Archives for 11月 2015

奄美世のごはん#052:基本の10(油その2)

朔風と一緒に、北から紅い季節がやってきました。

脂肪酸を「食べものから摂らなければならないもの」と「そうでないもの」に分類すると、必須脂肪酸と非必須脂肪酸。
必須脂肪酸はα-リノレン酸とリノール酸。

次は、脂肪酸を分子構造の違いで分類しましょう。

分子構造に「炭素の二重結合が有る脂肪酸」と「無い脂肪酸」です。
無いものが飽和脂肪酸で、有るものが不飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸には、カプリル酸、カプリン酸、ラウリン酸、ミスチリン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、などがあります。

飽和脂肪酸は、肉類や乳製品など動物性の脂肪や、ココナッツ油やヤシ油などの熱帯植物の油脂に多く含まれます。
また、食べものからではなく、私たちの身体の中で生合成することもできる脂肪酸です。

ステーキこの脂肪酸は摂り過ぎると、脳梗塞や動脈硬化が促進されると考えられてきました。
ところが、いろいろな研究データから、飽和脂肪酸の摂取量増加と、脳梗塞や動脈硬化のリスク増加の関連は打ち消されたようです。

しかし、飽和脂肪酸の摂取量を減少させると、虚血性心疾患の罹患率、動脈硬化度やLDLコレステロール値が減少することは、多くの研究で報告されています。

つまり、「飽和脂肪酸の摂取を増やすことが、必ずしも脳梗塞や動脈硬化を増加させるわけではないけれど、飽和脂肪酸の摂取量を減らすことによって、心疾患にかかる確率や動脈硬化の程度やLDLコレステロールの値を下げることが可能性ですよ」ということです。

バターでは減らせば良いのか、というわけでもなく、1日の摂取量が5g未満だと脳出血の罹患率が増加するというデータがあります。
しかしこれも、飽和脂肪酸摂取の減少にともなう、たんぱく質摂取の減少が原因となるとも考えられています。
飽和脂肪酸を制限しても、必要なたんぱく質を摂取していれば、脳出血を予防できる可能性があるというわけです。

飽和脂肪酸の摂取量は、肥満との関連も示唆されています。
これもまた、身体活動量とエネルギー摂取量との関連性が不十分なため、結論づけはまだなされていません。

簡単に言うと、「肥満の原因が飽和脂肪酸の摂り過ぎかもしれないけど、単に運動によるエネルギー消費量以上に、摂取エネルギーが多いだけかもしれなませんよ」ということです。

 

生クリーム糖尿病罹患と飽和脂肪酸の摂取量との間には、正の関連があります。
飽和脂肪酸摂取量が増加すると糖尿病罹患も増加するということです。
これもまた、他の因子の関連を考慮すると打ち消されるのですが、飽和脂肪酸の摂取量とインスリン抵抗性の正の関連は認められています。
「飽和脂肪酸の摂取量の増加により、糖尿病罹患の原因となるインスリン抵抗性が増加する」ということです。

肥満も糖尿病罹患の因子のひとつです。
飽和脂肪酸の摂取増加による肥満の可能性と、飽和脂肪酸の摂取増加によりインスリン抵抗性(肥満とは無関係のインスリン抵抗性)が生じる可能性により、糖尿病の罹患が増加する可能性がある、ということです。

さて、なにがなんだか判らなくなってきましたが、

  • 必要なものを必要なだけ摂るということ。
  • 摂りすぎないということ。
土地の恵 旬の実り かき りんご

柿

栄養と日常生活#053:骨粗鬆層

一般的に知られるようになった“骨粗鬆症(こつそしょうしょう)”。
男性(2割)に比べて女性(8割)に多発し、骨密度が減少して骨に穴が生じてしまう疾患です。
体の殆どの細胞が入れ代るように、骨も代謝を繰り返しており、大体4~6ヶ月サイクルで新しい骨が再生されています。

骨は骨形成(骨芽細胞)と骨吸収(骨破壊細胞)で代謝が繰り返されています。
骨粗鬆症は、骨形成速度よりも、骨吸収速度のほうが優ってしまうために生じます。

日本では高齢女性を中心に、骨粗鬆症は年々増大している傾向があります。
厚生労働省の発表では、自覚症状のない人を含めると、おそらく1,100万人以上に及びます。
先進国であるアメリカでは、自覚症状を訴えている人だけでも、3,000万人に及ぶと言われています53-1

女性ホルモンのバランスの低下が第一の原因だと考えられています。
特に、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのバランス低下が原因であると言われ、更年期以降の女性に多発しています。
60代女性で3人に1人、70代女性では2人に1人の割合であす。

卵巣で生成されるエストロゲンは、閉経後には6割以上減少するとされ、プロゲステロンは8割以上の生成が減少します。
多くの医療機関では骨粗鬆症に対してエストロゲンを投与しています。
しかし、エストロゲンは骨破壊細胞に影響を与えますが、骨芽細胞をサポートするのはプロゲステロンです。

アメリカでは自然の中から抽出した、プロゲステロンと全く同じ分子構造のもの(クリーム状)が販売されています。
イモ類のヤムから採集できるそうで、以前、当オフィスも個人輸入でプロゲステロンを購入して、小出しで患者さんに無料で配ったこともありました。
米粒大の量で大きく反応するので、反対に怖くなり、骨粗鬆症でお悩みの方には、個人輸入で購入できることを伝えるだけにしています。
値段もリーズナブルだったと覚えていますが、自然な形で生産されているものかをよく確認してから、慎重にお選び下さい。

