Archives for 10月 2011

秋の食材といえばきのこ!ビタミンB2豊富な『しめじ』

今朝は寒かったですね。しかし、外は寒いのに、職場に着いて階段を上って3階にいくと窓から差し込んでくる日差しでその場全体が暖かくて…なんだか不思議!自然の太陽パワーって凄いですね(・∪・) 笑

 

先日のきのこ類『まいたけ』、『なめこ』に引き続き、今回『しめじ』について取り上げたいと思います。

きのこは5000種以上あり、そのうち300種類ほどが食用になるとされています。日本は森林が豊かなこともあり、きのこの種類も多く、古代から食用にしてきました。その中で人工栽培が可能になり、スーパーなどで食料品店で普通に入手できるようになったものは20種ぐらいだそうです。

特にしめじは、昔から「香りまつたけ味しめじ」と言われるように、うまみ成分であるグルタミン酸やアスパラギン酸をたっぷりと含み、人気の高いきのこです。他のきのこ同様に低カロリーで、コレステロールを抑制し、動脈硬化や高血圧予防も期待できるとされています。秋に小楢や赤松の木の根元に大きな輪を描いたように発生して場所を占めることから「占地」の名があるそうです。

 

ビタミンB2がほうれん草の約2.5倍!

エネルギー代謝や発育促進、抗酸化に活躍するビタミンB2が、しめじ(はたけしめじ)になんとほうれん草の約2.5倍も含まれている。しかし、ビタミンB2は水に溶けやすいので、小分けにしてさっと洗うだけにし、汁ごと食べられる料理にすることが望ましいようです。カルシウムの吸収を高めるリジンを多く含むので、乳製品との組み合わせは効果的!クリームシチューやグラタンなどに入れたら最高ですね!(^ω^)この他、食物繊維も多く含まれており、低カロリー食品ということで、ダイエット食や生活習慣病予防食にはぴったりの食材★また最近ではきのこ類に含まれているβグルカンという多糖体に、強力なガン抑制効果があることも判明しています。

 

選び方としては、軸が太くて短い・笠がひび割れていないものがよい。ポリ袋やラップに包んで冷蔵庫へ保存し、たくさん残った時には佃煮やマリネなどの保存食にするのがおすすめです!

 

秋の行楽シーズンを迎え、名所は紅葉狩りの真っ盛りのようですね。今週末は天気も良いようですので、みなさんもお出かけしてみてはいかがでしょうか(´∀`)♪ ただし、気温の変化が大きく体調を崩されている方も多いようですので、暖かくしてお出かけください!

チアシード入荷しました!

今日もあいにくの曇り空ですね(´ω`)先週末暖かく仙台は27℃と8月並みの気温を記録したそうですが、ここ2日は秋を感じさせる天気が続いております。

弊社で取り扱っておりますチアシード
在庫が10個ばかりとなっておりましたが、本日入荷しました!

体内に侵入した毒素を解毒する働きの3/4は肝臓で行われていますが、残りの1/4は腸で行われているため、チアシードに豊富に含まれる食物繊維が、肝臓などで解毒された不要物を身体の外に出すために重要な働きをします。便秘の解消にも有効で、脂質改善やダイエットにもおすすめです!

 

 

つい先日、SNSサイトのFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグらを描いたドラマ映画「ソーシャル・ネットワーク」を見たのですが、あれは凄いですね~!前からFacebookには興味があり、登録はしていたものの、身近にやっている人がほとんどいなかったので放置…しかし、Facebook活用の本を読むとたくさん機能があることにびっくりしてしまいました(゜▽゜)他のSNSサイトmixiなどと違って実名登録なのでリアルな関係を構築できるというメリットがあるようです。私は学生時代の友達や先生、バイト先の仲間とFacebookを通じて数年ぶりに繋がれました(・∀・)v

法人などはFacebookページというものを作成できると知り「Doctors’ Suggestion」のページを作ってみました(^^)!!

Facebookをご利用されている方にはぜひアクセスしてみてください!

