マリアアザミ(実物)を見て来ました!

ドクターズ・サジェスチョンの売れ筋商品である『マリアアザミ』。
私も夜のお付き合いの時は、必ずお世話になっています。
そのマリアアザミの開花時期は今(5月)です。

ということで、行って見て来ました!

 

実は、私(本サイト運営者)の実家の近くに、東京都立薬用植物園があります。
四季折々の花が咲きますので、近くの写真が趣味の方や植物好きの方の絶好の散歩スポットです。
入園無料なのですが、園内は飲酒・喫煙はもちろん、飲食禁止なので行楽スポットとしてはいまいちですけどね(^^;

 

マリアアザミ(都立薬用植物園)マリアアザミは、園内の「民間薬原料植物区」にあります。
別名『オオアザミ』というだけあって、かなりでかいです。

チアシードとともに、家のベランダで自家栽培しようかと思っていましたが、いやいやマリアアザミは巨大すぎます。

マリアアザミの葉(都立薬用植物園)葉っぱは50センチかける20センチくらいあって、トゲトゲです。
写真に写ってるカタマリで一株です。(トゲトゲにめげず、茎を確認してきました)

花はもちろん紫。
確かに「子供のこぶし」くらいの大きさです。

においはかすかにあるかな、というくらい。

 

マリアアザミのつぼみ(都立薬用植物園)今度、メーカーさんに、これがどのように製品になるか詳しく聞いて、またご報告したいと思います。

 

 

 

 

 

ちなみに、「都立薬用植物園」は、西武拝島線「東大和市駅」の目の前です。
新宿から西武新宿線急行(拝島行き)で約45分。
ハーブの直売などもありますので、ご興味のある方はぜひ!
※園内には展示室や、資料室もあります。ケシの実物も、見られますよ。(写真の奥に写ってる柵の中です)

DSCF7679

栄養療法セミナーを開催します

サプリメントを用いた筋力検査と
最新栄養学のブラッシュアップに



これまで100名以上の治療家が受講している、仲井康二DCによる《栄養療法》セミナーのフォローアップを開催します。
サプリメントを用いた筋力検査をベースとする栄養指導・サプリ処方法を最確認し、サプリ販促の成功事例研究も行います。
過去にセミナーを受講した先生にはスキルのブラッシュアップとサプリ販促の強化に。
栄養指導を治療に活かしたい、サプリメント販売を治療院の収益の柱にしたいという先生も、この機会にぜひご参加ください。

ジョナサン・ライト博士の名著「新・栄養療法」、サプリ検査キットサンプル、院内掲示用サプリ販促ポスターを進呈する豪華特典付!

詳細、お申し込みはこちらへ

FAXでのお申込み用紙はこちらから


ヘルシー総菜のバイキング販売!

《ドクターズ・サジェスチョン》店長の石川です。

今日の仙台は寒い

冷たい強風がコートをつんざきます。

 

そんな中、お昼に会社の近所にお弁当を買いに行きました。

通勤途中に見つけた「ヘルシーキッチンここみ亭」というお弁当屋さんで、最近オープンしたようです。

http://cocomi-food.jp/index.html

 

興味を引いたのが「栄養士が創る総菜屋さん」という看板のキャッチコピーで、“健康オタク”の私にとって「一度は調査しなければ」と思わざるを得ないものでした。

ここみ亭は、既製のお弁当も販売していますが、たくさんのお総菜を量り売りしてくれるところが何と言っても特徴的です。それぞれのお総菜には栄養バランスやカロリーが表示されており、メインのおかず的な総菜、おひたしやサラダなどが数十種類ありました。

自分で好きなお総菜をパックに盛ってレジで会計してもらうのですが、これが楽しいんですよね。

バイキング形式でついついあれもこれもと盛ってしまいましたが、雑穀米をつけても408円。

 

これははまりました。全部おいしかった。

こういうヘルシーで楽しいお弁当屋さんはいいですね。

思わず紹介しちゃいました。

水素で新陳代謝促進!?

《ドクターズ・サジェスチョン》店長の石川です。

 

しばらく水素の特徴について書いてきましたが、今回は水素と新陳代謝です。

食事から摂る炭水化物、たんぱく質、脂肪は消化吸収されると細胞内でクエン酸回路と呼ばれる代謝過程を経て完全燃焼され、炭酸ガスと水となって排泄されます。

その際できる熱はアデノシン三リン酸(ATP)というエネルギー貯蔵物質に変わります。

このATPはエネルギーであり、生命維持に欠かせないものです。

実はこのATPの生産にマイナス水素イオンが重要な役割をしていることがわかってきました。ATPの生産能力は加齢やストレスとともに低下してきますから、マイナス水素イオンを補うことで、生体エネルギーの生産能力が高めることが老化防止に有効とのこと。

ATPが増加することにより、食事やサプリメントなどで取り入れた栄養素の吸収や新陳代謝を促進し、体の機能を高めることが期待されます。

 

当店で取り扱うマイナス水素イオン・サプリメント「サビない生活」のメーカーAHPさんは、「サビない生活」を水ではなく野菜ジュースで飲むことをお薦めしてました。

 

遺伝子ダイエットのH&BP宮元社長も「活性酸素を除去しないと細胞の吸収力が損なわれる」とお話されていましたが、ATPの生産能力と繋がりそうですね。

 

 

http://store.shopping.yahoo.co.jp/aass/

水素は水になるところもすごい

《ドクターズ・サジェスチョン》店長の石川です。

本日はスタッフの荒井に引き続き、私も書き込みさせていただきます。

 

前回の続きなのですが、マイナス水素イオンは活性酸素と結びつくと無害な水になるところも特筆すべき特徴です。これは水が水素と酸素の化合物(H20)であることで想像に難くないと思います。

ビタミンなどの抗酸化食品でも活性酸素を還元できますが、それらは還元することで抗酸化物質自体が酸化物になってしまいます。

酸化物は速やかに体外に出さなければ、他の細胞を酸化してしまいます。

 

マイナス水素イオンは、活性酸素を還元しても水になるので無害!
これが水素の注目される特徴でもあります。

 

最近の記事を読んでいただいた方は、だいぶ水素に詳しくなったのではないでしょうか?

 

水素にはまだまだ面白い特徴があるようです。

 

水素のお話はまだまだ続きますよ。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/aass/ah-01sa.html

水素は小さいからすごい!

《ドクターズ・サジェスチョン》店長の石川です。

今朝の暴風雨は台風みたいでしたね~

出勤途中、道路が冠水して大変でした

 

さて、前回お話した抗酸化食品による活性酸素の除去についてですが、数ある抗酸化物質のなかで水素が注目される一つの理由が“小さい”ところです。

活性酸素が他の物質から電子を奪うことを「酸化」いい、逆に酸化物に電子をあげて元の状態に戻してあげることを「還元」といいます。現在知られている全ての抗酸化物質は、一分子あたり一個の電子しか放出できませんから、抗酸化物質の還元能力は分子量が小さければ小さいほど効率がいいことになります。

 

ご存知の通り、水素はこの世で分子量が最も小さい物質です。

マイナス水素イオンの分子量を1としたときの、他の抗酸化物質の分子量の比較では、ビタミンCが176、ポリフェノールが221、カテキンは290、ビタミンEは431、そしてコエンザイムQ10にいたっては863

 

ということは、マイナス水素イオンの還元効率はコエンザイムQ10の863倍!!!

 

この分子量の小ささ、つまり還元効率の高さが水素が注目される理由なんですね。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/aass/

 

日中、穏やかだったのに、夜になってまた暴風波浪警報。
吹き飛ばされる前に退避します。