Archives for 4月 2012

ネバネバPower

昨日は雨、今日はどんよりくもりの天気。なかなか日差しがなくて肌寒く感じる日々が続いていまね。

雨で桜も果かなく散ってしまったようです(><)

 

今日は、「納豆」についてお話したいと思います。

納豆は中国から伝来したとされています。畑の肉と呼ばれる大豆の栄養素を含むばかりか、納豆菌の働きによりビタミンKとビタミンB群が豊富になります。また、納豆菌が消化酵素を分泌するため、消化吸収も抜群!さらに納豆には血液サラサラ効果のあるナットウキナーゼという酵素が含まれています。しかし、ビタミンCやカロテンが含まれていないので、緑黄野菜と食べると、栄養バランスはさらにアップします。

 

ビタミンKがゆで大豆の約86倍!

出血を止めたり、骨の形成にもかかわるビタミンK。中でも納豆に多く含まれるビタミンK2は、骨を強くし、骨粗鬆症に効果があります。ビタミンKが不足がちな授乳中の人、抗生物質を飲んでいる人、骨粗鬆症の予防や治療にもおすすめです!

 

一般的には糸引き納豆と呼ばれる丸のままの大豆を使ったもののほか、割って砕いた大豆をつかったひきわり納豆があります。その他にも、糸引き納豆にこうじと食塩を加えて発行させた五斗納豆塩水を加え、乾燥して保存性を高めた寺納豆(昔、寺院が作り、檀家に歳暮として贈ったのでこの名があるそうです。)というものがあります

 

ナットウキナーゼは熱に弱いので、十分に利用するならそのまま食べた方が良いですが、お味噌汁に加えるとコクがでます。また、チャーハンや天ぷら、餃子にもタンパク源としておすすめです!

ネバネバの糸は旨みがいっぱいなのでよく練ったほうが、おいしさアップ!粘り気が苦手なら、大根おろしやレモン汁を加えると良いそうです。

 

長期保存なら冷凍保存も可能で、自然解凍すれば、ネバネバも消えることなく美味しく召し上がれます。

 

 

この間の休日に地元でラーメンを食べに行ったところ「味噌納豆ラーメン」というメニューがあり、友人が注文したところ納豆が別盛になってきたことにちょっとびっくり(笑)

 

別盛になってきたおかげで?私もラーメンに入れるよう勧められ、試してみました。

汁がとろっとしてコクが出た感じ☆美味しくいただきました(^ω^)

 

明日からゴールデンウィークですね!みなさんはどのように過ごされますか?

今回長い人では9連休の方もいるようですね…どうぞステキな休日を!(・▽・)

最近特に売れてるサプリメント

ここ最近、『マリアアザミ』『サニローズプラス』がよく売れています!!!

 

 

マリアアザミは、毒素の解毒の3/4を担っている肝臓機能をサポートします。

肉や乳製品を好んで食べる方、甘いものが好きな方、アルコール摂取量が多いと、肝臓が疲弊してしまいます。デトックス効果が高いので、お酒をよく飲む方、たばこを吸っている方には特におすすめです!

飲酒の前後で摂取すると、アルコールから胃や肝臓を守り、悪酔いを防ぎ、二日酔いの回復をサポートします。

 aass_ca-01ma_1

 

 

 

 

 

サニローズプラスは、現代人に最も不足がちなビタミンCを補う天然由来のサプリメントです。

ビタミンCが不足するとホルモンバランスを崩したり、脂肪が分解できなかったり、コレステロールの

代謝に影響したり、肝機能を低下させたり、免疫力が落ちたりするようです。

サニローズ

 

 

 

 

 

 

 

これらの2つのサプリメントには、肝機能を助ける働きがあるということが共通して言えるかもしれません

 

 

話は変わりますが、昨日、仕事終わりに楽天vsオリックス戦を観に行ってきました!

スタジアムに入るとすでに2点取られていましたが、同点になって競っているなと思ったら、一気で4点入れた回があり、7-4で3連勝!やっぱり勝ち試合はみていても楽しいですね♪

この間、あるお店で出会った楽天のジム・ハウザー選手がマウンドにあがったときはびっっくり(笑)

寒い中で4時間にも及ぶ試合でしたが、楽しかったです(´∀`)

NEC_0182 楽天

今日もまたホームで試合があるので、ぜひ4連勝してほしいです☆

さくら、サクラ、桜

4月も半ばが過ぎ、ようやく仙台でも桜が咲きました!週明けの雨で少し散ってしまったところも多いようですが…。

みなさんは今年お花見に行かれましたか?

 

昨日の帰り、道端に咲いていた桜をパシャリ☆

風で桜が揺れていたので少しブレぎみです(笑)

NEC_0181 sakura NEC_0180 桜

昨日の仙台は好天に恵まれ、21.8℃と6月上旬並みの最高気温を記録したそうです。宮城県内に22地点ある仙台管区気象台の観測点のうち14地点で今年最高の気温!全国的にも暖かかったようです。

大河原町の一目千本桜は満開3日目!白石川沿いの見事な桜回廊が花見客の目を楽しませているようです。

東北各地の桜名所では見ごろを迎えているようですので、お花見に出かけてみてはいかがでしょうか?

