Archives for 12月 2013

年の瀬/玄米

 

今年も残りわずか。クリスマスも終わり、一気にお正月ムードですね。

忘年会など飲み会などが多い時期ですが、暴飲暴食なんてされてないですよね!?

もし、「あ!」って心当たりのある方には当サイトで取り扱っている「マリアアザミ」をおすすめいたします。マリアアザミは、アルコールから胃や肝臓を守り、悪酔いを防ぎ、二日酔いの回復をサポートしてくれます(^^)

———————————————————————————————

今日は、「玄米」についてお話させていただきます。

玄米とは、もみから、もみがらだけを取り除いたものです。
精白米と違って胚芽やぬかの層がついているので栄養的に非常にすぐれています。

玄米と白米、それぞれ1膳分の栄養を比較すると、

食物繊維はなんっと6倍!これは、ところてん3杯分に相当。たとえはちょっとわかりにくいですが、食物繊維は単に便秘を解消してくれるだけでなく、腸の中の有害物質を排泄するのに役立つため、ガンや生活習慣病の予防効果が期待できます。

ビタミンB群は、4倍から5倍、白米より多く含まれます。ミネラル分も、3倍から5倍。「若返りのビタミン」といわれ、ホルモンの分泌を促して更年期障害を予防するほか、抗酸化作用によって血管の老化を防いだり、血行を良くする働きのあるビタミンEついては、なんと14倍!!だそうです。

玄米は白米に比べ、カロリーは等量ですが、ビタミンB群に加え、カルシウム、リン、鉄などの栄養素が豊富なため、デンプンから有効なエネルギーを引き出すのに役立つそうです。スタミナ増強や持久力の向上、噛みごたえがあり咀嚼回数が増えて満足感が得やすくなるため太りにくいためダイエットに向いている食べ物とされているようです。

 

IMG_4808

▲牛タンつくね丼 ごはんは玄米にしていただきました♡

 

IMG_7297

今年も仙台では光のページェントが大晦日まで開催されております。

皆様、良いお年をお迎えください!

奄美世のごはん#030:貧血その4

ミネラルのひとつ亜鉛は、細胞が分裂して増える際の、重要な働きを担っています。

成長や修復、新陳代謝のために、細胞が分裂して増える時、細胞の核の中の遺伝子も分裂して写し取られ、新しい細胞の数だけ増えます。
この時、十分な亜鉛がないと、遺伝子の分裂と再生が正常に行われません。
細胞分裂の速度が遅くなったり、細胞が正常ではない遺伝子を持つことになります。
遺伝子に異常があるとその細胞は自滅してしまいます。
異常な遺伝情報が他へ広がらないように、自己防衛する機能が備わっているからです。

クルミはよく噛んで(奄美世のごはん by 古田朋子)|DoctorsSuggestion.com生殖子(卵子や精子)の分裂の時にも、亜鉛が無くてはなりません。
特に細胞分裂が盛んな男性の生殖器には、高濃度の亜鉛が存在します。
生殖子の分裂の時に、遺伝子の転写が正確に行われなければ、受精の確率は激減し、受精してもその後の分裂に支障がでる可能性が高くなります。

細胞の再生が遅れたり、せっかく誕生した細胞が自滅してしまうと、その組織に必要な細胞が足りなくなります。
ですので、細胞の入れ代わりが速い部分は、亜鉛不足の影響がすぐに表れます。

するめとリース(奄美世のごはん by 古田朋子)|DoctorsSuggestion.comよく知られているのが味を感じる味覚細胞です。
インスタント食品やファストフードに偏った食生活をしていると、亜鉛を含むミネラルの不足から味覚障害が起こって、さらに濃い味付けをしている加工食品の嗜好へと、悪循環に入り込んでしまいます。

毎日伸びる爪や髪の毛の状態も、亜鉛の不足を反映します。
亜鉛はコラーゲンの生成にも必要なので、肌の調子にも影響します。
抜け毛や爪の曲がり、また傷や肌荒れの治りが遅れたりします。

口の中や胃腸の粘膜の上皮細胞も、1週間ほどで入れ代わります。
ブロッコリーのツリー(奄美世のごはん by 古田朋子)|DoctorsSuggestion.com鉛の不足があると、消化器の表面の再生がスムーズに行われず、消化吸収に問題が起こります。
食べたものをしっかり消化吸収できなくなります。
せっかく鉄分の豊富な食事を摂っていても無駄になってしまいます。

また、消化器の潰瘍や炎症がいつまでも修復されないと、長期間にわたって出血が続くかもしれません。
どちらも貧血を悪化させる原因となります。

ミネラルは、とても複雑な関係を持って、私たちの身体を維持しています。
お刺身(奄美世のごはん by 古田朋子)|DoctorsSuggestion.com鉄と亜鉛と銅も、相乗作用と相殺作用を持っています。
亜鉛だけをサプリメントで補充し続けると、銅の吸収が抑えられてしまいます。
銅は鉄とともに赤血球の形成に働くので、鉄の代謝を邪魔して貧血の原因になる可能性があります。
バランスよく摂取することが大切なのです。

細胞の入れ代わりが速い組織は、バランスを整えておくと、治癒のスピードも速いのです。
いつものお弁当箱のバランスです。

 

