噛んでいるか」は、とても重要です。
習慣になっていないだけの場合もありますが、噛めない原因には、顎関節、頭蓋の動き、脊柱の生理的彎曲などの問題が考えられます。
全身をしっかり診て、スムーズに「噛む」ことができる状態をとり戻してあげましょう。

 

食事の内容だけではなく、食べる姿勢や時間、環境など生活全般も聞き取ります。
大人の場合、食事の時間をとっているか、仕事をしながら食べていないか、食べる時間帯はどうか・・・

子どもは、TVなどを観ながら食べると噛むことを忘れます。
また、何をどれだけ食べているかわからない、感知できない状態になります。
食べ物の消化吸収には、視覚、嗅覚としてのにおいや色合い、そして音、口腔内での味覚受容器の刺激などが、唾液や消化液の分泌、胃や腸の蠕動運動を促します。

奄美世のご飯#002挿絵2「食べる時には食べる」ことに集中するということは、生化学的にも実証できるわけです。
食べ物を口に入れたら、はしを置いて良く噛む。
おじいちゃんおばあちゃんに聞いたことを思い出してください。

※右の写真は我家で愛用している箸置きです。

 

食間に清涼飲料水や牛乳などでカロリーを満たしてしまうことも、大切な食事がおろそかになる原因です。
暑い時期は急増します。

スポーツドリンクを筆頭に、飲むヨーグルト、ビタミンを添加したジュースなどは健康に良いものと誤解されていることが多く、飲み過ぎている方が多いようです。

これらの清涼飲料水に含まれている糖質をスティックシュガーに換算すると、

・スポーツドリンク(500ml)には約7〜9本
・ビタミンC飲料(500ml)には約13本
・飲むヨーグルト(240ml)には約8本
・カルピスウォーター(500ml)には約15本

この糖質は腸管から一気に吸収されて、急激な血糖値の上昇を起こします。
特に子どもの身体は血糖値のバランスをとる能力が成熟していません。
ひどい低血糖や急性の糖尿病、膵炎を起こすこともあります。
夏バテ、暑さまけ、ではなく甘いものの取り過ぎです。
飲み物だけで慢性の糖尿病、高脂血症、脂肪肝、肥満になる可能性ありの数値なのに、さらにアイスクリームやお菓子を食べているとしたら、生活習慣病に突進していくようなものです。

のどの渇きには、水や麦茶、甘くしていない飲み物を。
汗をたくさんかいた時には、粗塩をひとつまみ加えて飲みます。

About 古田 朋子

1964年奄美生まれ。Holistic Nutrition(米国)学士・修士。創価大学(通信教育部)卒業。
PAAC(パシフィックアジアカイロプラクティック協会)付属ユニバーサルカイロプラクティックカレッジ卒業。
在学中よりセサミ・カイロプラクティックに勤務する。
PAAC認定・MCC(メディカルカイロプラクティックカレッジ)認定・米国SORS(Sacro Occipital Reserch Society International)認定のカイロプラクター。ハンズプラクティスカレッジ栄養学/婦人科学講師。
数多くのカイロプラクティック関連の訳本を手掛け、自らも業界専門誌「セサモイド・カイロプラクティック・ジャーナル」の編集に携わる。