53-2エストロゲンも人工的に合成されたものではなく、自然から摂取することが出来ます。
以前、リウマチ専門の先生に、何故、自然から摂取されたエストロゲンやプロゲステロンを使わないのか聞いてみました。
すると、「厚生労働省が認めた“薬”の方が、安全に決まってるじゃないか」と反論されてしまいました。
副作用がある人工合成された薬より、自然から摂取したものの方が副作用は少ないと思ってしまうのは、自分だけでしょうか。

話しを戻しますが、閉経後は主に副腎皮質が女性ホルモンを作ります(もちろん閉経前も生成しています)。
そして、その原料は肝臓で作られたり、食べものに含まれるコレステロールです。
日本では総コレステロールの上限は220mg/dlですが、最も長生きできる値は230~250mg/dlであることは、多くの研究で証明されています。
また政府も、高齢者は小太りの方が健康を保てると発表しながら、メタボリック症候群が問題だと騒ぎ立て、何か矛盾しているような気もします。
「私の総コレステロール値は100前半なの」と自慢している人がいましたが、総コレステロールが低下してしまうと、ガンになる可能性が高くなることが判明しています。
低体温を気にしない人もいるようですが、体温が35度台の人も癌細胞が増殖しやすいことも確認されています。

また、高脂血症で投与されるスタチン類は、横紋筋融解症を始め、多くの副作用があることも報告されています。
高脂血症による薬を服用している方は、もう一度、主治医の先生とご相談された上で、継続して薬を服用するのかどうかご検討して下さい。
セカンド・オピニオンを選択する方法もあります。
ちなみにヨーロッパでは、高脂血症は総コレステロール値が280mg/dl以上で、血圧が160mmHg以上になって初めて診断が下されています。

また副腎皮質には、ビタミンCが大量に存在しています。
つまりビタミンCの摂取量が減ると、副腎皮質で作られる女性ホルモンの生成に影響すると考えられます。
お肌のツヤや肌荒れ対策も含め、ビタミンCの摂取をお勧めします。

53-3次に、骨粗鬆症になる原因に、“カルシウム不足”が言われています。
体内のカルシウムが低下すると、骨粗鬆症だけでなく、反対に血管内にカルシウムが沈着してしまい、動脈硬化、糖尿病、または高血圧や骨折が多発する、“カルシウム・パラドックス”と呼ばれる疾患が生じます。
体内のカルシウムが不足すると、副甲状腺からホルモンが送られ、骨からのカルシウムが血中に流入して、血管内に沈着してしまうことで動脈硬化が生じ易くなるからです。
カルシウム不足というと、真っ先に思い浮かぶのは、“牛乳”だと思いますが、随分前に牛乳の話しをご紹介しましたが、ネットで検索していたら、ホノルル大学客員教授である久間英一郎 先生が紹介している文章に出会いましたので、全文ではありませんが、ここに引用させて頂きます;

 

“中高年の方の食養相談にのっていて「牛乳」に対する錯覚(牛乳は、飲めば飲むほど健康に良い)がひどく、これは健康上、ゆゆしきことですので今回はこの問題について書きます。
この錯覚はどこから来たのか、戦後のアメリカ占領政策(日本にパン食を定着させてアメリカの小麦を売りたい)に端を発しています。パン食に味噌汁は合いませんので必然的にパンには牛乳ということになります。また、「牛乳は完全食品だから健康によい」と学校給食に取り入れたり、保健所・医師がこぞって勧めるに到ってからは、日本人は「牛乳=カルシウム(完全食品)=骨(健康)」という公式がマインドコントロールされてしまったのです。”

 

牛乳にはカゼインと呼ばれるタンパク質が含まれ、体内に入ると胃や腸の周りに膜を張りますので、カルシウムやビタミンDを吸収することができません。
論文を探してみると、平均して20%前後の吸収度結果が多く、0%と提唱している論文もある程です。
また久間先生の文章をご紹介します;

 

“次に牛乳に含まれる脂肪の質が問題です。牛乳の脂肪は、ほとんどが飽和脂肪酸(コレステロールを増やす)であり、これが動脈硬化、心臓病、脳卒中等の原因になりやすくなります。他にも牛乳は、白内障、糖尿病、鉄欠乏性貧血、視力低下、虫歯(歯並び)、自閉症などと深い関係があることが発表されています。国際自然医学会会長、森下敬一博士は、「牛乳は腸(血)を汚しガンをつくる」といっています。”

 

これではカルシウムどころではありませんね。
また以前ご紹介したように、狩猟民族である血液型がO型の人や、農耕民族であるA型も乳製品は合いません。
ちなみに牛乳を世界一摂取しているノルウェーの骨折率(骨粗鬆症を含む)は、日本の5倍です。
また砂糖や動物性食品も体内のカルシウムを奪うと報告されています。

カルシウムの摂取は、以前にもご紹介しましたが、“硬水”を飲むことをお勧めします。
カルシウムはマグネシウムとの関係がありますが、硬水にはどちらもバランスよく含まれています。
日中にデスクの上に置き、室温でチビチビ飲んでいれば、500mlぐらいは以外に簡単に飲めます。
就寝前はなるべく避けて下さい。
日中が適しています。

次に問題となるのは、“運動不足”です。
しかしスポーツジムに行く必要はありません。
散歩や、散歩より少しだけ早歩きをすれば充分です。
1日に1時間を目標に、何回かに分けて歩いても効果があります。

最後に骨粗鬆症に対する検査方法をご紹介します。
X線検査や超音波が一般的ですが、X線は放射線の被ばくですので、頻繁に行うことはお勧めできません。
もし慢性的な腰痛があるようでしたら、確認のために腰椎のX線検査を一度撮っておくことは否定しません。
一般病院では、踵(かかと)の骨量を測定しているようです。