Archives for 11月 2013

奄美世のごはん#029:貧血その3

立冬が過ぎ、常夏の奄美の太陽も、こころなしか柔らかくなりました。

貧血について、まだしばらく続きます。

貧血は、血液量が急に増える妊娠期や成長期の子ども、月経で繰り返し出血する女性だけに起こるものではありません。

貧血は他の病気によって発症することがあります。

栄養素の摂取不足だけではなく、基礎にある病気を疑う必要もあります。

胃や十二指腸などの消化器の潰瘍や炎症部位からの出血は、目に見える出血ではないので気付きにくいものです。

また子宮からの出血や痔などの出血は、見ることはできるものですが、少量であるとそこから貧血を思い浮かべることはあまりないでしょう。

体のあちらこちらで酸素の供給が低下するので、疲れやすくなったり、筋力が低下したりします。

また、たくさんの血液を送り出すために心臓に負担がかかり、動悸や息苦しさが起こることもあります。

歳のせいにしてはいけません。

セサミ おむすびサービス(奄美世のごはん by古田朋子)| ドクターズ・サジェスチョン消化器に異常があると、必要な栄養素の吸収が妨げられます。

鉄分の吸収には胃酸の分泌が必要なのですが、胃の摘出手術などを受けていると胃酸の分泌量が低下するため、鉄分が不足しやすくなりますから、貧血が少しずつ進行する可能性もあります。

手術の後、何年も経ってから貧血の症状が出始めます。

消化吸収に問題がある場合は、鉄剤だけではなく、不足しがちな栄養素を、サプリメントなどで補わなければなりません。

しかし、基礎疾患のみが治療対象となって、貧血への対応がなされていない場合もあります。

症状を自覚していない方も基礎疾患がある場合は、血液検査の赤血球の数やヘモグロビン値、鉄の量などの数値に注意し、医師に相談してみてください。

一般的な血液検査では、血液中の鉄の量を計測します。

しかし、体の中の鉄の30%は、貯蔵鉄として肝臓などに蓄えられています。

鉄分の摂取が不足したり、出血などで鉄が失われたりして、血液中の鉄分が足りなくなると、貯蔵鉄から少しずつ補充されます。

体は貯蔵鉄を先に使いますから、鉄分の需要を食事で補いきれなくても、急に貧血になるわけではありません。

貯蔵されている鉄を使いきってしまうと、鉄欠乏性の貧血に至ります。

厚揚げ弁当(奄美世のごはん by古田朋子)| ドクターズ・サジェスチョン血液検査でこの貯蔵鉄を計測することは少なく、潜在的に鉄不足が進行していても、なかなか気づきにくいのです。

貯蔵鉄はフェリンチンという数値で表されます。

人間ドックや区民検診や市民検診のときに、オプションで依頼すると測ってくれます。

赤血球の完成には、鉄分の他にカロチン(ビタミンA)・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEなどの栄養素も必須です。

やはり基本は食事です。

10月にお伝えした“頭の中のお弁当箱”に、食べたものを詰めてみましたか?

鶏の炒め煮弁当(奄美世のごはん by古田朋子)| ドクターズ・サジェスチョン主菜は肉、魚、卵、豆腐。

副菜が野菜や海草など。

お弁当箱の大きさは、どれくらいになりましたか?

いろんな考え方がありますが、自分の胃の大きさぐらいが適量だと教わったことがあります。

平均的な胃の大きさは、本人の握りこぶしよりひとまわり大きいぐらいだそうです。ですから、大人だと小さいグレープフルーツぐらいでしょうか。

グレープフルーツ大のお弁当箱を想像して、理想のバランスで食べものを詰めてみてもいいですね。

他には、次の食事の時間のころに、しっかりお腹が空く量がちょうどいいという考え方もあります。

朝ごはんを食べたとすると、お昼ごはんの頃、普通は12時でしょうか。

12時が近づく頃にはお腹がぐ~っと鳴るくらい減っていれば、朝ごはんの量は適量だったということです。

お昼ごはんも、夕ごはんの頃にぐ~っと鳴っていれば適量です。

バランス良く

食べ過ぎない

ごはん みそ汁 旬のもの

誰かが 欲張ると

他の誰かが 足りなくなる

夕陽いくみ13.11(奄美世のごはん by古田朋子)| ドクターズ・サジェスチョン

OKINAWA/海ぶどう

先日、東北各地では初雪が観測されました。最近、急になりましたが、体調など崩されていませんか?