お酒の席が増えるこの時期、おつまみには、
良質のたんぱく質と、ビタミン・ミネラルと、必須脂肪酸

するめ 赤身の魚 野菜もしっかり
くるみ ごま チアの種

楽しく送り
楽しく迎える

どうぞよい一年を

チアの花|DoctorsSuggestion.com

サンマ

12月に入り、2013年も残り20日ばかりとなりました。
時が過ぎるのは早いですね(^_^.)
ここ数日、寒さが厳しくなってきて冬らしくなってきた気がします。

今日のテーマのサンマ(秋刀魚)は本来の旬はその名の通り秋ですが、今は一年中、冷凍物が手に入ります。
ちなみに旬のものは尾の付け根の部分が黄色くなっているそうです。

サンマ甘辛煮先日たまたま秋刀魚を購入したので、初めて「さんまのつみれ汁」と「サンマ甘辛煮」を作ってみました(*^^)

 

サンマは、必須アミノ酸を多く含む良質のたんぱく質、IPA、DHAが豊富。
カルシウム、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンDなども含んでおり、栄養的にも優秀なお魚です。
また、「サンマ甘辛煮」は圧力鍋で作ると簡単に骨まで食べられるように調理できてしまうのでおすすめです♪

また、サンマには、血液の流れを良くするといわれるエイコサペンタエン酸が含まれており、脳梗塞・心筋梗塞などの病気を予防する効果があるとされています。
サンマの蒲焼の缶詰など手軽に食べれるものもあるので、ぜひ食生活に取り入れてみてください!

冬は気温が下がることで末梢血管が収縮し血圧が 高くなり、寒冷刺激により急激に血圧が上昇することで脳出血の危険を増やし ます。
また、低温で血液の粘度が増え血流が遅くなることで脳梗塞の危険が増加するそうです。
それを防ぐには暖かい環境にいることが大切だそうですが、コタツや電気毛布を使っていつの間にか汗をかき、脱水になっている事があります。
脱水になれば脳梗塞をおこしやすくなりますので、入浴前後や就寝前に、十分な水分を摂るよう心がけて下さい。

残りの2013年を健康に楽しく過ごしましょう!!

栄養と日常生活#030(仲井DC)

ビタミンB6は、一般的にピリドキシンと呼ばれ、他のビタミンB群と同様に、水溶性の生理活性物質として働いています。
他の多くのビタミンB群と同様に、腸内細菌によって合成されることも判明していますが、他のビタミンB群と同じく、抗生物質の乱用や、腸内環境の乱れで不足することがあります。
体内での作用としては、他のB群と同じく、炭水化物のエネルギー変換に必要とな30-1ると共に、多くの酵素の補助因子としての働きや、円滑な筋機能や神経伝達に必要とされ、不足することで痙攣やてんかん発作が生じます。
また赤血球の産生にも不可欠な物質なので、貧血との関係もあります。

代表的な作用として、まず第一に挙げられるのは、“つわり”を緩和させることです。
吐き気や嘔吐(吐き気)を伴う“つわり”に対して、マグネシウムと組み合わせることで、妊娠中毒症を緩和します。
またビタミンB6はPMS(月経前症候群)や鬱、小児自閉症、喘息(マグネシウムとビタミンC、必須脂肪酸を兼用)などにも使われています。
その他にも“ギンナン食中毒”と“中華料理店症候群”と関与していることで知られています。

“ギンナン食中毒”

30-2秋の名物であるイチョウに成るギンナンには、4-0-チルピリドキシンと呼ばれるビタミンB6に拮抗する物質が含まれています。
これがビタミンB6欠乏症を引き起こし、脳内でグルタミン酸が酵素反応で作るGABA の生成を阻害して、強直性や痙攣を引き起こすことがあり、希に意識を失ったり、死亡例も報告されています。
GABAは抑制性の神経伝達物質として脳内で生成されている必要不可欠な物質です。
大人の場合は、かなりの数のギンナンを摂取しないと食中毒にはならないと報告されています(5~6個で発生した症例もあります)が、食中毒の7割が5歳未満に発生しているようです。
自分も大好物のギンナンですが、ほどほどにしなければいけません。

“中華料理店症候群”(別名:”グルタミン酸ナトリウム症候群”)

30-3中華料理店症候群は、頭痛、顔面紅潮、発汗、顔面や唇の圧迫感を主な症状とします。
自分の友人は脊柱の圧迫感を訴えますし、自分自身も大量の痰が発生するという経験があります。
基本的にはグルタミン酸ナトリウム(味の素)の大量摂取が原因だと考えられていますが、医学的には完全に証明されていないようです。
しかしグルタミン酸ナトリウムを大量に使用している料理店に行く前に、成人男子で1日に必要とされるビタミンB6(1.4~2g)を摂取すれば、症状を緩和させる有効性があると報告されています。

 

ビタミンB6の欠乏による症状としては、手根管症候群、貧血、脂漏性皮膚炎(脂肪酸欠乏)、舌や口内炎、末梢神経障害(手足の痺れ、痛み、炎症)知覚神経障害などがあります。
30-4手首の腱鞘炎で病院からビタミンB6を処方される人がいますが、併用してビタミンB群を摂ることをお勧めします。
他のビタミンBがビタミンB6の働きを助けてくれるからです。

ビタミンB6が多く含まれる食品は、ビール酵母(これは栄養素が高いのですが、痛風の人にはお勧めしません)、胚芽、レバー、モツ、メロン、キャベツ、卵、ピーナッツ、クルミがあります。

もう暫くの間、ビタミンB群におつき合い下さい。