ご覧いただき「いいね!」をつけていただけると有難いです。(25人以上の「いいね」が集まらないと専用のURLができないそうなので…。)

Facebookでもよろしくお願い致しますm(._.)m

 

追記(2015年2月1日)

こちらの記事へアクセスが多いのですが、おそらく昨年末ごろからの「チアシード”プチブーム”」のおかげで、チアシードの在庫がどこにもないという状況なのでしょうね。
弊社では、2月中旬ごろ入荷の予定で、現在ご注文いただいているお客様には、入荷次第、順次発送させていただきます。

朋子先生の最新号公開しました!

季節はすっかり秋。気持ちのいい日が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?

昨夜は風が強く、今朝は寒さで目が覚めてしまいました。日に日に秋の深まりを感じます(´`)

 

昨日の話ですが、朋子先生の「奄美世のごはん#004」が公開となりました!

 

今回朋子先生には、動物性食品と食物繊維についてお話いただきました。

新米の季節!採れたてのお米はやわらかく食べやすいので、玄米や胚芽米、分搗き米を始めるのにちょうどいいそうです。日本では、お肉など動物性の食品の摂取が増えた反面、お米や野菜などの摂取が減り食物繊維不足が懸念されます。日々の食生活で食物繊維を意識して摂るようにしましょう!

 

今日は食物繊維が豊富で旬を迎えた「さつまいも」について取り上げたいと思います。

 

さつまいもの原産地は中央アメリカ。日本には17世紀の初めに中国から琉球(沖縄)へそして薩摩(鹿児島)に伝来したそうです。荒地でも栽培でき、栄養価も高いことから江戸幕府が飢饉に備える作物として奨励、青木昆陽が江戸での栽培方法を確立し、やがて全国へと広まりました。。当初は甘藷(かんしょ)と呼ばれていたが、薩摩から来た芋ということで「さつまいも」になりました。

 

ビタミンCはりんごの約7倍!

さつまいも100g当たり29mgビタミンCがあります。しかも熱に壊れにくいので、加熱調理しても損失は10%以下。中くらいのさつまいもを1本食べると、ほぼ成人の1日のビタミンCの所要量が摂れるそうです。このほかビタミンEやビタミンB1、ビタミンB2、βカロチンも多く、食物繊維も豊富。ビタミンを多く含み、しかも便秘予防にもなる美容&健康食といえるでしょう!

 

 

★☆選び方のポイントとしては3つあります☆★

①ずっしりと重みのあるもの

②色が均一で鮮やかでツヤのあるもの

③ひげ根が少なく、傷やでこぼこが少ないもの

 

調理の際には、切り口が変色しやすいので、切ったらすぐに水につけましょう。ゆっくり加熱すると糖化が進み、甘味がアップします。 東日本で人気のある品種「紅あずま」は繊維が少なく、ホクホクした食感。焼き芋やお菓子に向いています。

 

さつまいもの保存には15℃くらいが適温です。冷蔵庫での保存は温度が低すぎて傷んでしまいますので、新聞紙に包んで冷暗所で保存しましょう!!

 

私は先日、職場の方にサツマイモをいただき、初めて「サツマイモの炊き込みごはん」を作ってみました!サツマイモが甘いので、予想していた通り栗ごはんみたいにほんのり甘いごはんが炊き上がりました(^ω^)今回の朋子先生のお話にもありましたが、いも類は食物繊維が豊富ですし、今が旬のサツマイモをみなさんも召し上がってみて下さいね♪

『奄美世のごはん#004』

新米の季節です。
玄米や胚芽米、分搗き米を始めるのに、ちょうど良い季節です。
採れたてのお米はやわらかく食べやすく、長く吸水させなくても大丈夫です。
精製度の低い穀類を主食にすると、ビタミンやミネラルだけでなく、食物繊維もしっかりと摂ることができます。