 

先月末に、初めて沖縄に行ってきました!海がキレイで自然に癒されてきました(*^^)

IMG_0259

 

沖縄で初めて食べた「海ぶどう」。

IMG_2637

写真ではわかりづらいですが、中央に乗っている緑色のものがそうです。

海ぶどうは、沖縄の海で育つ海藻の1種で、沖縄の代表的な食材。熱帯・亜熱帯地方でしか生息していないので、沖縄県以外では、とても貴重な食材とされています。球状になった葉が、果物のぶどうの房に似た形になっていることから、「海ぶどう」と名付けられたそうですが、「グリーンキャビア」と呼ばれることもあり、プチプチとした食感が特徴です。

栄養としては、ビタミンAやカルシウム、鉄分などが豊富。さらに他の食材にはないような圧倒的なミネラル含有量だそうです!そのうえ低カロリーと、とても身体にやさしい食材です。海藻なので、脂っこいものと一緒に食べると消化も促進してくれるという嬉しい効果もあるそうです。

IMG_9734IMG_3752

他にもゴーヤチャンプルやソーキそばなど沖縄料理はいろいろあります。

沖縄に行ったり、沖縄料理をいただく機会があればぜひ召し上がってみてください☆

栄養と日常生活#029(仲井DC)

今回はビタミンB5をご紹介しますが、その前に少し復習をかねてビタミンB群について説明します。

今までにビタミンB1、2、3とご紹介してきましたが、ビタミンB群はどうして多くの種類があり、半端な数で示されるのでしょう。

以前にも少し触れましたが、「水に溶ける」という性質と、「炭水化物をエネルギーに変換する」という2つの性質を持つビタミンを全てビタミンB群としたからです。

最初にビタミンB1が1910年代に発見された後、科学者の間でビタミンB群の発見ブームが始まり、色々なビタミンBが発見されました。
マクロビオティックをやさしくはじめるそれで1から12まで発表されたことになります。

しかし後にカビなどの代謝に関係はあっても、人間には必要ないビタミンBが見直され、現在に認められているB1、2、3、5、6、12となったのです。

水に溶けて、炭水化物の代謝に必要な要素を持つビタミンがB群という訳です。

その後にもB群が発見されていますが、数字を用いずに、その名前のまま呼ばれています(例えば、葉酸、コリン、ビオチン等)。

水溶性のビタミンとしては、もう一つビタミンCがありますが、また後で詳しくご紹介します。

 

ではビタミンB5をご紹介します。

B5は別名、パントテン酸と呼ばれます。
B5は副腎皮質から作られるホルモンに不可欠な物質として知られています(これはビタミンCも同じです)。
久司道夫のマクロビオティック 入門編 (Kushi macro series)老化抑制作用として注目される成長ホルモンに必要なビタミンですし、またストレスに対応するホルモンや、性ホルモンの生産に関わるビタミンでもあります。
また補酵素であるCoAの構成成分として知られています。
さらに抗体の合成にも関わります。
その他にも消化機能を正常に保ったり、アレルギーを起こし難くするなど多くの作用が認められています。

他のビタミンB群と同様に、善玉腸内細菌によっても作られますが、抗生物質などの服用で不足する可能性があります。

しかしビタミンB5は多くの食材に含まれ、また摂取しやすいビタミンですので、欠乏することは少ないと指摘されています。
それは語源からも分かります。
語源はギリシャ語で「至るところに存在する酸」という意味だそうです。

マクロビオティックが幸福をつくるちなみにビタミンB5が発見されたのは1931年です。

成人に必要なビタミンB5は1日に約5~10mgですが、妊婦や子供には少々多めが勧められています。

一般には、うつ病や各種の恐怖症、精神的なストレスや高コレステロール血症、エリテマトーデスや関節リウマチにも1日200~500mg程度が処方されていますが、1日に2,000mg以上の摂取量は注意が必要です。

不足すると、低血糖症、十二指腸潰瘍、血液や皮膚の障害、感染症、うつ病、不眠、副腎皮質機能低下による免疫力の低下、アレルギー、皮膚の灼熱感などが起こります。

ビタミンB5が多く含まれる食品は;肉類、無精製の穀類、小麦胚芽、緑色野菜、ビール酵母、ピーナッツ、大豆などです。
しかし語源通り、多くの食品に含まれています。
特別な症状がない限り、日常生活で心配する必要は余り無さそうです。