Archives for 6月 2011

「水素」の時代がやってきた…!?

《ドクターズ・サジェスチョン》スタッフの荒井です。

 

仙台では雨が降ったりの毎日が続いておりましたが今日は気持ちがいいほど晴れています(^^)

しかし外はすごく暑い(´д`)節電対策でエアコンの使用抑制が呼びかけられていますが、いろんな地域で熱中症により救急車で運ばれたというニュースが出ています。

特に高齢者の方は、若者に比べ体内の水分量が少ないうえ、暑さへの感覚、調整機能が低く、室内にいても熱中症になる危険性が高いとのこと。体に無理をしてまで節電せず、しっかりと対策しましょう。

こまめに水分・塩分を補給し、炎天下での作業が多い方はこまめに休憩をとってください。

みなさんも熱中症には十分お気をつけください。

 

先日、注文フォームができたと書かせていただきましたが、昨日もサイトからご注文をいただきました。

ありがとうございます♪(^人^)

またしても個人購入の方からでした!このサイトがいろんな方にご覧いただけているようでとても嬉しいです(^^*)

しかも、ご注文いただきましたのがどちらも「サビない生活」

自社ブランドのサビない生活をご注文いただけるなんて嬉しい限りです(´∀`)

ついに「水素」の時代・・・(・▽・)!?

 

水素は呼吸やストレスにより体内で日常時に発生する活性酸素を除去する注目素材!

サビない生活はその「水素」をマイナス水素イオンというかたちで食品化に成功した理学博士 及川胤昭氏 供給の弊社ブランド商品です。

今後も多くの方にお試しいただきたいと思います!

梅雨。

《ドクターズ・サジェスチョン》スタッフの荒井です。

 

昨日に引き続き今日も1日雨のようです。雨って嫌ですね~(´ω`)

金曜日あたりからいろんなところでサマーバーゲンをしているので、昨日も買い物に出かけようと思っていたのですが、雨だったので1日家にいてDVD鑑賞したりしました。家でゆっくり過ごす休日も悪くないかも!?

でもやっぱりイベントたくさんの夏が来るのが待ち遠しいな~♪

 

先日サイトリニューアルに向けて作業していただき、商品購入フォームが完成しました。

したがって、ネットからもご注文いただけるようになりました!

そして、購入フォームができてまもなく、個人購入の方からご注文いただきました(´∀`)

ありがとうございます(^-’)☆

 

これからたくさん注文が入ったら嬉しいな(^^*)

みなさんからのご注文お待ちしております。

新しい仲間!

《ドクターズ・サジェスチョン》スタッフの荒井です。

今日も暑いですね(・ω・)午前中、埼玉県熊谷市で39.8℃を記録したそうです。これは6月の全国の観測史上最高気温だとか…まだ6月なのに40℃近くまで上がっているのですからこれから先が思いやられますね。

本日、新しくサニプラスデイリーパック30フィトグリーンをサイト上に掲載いたしました!

 

 

★「サニプラスデイリーパック30」★ 定価:12,600円

サニデイリーパック30②
 

 健康にマルチビタミン・ミネラルは欠かせない!

ベストコンディション、若さ、健康をはぐくむ上で欠かせない毎日のビタミン・ミネラルなど栄養素のチームを1パックに凝縮。 野菜やフルーツ、酵母、魚介類などの素材をベースにつくりあげました。    (これまでも掲載されていた「サニローズプラス」、「サニビーエスプラス」、「サニジャームプラス」、「サニカルシウムプラス」の1日分7粒をワンパック にした商品です。)毎日の健康維持にぜひどうぞ!

 

★「フィトグリーン」★ 定価:14,700円

フィトグリーン

 

植物の力をかりて健康を手に入れよう!

30数種類の植物のもつ多様な機能性栄養成分(フィト・ニュートリエント)を損なわないよう配合し特殊製法で仕上げました。

さらにご自身の善玉菌を優位に増やす働きのある4種の有用菌をプラスした栄養補助食品です。栄養不足が気になる方にはおすすめです! 

 

どちらも30袋入りの1ヶ月分!この夏を乗り切るには毎日の健康維持が不可欠です!

ぜひお試しください!!

 

週末は寒気がやってきて20℃くらいまでしか上がらないようです。過ごしやすくはなるでしょうが、

気温差が大きくなりますので、体調管理には十分お気をつけください。

それではみなさん良い週末を(≧▽≦)ノ

メラトニンを増やそう!