焼きたてパン

今日も暖かいですね!昼休みに久しぶりに外出したら日差しが気持ちよくてルンルンでした♪笑
そういえば、先日のお休みにルンルン気分でパンを焼いてみましたぁ(^o^)
NEC_0173 パン
レーズンパンの出来上がり!
大きいホームベーカリーなんので一斤分を焼くとこんな
感じになりました。
…決して失敗して膨らまなかったわけではないですよ(笑)
でも外がカリッ、中がふんわり。やわらかくて切り口がぺっちゃんこ!(´ω´)
NEC_0174 パン②
レーズンを入れたからちょっと茶色っぽいですが、母からホームベーカリーと一緒に持たせられた強力粉を使って作りました。
しかし、仲井先生や朋子先生は、精製された炭水化物は血糖値の急上昇や免疫機能の低下を招いてしまうというお話されています。
普段パンを買うときも普通の食パンを買ってしまいますが、全粒粉を使ったものがいいってこと!
ということで、今度は全粒粉を購入して作ってみたいと思います。
今度はなに入れて作ろうかなぁ(^ω^)
自分で作ると保存料や添加物など既製食品に含まれているものが排除できます。
それに、やっぱり出来立てを食べれるってステキ!
朝から焼きたてのパンを食べれるなんてとても贅沢で幸せなこと。そんなことを実感した休日なのでした(´∀`*)

マイナス水素イオンの奇跡

今日、数日前に「サビない生活」をご注文いただいた会員整骨院さまより「サビない生活」をまとめてご注文いただきました。ありがとうございます(^^♪

いきなり売れたので、なにかあるのかと久しぶりに「マイナス水素イオン」でネット検索してみると「がんが消えた マイナス水素イオン」と気になる内容の予測がでてきました。

思わずクリックしてみると・・・Amazonのサイトで「がんが消えた!マイナス水素イオンの奇跡」という本が出てきました。

がんが消えた!マイナス水素イオンの奇跡

マイナス水素サプリメント『サビない生活』の開発者である及川胤昭博士と、その水素サプリメントでガンの治療実績が格段に上がった、鶴見クリニック院長鶴見隆史先生の執筆で、幻冬舎より昨年9月1日に発行されたものでした。

幻冬舎の見城社長は、今までは実際には効かないものばかりだということでガンに関する本には一切手を出さなかったようですが、鶴見先生が臨床例を数多く取っていることを知り、今回の出版が実現したようです。

水素のサプリメントというものは沢山出回っていることをみなさんもご存知かと思います。しかし、この水素はHマイナス。学校では、水素は+で、酸素-と結びつきHOになると習ったことを思い出すと、あれ?と疑問に思うはずです。

この水素エレクトロンマイナス(e-)が、細胞を傷つけ、ガン化させる活性酸素を還元し、ただの水に変えてしまうのです。そしてまた、水素の原子量は最小単位の1であるため、細胞の中まで入り、活性酸素によって傷んだDNAを修復するこ とができます。脳関門をも通過していくため、脳からの神経伝達が活性化し、身体の機能が回復していくということになります。

本の中では、実際の劇的な臨床例がいくつか掲載されているようです。

ぜひお読みになってみてはいかがでしょうか。

私も関心があるので、ぜひ読んでみたいと思います。

今話題の蛍烏賊

 

先日テレビをみていたら“春の美味”ホタルイカ脂肪肝、メタボ、糖尿病などの予防効果を解明されたというニューズをやっていました。富山短期大学と香川大学農学部などの研究グループが、いまが旬のホタルイカに脂肪肝を改善する効果があることを明らかにしたのです。

 

脂肪肝とは、肝臓に余分な中性脂肪がたまること。その原因のひとつはアルコールだそうですが、最近はアルコールを飲まなくても進行する「非アルコール性脂肪性肝疾患」(NAFLD)が多数報告されており、推定患者数はおよそ1000万人。成人の人間ドック受診者の1~3割がNAFLDと診断されているそうです(゜д゜)10人に1人~3人となると、他人事とは思えなくなってきそうですよね。

NAFLDを放置していると2割以上が肝臓の炎症や線維化を伴う「非アルコール性脂肪性肝炎」(NASH)まで進行。そしてさらにNASH患者のうち2~3割が約10年で肝硬変や肝臓がんなどの大病を患う危険があるといいます。

今回の研究によると、ラットにホタルイカの粉末を混ぜた餌を2週間与え続けた結果、肝臓の脂質が約3分の1減少し、血中の脂質も低下。遺伝子を解析した結果、脂質の合成に関係する遺伝子の量が減少。一方、スルメイカを混ぜた餌を与えたラットの肝臓の脂質は約1割の減少にとどまったとのことです。

イカは脂質を下げる作用があるタウリンを含むが、ホタルイカの栄養素については研究例はほとんどなく、富山短期大学の竹内准教授は「ホタルイカから、肝臓や血中の脂質を低下させる新たな有効成分を見つかる可能性もある」としており、ホタルイカは大病予備軍を救うのではいかと期待されています。

 

ホタルイカは、全身が青白く光ることから名づけられた小型なイカ。内臓も一緒に食べるため、ワタに含まれるビタミンAが豊富です!そのほか強い抗酸化力を持つビタミンEやエネルギー代謝をサポートするビタミンB2も多く、小さいながら他のいか類よりも栄養価の高い食材といえます。

 

★選び方のポイント

・生のもの:目が澄んでいるものは鮮度が良い。ハリとツヤがあり、胴に膨らみがあるもの。

・茹でたもの:ふっくらとしていて、みずみずしいもの。つややかなものは鮮度が良い。

★調理のポイント

・ワタごと食べるので、濃厚な味わい。野菜と組み合わせて調理するのがおすすめ。

・目を取って下処理すると口当たりよく召し上がれます。

★保存方法

茹でて冷凍保存。燻製や佃煮にする。

 

春先になると産卵のために、深海から海岸近くに浮上してくるので、そのほとんどはメス。多くは茹でたものが流通しますが、最近では流通技術の発達により生のものも楽しめるようになりました。

ホタルイカ効果の発表によりホタルイカの購入が増え、価格が高くなっているということも言われていましたが、旬になって漁獲量が増えれば価格も安定するだろうとのこと。今が旬のホタルイカ、みなさんも食べてみませんか?