日本では、動物性の食品であるお肉や肉の加工品の摂取が増えた反面、野菜や植物性の食品の摂取が減ったため、食全体にしめる食物繊維の割り合いがとても少なくなっています。
食物繊維は、人が身体の中で消化できない成分ですので、ひと昔前は栄養素を含まない、食べ物の残りカスと考えられていました。
5大栄養素のうちの炭水化物の一部として分類されていましたが、食物繊維の様々な働きがわかってきて、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルに続く、6つめの栄養素となりました。

奄美の海(奄美世のごはん#004-1)奄美世の奄美の島々では、主食に芋類を多く食べていたそうです。
海で採れるあおさやもずくなどの海藻、日本海を下ってくるこんぶなどもよく食卓に上ります。
海草類や芋類からたくさんの食物繊維を摂っていたことが、島の人々の健康と長寿に一役かっていたのかもしれません。

食物繊維が腸管の蠕動運動を活発にして、排泄を促すことはご存じのとおり。
これはとても大切なことです。
腸管からの排泄ができない状態は、たとえば住まいの下水管が詰まっている状態と同じです。
下水管に詰まった廃棄物からひどい悪臭や、汚水の逆流などが起こります。雑菌も繁殖するでしょう。
身体の中でも同じように、停滞した廃棄物が腐敗したり、腸内細菌のバランスが崩壊します。
身体は老廃物を廃棄しようと、休むことなく働き続け、疲れ果ててしまいます。
腸壁は接触している廃棄物を吸収することもあり、それは血流にのって全身に循環してしまいますから、身体は呼吸や皮膚など他の組織を通して排泄しようと試みます。
疲弊や故障は全身に広がってしまいます。

お米の消費が減ったこと、お米を精製して食べるようになったことも、食物繊維が不足する原因のひとつです。
急速な増加傾向にある大腸のがんと食物繊維の不足は、相関関係が確認されています。
主食の精製度を少し抑えるだけで、食物繊維の摂取を増やすことができるのです。
食物繊維が腸からの排泄をスムーズにしてくれると、トイレで力む必要もなくなりますから、大腸の憩室や静脈瘤、痔の改善と予防にもつながります。

また、大腸のがんは、動物性の脂肪の摂取と関連があるとするデータもたくさん発表されています。
伝統的な食事では、動物性の食品は食物繊維が豊富な食材と一緒に料理します。
お肉の入った煮物には、だいこん、にんじん、ごぼう、こんにゃく、さといも、しいたけ、こんぶなどが入ります。
鍋料理には、季節の新鮮な野菜がたくさん使われます。
豊富な食物繊維が動物性の食品のデメリットを抑えてくれます。

伝統食の組み合わせに外せない一品、みそ汁やお吸い物の具にも、根菜類、きのこ類、海藻類と、やはり食物繊維が豊富な食材が使われます。
みそは発酵によってビタミンが増えたり、その他の栄養素が消化しやすくなっていたりと、とてもありがたい調味料です。
このみそと、こんぶやかつお節、煮干しのだしでみそ汁を作ります。
アミノ酸のバランスも整います。
食べ盛りの子どもたちには、汁の実にお豆腐や厚揚げを。お漬け物も食物繊維がたくさんです。
シンプル、でも満たされるごはんです。

ある日の夕ご飯(奄美世のごはん#004-2)この写真はある日の夕ごはん。
玄米と胚芽米のご飯、青菜とじゃこのみそ和え、豆腐とにんじんとあおさのみそ汁、なすのぬか漬け。

 

 

 

 

でも、あまり禁欲的にならないように。
本来、食べるということは楽しいものです。
食べものがあるということは、幸せなことです。

心の状態は、食べものの消化・吸収に影響します。
吸収した後の作用にも影響します。
食べものの生命に感謝して、楽しく食べるのが一番。

心の栄養も大切に。

仲井先生の最新号本日公開♪

《ドクターズ・サジェスチョン》スタッフの荒井です。

 

今日から10月!衣替えの季節になりました。風は強いようですが、秋晴れのよい天気ですね^^

秋の気配が日を追うごとに濃くなっていきます。

読書の秋・行楽の秋・芸術の秋・味覚の秋・スポーツの秋…みなさんはどのような秋を過ごされますか?