《ドクターズ・サジェスチョン》スタッフの荒井です。

 

今朝7時前に青森県・岩手県で震度5弱を観測する地震があり、岩手県には津波注意報が発表されました。仙台では震度3程度だっだようですが、わりと長く揺れていた気がします。

雨が降っていて大雨警報も出ていたので今日は地下鉄で通勤したのですが、地震の影響で電車のダイヤの乱れからか混んでいました。節電されている上、満員電車…暑くて気持ち悪くなりそうでした(´д`)やっぱりカッパとか買ってチャリで通った方がいいかも!?梅雨の季節は憂鬱です。早く夏にならないかな~♪

 

昨日は、松果体(しょうかたい)から分泌され、人間の睡眠に深く関係している“メラトニン”というホルモンについて取り上げましたが、今日はより詳しく、そしてメラトニンの増やし方についてもお話したいと思います。

 

メラトニンは、一日の間に、分泌量が変化しているそうです。

普通は、朝日を浴びてから約14時間後から分泌され始め、約2~3時間ぐらいで眠気が襲ってきます。そして、また朝になると分泌が急激に減少します。メラトニンが多く分泌されると眠くなり、減少すると眠気がなくなります。
メラトニンの分泌には光の量が関係しており、明るいと分泌が少なくなり、暗くなると分泌量が多くなります。暗い映画館などで眠くなる人がいますが、その症状も睡眠物質メラトニンが関係しているといえます。
子供の頃に比べて成人すると、メラトニンの分泌減少してしまうため、夜になっても眠れなくなったり、眠れたとしても浅くてすぐ起きてしまう現象が起こりやすくなります。70歳を超えると、夜間になってもメラトニンの量は昼間と同じくらい少なくな、朝が早く夜中に何度も目が覚めてしまうことも多くなるようです。夕方以降に人工的にメラトニンを投与すると、老人も夜ぐっすりと眠れるようになることがわかっています。

 

メラトニンをつくるためには、「トリプトファン」と呼ばれるたんぱく質を多く摂取する必要があります。トリプトファンは牛乳から発見された必須アミノ酸の1つで、乳製品、種実類、大豆などさまざまな食品中のたんぱく質にごく微量が含まれているそうです。

トリプトファンが血液から脳に運ばれると、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムとともに精神安定、鎮静、催眠効果のある神経伝達物質のセロトニンを生成します。セロトニンは脳の松果体によって、メラトニンに変換されます。

夜にトリプトファンを多く含む牛乳を飲むとぐっすり眠れるといわれいますが、トリプトファンを吸収してから作成されるまで時間がかかるため、布団に入るまでにメラトニンの作成が間に合いません。夕方以降に飲むのがべストでしょう。

 

牛乳の中でも真夜中に搾乳された牛乳はナイトミルクと呼ばれ、通常のものと比べ3~4倍のメラトニンが含まれていることがわかっており、フィンランドでは睡眠導入飲料として出回っているそうです。

 

最近暑さもあってなかなか寝付けない日々が続いているという方は、夕方に牛乳!試してみてはいかがでしょうか?

メラトニン

《ドクターズ・サジェスチョン》スタッフの荒井です。

 

最近暑い日が続いていますね。みなさん体調崩されたりしていませんか?

仙台もようやく昨日梅雨入りし、夕方一時的に雨が激しく降ったりもしましたが、

今日は晴れて10時半くらいに30℃を越してしまったようです(゜ω`)

 

この間放射能にマイナス水素イオンサプリ「サビない生活」が有効だということをお話しましたが、

つい先日メラトニンというホルモンが放射能に有効で睡眠が大切であるということを仲井先生から

の情報で知りました。そこでメラトニンについて調べてみることにしました。

 

メラトニンとは睡眠を誘発するホルモンとしてよく知られていますが、みなさんはご存知でしょうか?

メラトニンは脈拍、体温、血圧を低下させることによって睡眠と覚醒のリズムを上手に調整し、自然な眠りを誘う作用

があります。目に入る光の量が減ると、それを感知した脳の松果体と呼ばれる部分がメラトニンを分泌します。

メラトニンは時差ぼけ防止にも効果があり、実際に時差ぼけ予防の薬としても製品化されているそうです。

「サビない生活」と同様に“メラトニン”にも抗酸化作用があり、活性酸素の量を減らして活性酸素に対抗する酵素の力を強くします。メラトニンの抗酸化作用は抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンCやビタミンEを上回るようです。

 

ビールにもメラトニンなどの成分が含まれており、それらは放射能による染色体異常を40%近く減らす効果があると放射能医学総合研究所が発表しました。将来的には放射線治療の副作用軽減などへの応用が期待されています。

ビールは炭酸ガスを含んでいるので胃を刺激し、胃液の分泌を促します。そのためビールは食欲増進効果があります。「ビール腹」という言葉があるように「ビールを飲むと太る」というイメージがありますが、ビールのカロリーは体温の上昇や血行の促進などで大部分は消費されるそうです。「ビールで太る」のは、ビールと一緒に何かを食べると食が進んでしまうのでカロリーオーバーになるのがメインの原因と言えるでしょう。

ただし、飲みすぎはやはり良くありません。暑くなってきてビールの美味しい季節ですが、ほとほどに楽しく飲みましょう(^^)♪

science+hand

《ドクターズ・サジェスチョン》スタッフの荒井です。

 

6月に入ったと思いきやもう17日…最近ほんと日が過ぎるのがあっという間だなと感じます。今年年女の私ですが、大学の友達から次々と結婚するという話が出るものだから、もうそんな年なのかと考えてしまう今日この頃。みんな結婚早いよ!!今しかできないことやろうと思ってたけど気づいたらもう30歳!?とかなっちゃったらどうしよーこわいな(´`)

 

今日は本サイト(http://doctorssuggestion.com/)のリニューアルについての打ち合わせがありました。

現在、セサミカイロプラクティックの仲井先生、朋子先生による栄養学に関する情報発信ページ制作中です。(7月リニューアルオープン予定) おたのしみに(・∀・)ノ

 

先生方が治療として行っているカイロプラクティックですが、みなさんはどのようなものかご存知ですか?日本にいる私たちにとってはなかなか馴染みのないものだと思います。(私はこの仕事を始めて初めて知りました…。)そこで少しカイロプラクティックについて調べたことを書いてみようかと思います。

 

カイロプラクティックは"手"で治療をする「手技療法」と言われるものです。日本で代表的なものに整体がありますが、カイロはアメリカで生まれた手技療法。ちなみに、整体とカイロは同じ治療法ではなく、カイロは科学的・医学的に裏付けたられた治療法です。

そもそも手技療法はとても古い治療法で、文献などの証拠が残っているものでも5000年前から行われていた事がわかっています。 カイロプラクティックはおよそ100年前にアメリカで生まれた手技療法でその当時、アメリカでは西洋医学が強い権力をもっていて、新興勢力であるカイロプラクティックは激しい非難と政治的弾圧をうけました。カイロプラクティックが生き残るには、医者と国民にカイロプラクティック治療の効果を認めさせる必要があったため、西洋医学と同じ科学的手法を用いてカイロプラクティック治療の効果を研究。カイロプラクティック治療の効果は科学的に証明され、カイロプラクティックは医師とほぼ同等の資格として扱われるようになったのです。

カイロプラクティックは科学的研究手法を積極的に取り入れてきたおかげで、手技療法の中で唯一、客観的な評価に耐えうる検査・治療法を確立! カイロプラクティックは"科学""手の技"が融合した治療法とも言えます。

 

カイロ治療の基本は、関節を動かして背骨のゆがみをとることです。方法は多様だそうですが、もっとも基本的な方法がアジャストメントといわれる方法です。アジャストメントとは「調整する」の意味で、問題のある背骨だけに振幅の早い最適な動きを与えます。

カイロプラクティックの治療には筋肉や関節の痛み改善効果、神経の働きを整える効果、自然治癒力を高める効果などがあります。骨格の歪み、特に背骨の異常を手技によって矯正することで神経の働きを回復する治療法で、すなわち人間の体を主にコントロールするのは脳から伝達される神経であるために、その働きがよくなれば自然に人は症状の改善とともに健康になるという訳ですね。

 

骨格の歪みを矯正することで神経の働きが回復するなんて考えたこともなかったです。人間の身体って不思議がたくさんですね!

 

皆様よい週末をお過ごしください(^^*)♪