食卓には秋刀魚が並んだり、休日は河原でいも煮会♪秋だなぁってつくづく感じます。

私は味覚の秋というか食欲の秋かな。最近夜ごはんをちゃんと食べてもすぐに何かを食べたくなってしまうので困っています^・Ф・^しかも休日のお昼寝が習慣になりつつある今日このごろ…成長期だったらいいのになぁ(笑)

 

本日、仲井先生の『栄養と日常生活 #004』を更新いたしました!!

今回仲井先生には、セラピーローカリゼーション(TL)と呼ばれる検査方法についてお話いただきました。これは、AKの開発者であるDr.ジョージグットハートが見つけ出したもので、特定の反射点に患者自身に接触(TL)させることで、正常または弱化していた筋が、弱化または正常に反応するという発見です。これにより、AKは大きく躍進したそうです!仲井先生には、肝臓の検査ポイントとマリアアザミを用いての検査方法ををご紹介いただいておりますので、ぜひ試してみてください!肝臓は「沈黙の臓器」と言われておりますので、多くの人に肝機能低下があることを実感していただきましょう。

 

前回の筋力検査にもいえることですが、基本を忠実に守りながら、しっかりと正しい 検査方法を習得してください!

些細なことが検査結果に影響しますので、筋力検査した後は、必ず元の自然体に戻してから再検査を行ってください。

   ※仲井先生の連載は、次回は11月1日更新予定です。 

 

余談ですが、弊社のサプリメントで9月一番売れた商品は『マリアアザミ』でした(^^*)♪食生活の乱れやストレス過多で酷使される肝臓の機能を高めて解毒を促進することが健康への第一歩という指導を受けた患者さんが継続購入されているようです。肉や乳製品を好んで食べる方、甘いものが好きな方、アルコール摂取量が多い方におすすめです★

image

 

   何でも美味しい季節ですが、食べ過ぎには気をつけ、この好季節を思う存分満喫しましょう!!

P.S 仲井先生の最新記事アップに伴い、メルマガ会員のみなさまにはサイトアップ情報をお送りさせていただきました。毎月2回、仲井先生と朋子先生の記事アップの日にはメルマガを配信し、サイト更新のお知らせを行っております!栄養学やサプリメントなどに興味のある方は、トップページの右上にあります“メールで購読”から送信してくださいね(^∀^)ご登録お待ちしております♪

栄養と日常生活#004 (仲井DC)

前回ご紹介した筋力検査の注意事項は非常に大切です。
筋力検査はやり方次第で強くすることも、弱くもすることもできます。
基本を忠実に守りながら、しっかりと正しい検査方法を習得して下さい(Oリング検査法も同じです)。

今回ご紹介する検査方法はセラピーローカリゼーション(以後TLに省略)と呼ばれています。
TLはAKの開発者であるDr.ジョージ グットハートが見付け出した素晴らしい検査方法で、この方法でAKは大きく躍進しました。
これは特定な反射点に患者自身に接触(TL)させることで、正常または弱化していた筋が、弱化または正常に反応するという発見です。
正常な筋力を示していた筋が弱化する場合だけでなく、弱化を示していた筋が正常に回復しても構いません。
変化を示すことが重要なポイントになります。

今回は、なるべく正常な筋力を示すインディケーター筋(指標筋)を使うことをお勧めします。
なぜなら、筋肉が最初から弱化を示す場合は、他の数多くの原因をクリアーにする必要があるからです。
例えば前回ご紹介した大腿直筋の弱化には、小腸との関連が考えられます。
他に筋そのものの問題など、様々な問題を考慮する必要があります。
もし最初から弱化を示す場合は、反対側の正常な大腿直筋を試して下さい。

Dr.グットハートは身体の特定の部位を指の指腹部(主に2~3本)で接触すると、正常を示していた筋力(インディケーター筋)が弱化することを見い出しました。
強く接触する必要はありません。
軽く接触するだけで反応します。
もちろんハンドクリームなどを手につけている人は、最初に洗浄してから検査を行います。

肌に直接に接触する方法が最も適していますが、特別な化学繊維でなければ、服の上から接触しても正確に反応します。
肝臓の1つのポイントは胸部に近いため、服の上からTLがよいでしょう。

チャップマン反射点では肝臓の検査ポイントをご紹介します。
基本的な検査部位は2カ所あります。
第一の肝臓のTLポイントは、右側の第5肋間の肋軟骨部(右図)に、患者さんの左右どちらかの手の指腹部でコンタクトさせた状態で、インディケーター筋(大腿直筋)を再検査します。
この部位はAKで用いる神経リンパ反射点の1つです。神経リンパ反射点は、1930年代にオステオパスであるフランク チャップマンDOが開発したチャップマン反射点と呼ばれる反射点で、それぞれの臓器や腺、その他の状態と反応するポイントの1つです。
この反射点を利用した方法を、Dr.グットハートがAKに取り入れたものです。

第5肋間の探し方は、肋骨前部の下端部が第10肋骨ですから、その上部の肋間が第9肋間です。
胸骨から外側に7~8cmを目安に数えながら探します。
患者さんが女性の場合は、患者さんの指を借りて、その指の上から接触して数えます。
決して胸に接触しないように注意して下さい。
また強く圧を加えてはいけません。
肋間は敏感な部位ですから、軽く接触するだけで、強い圧を加えないように注意します。

探し当てたら、その部位に患者さんの指2~3本の指腹部でコンタクトさせた状態で、正常な筋力を示した大腿直筋を再検査します。
もし正常な筋が弱化する場合は、肝機能が低下している可能性を疑います。

前回お伝えしたように、筋力検査した後は、必ず元の自然体に戻してから再検査を行います。
面倒ですが、些細なことが検査結果に影響します。

次に確認の為に、もう1つの反射点をTLして検査します。
左手の茎状突起の上に右手の示指または中指の指腹部でTLした状態で、筋力検査を行います。
左手の茎状突起の上に右手の示指または中指の指腹部でTLした状態で、筋力検査を行います。この部位は神経リンパ反射点ではなく、鍼灸で用いる脈診に使われる肝臓と胆嚢の反射点(右図)です。
鍼灸では検者が脈に触って検査を行いますが、AKでは患者さんに触らせて、筋力検査を行います。

胆嚢との鑑別検査も必要ですが、神経リンパ反射点で反応を示し、脈診でも反応を示せば、おそらく肝臓との繋がりが深いと考えられます。

最後の検査は、患者さんの左手にマリアアザミを持たせた状態で、同じ脈診部位を右手でTLしながら、弱化を示した筋力が回復するかを調べます。
この時に、患者さんに何を持たせたかを伝えてはいけません。
患者さんの脳が先に反応してしまうからです。

AKでは口の中に入れて検査を行いますが、手にも浸透性があることが1980年代に証明されているので、私は手に持たせて検査をする方法をとっています。
つまりAKの正確な検査方法とは少し異なり、自己流になりますが、同じ反応を示すので、この方法を用いています。
ただ口の中に入れる時よりも、脳が身体に必要なものかを判断するまでに時間が要りますので、手に持たせてから15~20秒待ってから再検査を行って下さい(反応が遅い人は30秒ほど待ちます)。

もし弱化していた筋力が回復するようであれば、マリアアザミが肝臓の解毒剤として有用であることを示しています。
先程の神経リンパ反射点にTLした状態で、反対の手に持たせて検査することも可能です。

多くの人が肝臓の反応を示し、またその殆どの人がマリアアザミの有用性を示すことに驚くと思います。
そうです、肝臓は「沈黙の臓器」なのです。
そして多くの人に、肝機能の低下があることを実感して下さい。